トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MBF-M1A〕M1Aアストレイ(バリー・ホー搭乗機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

M1Aアストレイ(バリー・ホー搭乗機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MBF-M1+EF-24R
兵器区分オーブ軍主力モビルスーツ
所属オーブ連合首長国
パイロットバリー・ホー
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品SEED-MSV
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.53m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
重量65.3t
シュライク重量11.8t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲発泡金属
製造モルゲンレーテ

 武装

71式ビームライフル

71-44式改狙撃型ビームライフル

 71式をベースに,宇宙空間での超長距離射撃用に改造したビームライフル。
 通常の71式に比べて連射性能は低いが,内蔵された高精度センサーと照準補正システムにより命中精度は格段に向上している。その有効射程距離は最大で400kmにも達するものとなった。

70式ビームサーベル

耐ビームシールド

75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン

 概要

 MBF-M1《M(モデル)1アストレイ》と呼ばれる本機は,オーブ連合首長国がいわゆるヤキン・ドゥーエ戦役の際に実戦投入したモビルスーツである。本格的実戦配備機としては,ザフト製モビルスーツに次ぐ事実上2番目の機体となった。
 M1アストレイは,オーブ政庁による極秘要請により大西洋連邦の技術盗用によって建造されたMBF-P1〜03シリーズ(後に「アストレイ」と命名される)の正統なる量産モデルであり,その名称は,プロトタイプたる「アストレイ」の名称と,制式採用された初のモデルであることからM1アストレイと付けられたとされている。

 なお,M1はオーブにおける呼称であり,これはMBF-Pシリーズとの混同を避けるためと思われる。他の軍や民間からは単に「アストレイ」と呼称されており,他のアストレイ(すなわち,M1Aや量産型など)とひっくるめた形で呼称されることも多い。
 M1とは先に示したように量産モデルの1号機ということであるため,実際にはその後何らかの愛称が付けられた可能性も高い。

 本機,MBF-M1A《M1Aアストレイ》は,M1アストレイの派生機として,アメノミハシラ防衛用に開発された機体である。運用環境をごく低重力の宇宙空間に限定し,汎用装備を取り外し,さらに,脚部はAMBAC肢として特化する改良が加えられている。
 その結果,脚部は機体を支える脚としての構造は大幅に簡略され,1G重力下では自重を支えられる程度の耐久力しか持っていない。しかしながら,AMBAC機動時の応答性はM1アストレイに比べ3割ほど向上している。

 また,機動性の向上を目指しており,スラスターの増設・強化によって宇宙空間での機動性を更に向上させ,背部に追加した推進剤と冷却材の貯蔵タンクによって推進剤の消費を補っている。

 本機は,オーブ本土のモルゲンレーテで製造されていた機体で,クサナギのオーブ脱出に際して,パーツ状態で積み込まれていたもの。
 ストライクルージュなどと共にクサナギ内部で組み上げられ,第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦に参戦した。

 引用

GUNDAM WAR 変革の叛旗 SEED U-S173

 拳神の異名を持つオーブ軍エース,バリー・ホーの機体。自身の格闘センスを生かした接近戦を得意とし,第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では多数の敵機を撃破し,その力を見せつけた。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・SEED-MSV]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年07月07日 21時19分49秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注