トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MBF-P02〕アストレイ・レッドフレーム(パワーローダー装備)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

アストレイ・レッドフレーム(パワーローダー装備)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MBF-P02
兵器区分汎用型MS検証試作機
所属ジャンク屋ギルド(ホーム)
パイロットロウ・ギュール
ハチ
製作データ
デザイナー阿久津潤一
パワーローダーデザイン町田能彦
初出作品機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
(機動戦士ガンダムSEED MSV)
参考文献電撃HobbyMagzine
ガンダムエース
少年エース

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.53m
本体重量49.8t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質発泡金属

フレームユニット

 全身むきだしのフレームユニットは,フェイズシフト装甲こそ採用されていないが,様々な状況や作戦に応じて,オプション兵装はもとよりフレーム自体を換装することも可能である。

バックパック

 背面のバックパックは下方にスライドし,その下のジョイントに様々なオプションを装備することができる。

 武装

75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン

 75ミリ対空自動バルカン砲塔システム。
 目標の発見から発射まで自動化されている。

ビーム・ライフル

 ストライクガンダムなどGAT-Xシリーズと同規格のビーム兵器。MSの兵器の中でも高い攻撃力を持ち,「GAT-Xシリーズを倒せる武器」として頻繁に活躍する。
 その反面,エネルギー消費量が多く,レッドフレームが用いることは少ない。

ビーム・サーベル

 ガンダムアストレイの背部に装備されている斬撃用ビーム兵器。高出力のビームの刃は,MSの装甲を容易に溶断することができる。
 その反面,エネルギー消費量が多く,レッドフレームが用いることは少ない。

ガーベラ・ストレート

 グレイブヤードで入手したモビルスーツ用実体剣。ザフトのMSが装備する実体剣と基本的には同じだが,そのコンセプトは全く別物である。
 既に失われた技術によって生み出された業物であったが,長い年月の間に朽ちてしまっていた。ロウは,その技術を体得するとともにガーベラ・ストレートを打ち直し,レッドフレームの主たる装備として用いることとなった。

光電球

 手のひらにある武器へエネルギーを供給するプラグから放電し,作ることのできるエネルギー球体のこと。偶然の産物ではあるが,多様な使用方法があり,幾度となくレッドフレームのピンチを救っている。

シールド

 むき出しのフレームを防護するために携帯している盾。表面にはビームコーティングが施されている為,ビームサーベルを受け止めることもできる。
 形状は,連合が開発した「G」と同型であることから,開発データが漏洩したものと思われる。

150ガーベラ

 その名の通り全長150mにも及ぶ常識を疑うかのように巨大な刀。
 ロウが,地上で入手した希少金属を全て利用して作り上げたもの。

 概要

 MBF-P02《アストレイ・レッドフレーム》は,オーブ連合首長国によって開発されたモビルスーツである。「王道ならざる者(アストレイ)」という名を持つことから分かるように,正規の手続きを踏んで開発された機体では無く,へリオポリス内で極秘開発されていた地球連合の新型機動兵器(連合初のMS)のデータを盗用して開発されるという,いわば脛に傷を持つ機体である。
 ヘリオポリスにおいて3機(あるいは後述する5機全て)の開発が行われていたが,ザフトのクルーゼ隊による襲撃事件によって,それぞれの機体が異なった勢力のものとなり,以後,歴史上に様々な活躍を残すこととなる。

 レッドフレームは,ジャンク屋であるロウによって使用されたことから,様々なシチュエーションで運用され,それに併せてOSや機体にも調整が施されている。

 本装備は,ロウが地上で入手した希少金属を用いて製作した150ガーベラ・ストレートを利用した際に腕パーツが破損してしまったことから,これを回避するために考案されたものである。
 リ・ホームによる三隻同盟への補給の際にロウが目にしたZGMF-X09A《ジャスティス》,ZGMF-X10A《フリーダム》によって運用されている「ミーティア・ユニット」をヒントに開発されたもので,通常サイズのMSを胴体部に収容し,モーショントレースの原理によってその動作を拡大するものとなっている。その名の通り,極めて強力かつ巨大な装備で,150ガーベラを振り切ってもなんら不都合は生じないほどのものとなっている。
 その反面,あまりにも巨大な装備であるため,そのままではリ・ホームに収容することができず,通常は上半身と下半身に分離させ収容している。(この上半身,下半身は,それぞれに制御用のMSを用意する事で作業用機器としての使用も可能である。)

 破壊力は極めて大きな装備であるが,機動性・運動性は劣悪で,後にZGMF-X11Aリジェネレイトとの戦闘によって,レッドフレームの左腕ごと破壊されてしまっている。

 引用

GUNDAM WAR 覇王の紋章 SEED U-S130

 全長150mにも及ぶ巨大な刀「150ガーベラストレート」を使用する為に開発された装備。胴体部のレッドフレームの動きをトレースして可動するが,その巨体ゆえ機動性は劣悪となっている。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・ASTRAY]


最終更新時間:2016年11月23日 17時17分58秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注