トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔MAN-08〕エルメス(オリジン版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

エルメス

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MAN-08
兵器区分ニュータイプ対応モビルアーマー開発試験機
所属ジオン公国軍
パイロットララァ・スン
製作データ
デザイナー大河原邦男
アレンジ:安彦良和
初出作品ガンダム・ジ・オリジン
参考文献GUNDAM WARほか

 スペック

項目内容
全高47.7m
頭頂高-
全長85.4m
本体重量163.7t
全備重量291.8t
ジェネレータ出力14200kw
スラスタ推力645200kg
センサ有効半径245000m
装甲材質超硬スチール合金
開発基地グラナダ基地

※スペックは通常版のデータ

 武装

メガ粒子砲 x2

ビット x10

 概要

 ジオン公国軍が開発したニュータイプ専用攻撃型モビルアーマーが,MAN-08《エルメス》である。エルメスは,公国軍が開発した数多くのモビルスーツ,モビルアーマーの中で,史上初の実用ニュータイプ専用兵器となった。
 最大の特徴は,操作及び攻撃手段にサイコミュ・システムを搭載していることで,ジオン公国のニュータイプ研究の成果が反映されたものとなっている。

開発経緯

 ジオン公国では,建国の父ジオン・ダイクンの提唱した新たな人類「ニュータイプ」に対する研究は早くから進んでおり,サイド6に設立したフラナガン機関を中心とした各種技術開発が行われていた。
 このなかでニュータイプの持つ各種能力を軍事転用することを目的とした「ニュータイプ専用兵器」の開発が行われており,エルメスは,一連のプランに属する機体のひとつである。

 当初は,モビルスーツとモビルアーマーにサイコミュ・デバイスを搭載し,機体制御と攻撃端末のサイコミュによる操作の実現のための試験が繰り返された。
 一定の目処が達成されたのは,MAN-03《ブラウ・ブロ》とMSN-06Z《サイコミュ試験型ザク》であり,前者はエルメスに,後者はMSN-02《ジオング》へと発展していくこととなった。
 エルメスでは,エルメスは機体制御そのものを含めて,その殆どの操作をサイコミュで行っている[1]。同時に攻撃もサイコミュによる遠隔操作が可能となったことから,ビットと呼ばれるモノアイとメガ粒子砲を装備した無人随伴攻撃機を用いたオールレンジ攻撃を基本的な戦術として機体設計が行われたおり,結果として,本体にはメガ粒子砲が2門のみと,機体サイズから考えると非常に武装の少ない機体となった。
 しかしながら,当初からエルメス本体を敵の目前に晒すことは想定されておらず,10基[2]のビットが攻撃から防御までを行うニュータイプ能力を前提とした設計が行われていたため,本体武装の少なさはそれほど問題視されていなかったのである。

 本機の開発時には当初,MAN-X8という型式番号が与えられたと言われている。ただし,その後にジオン軍の型式番号の再編があり,ニュータイプ対応兵器の型式が統一された為,他の機体と同様にMANナンバーに変更されている。
 また,当初の開発プランから考慮するに,公国軍が保有するニュータイプ兵士に対応しただけの機体が建造された可能性がある。実際には,3機のみの建造だったとされているが,様々な資料からララァ少尉機の緑色の機体以外にも,金色,赤色,白色,青色などのエルメスが確認されたともされており,実際の建造数に関してはこれといった確証は取れないところである。(青色に関しては,緑の誤認との説もあるが,他のカラーリングに関してはそういった説は見当たらない。)

 エルメスは,機体コンセプト的には成功の機体であったと考えられる。
 その後も本機のコンセプトは継続して研究され,同時期に開発されていたモビルスーツプランであるジオングのコンセプトと同様にサイコミュ搭載型モビルスーツというプランへと集約していくこととなる。
 そして,一年戦争終戦後,アクシズへと脱出した公国軍技術者は,開発コードを「エルメス供廚箸靴新舛燃発を続け,AMX-004キュベレイという形で完成させたのであった。

機体の特徴

 前述した通り,エルメスでは操作の殆ど全てがサイコミュによって行われるシステムとなっている。
 一般的に,サイコミュは,ミノフスキー粒子散布下のレーダーが使用できない状況でも遠隔攻撃を可能にするシステムとして注目を集めたが,本機の最大の特徴は,これを操作系にも応用したということが言えるだろう。
 サイコミュによるコントロールの特徴は,ニュータイプパイロットによる「感覚」をそのままダイレクトに「操作」につなげる物であり,いわば機体そのものがパイロット自らの体として感じられるような操作感であるとされる。
 これは,機体から離れた場所でも同様であり,本機の遠隔攻撃用の端末である「ビット」の動きをサイコミュを通してパイロットが感じるとそれに対する反応がまた,サイコミュを通してビットに送られるといったものとして機能していた。逆に言えば,エルメスは,単なる機体操作のためにも高いニュータイプ能力を要求される機体であるといえ,それだけに本機を運用したパイロットは高いニュータイプとしての資質を備えていた。

 サイコミュは,フラナガン機関において基礎理論の構築とパイロットの育成が行われ,ララァ少尉を始め幾人かのニュータイプパイロットが実際に一年戦争に参戦したとされている。その中でも本機のパイロットとなったララァ・スン少尉の能力はずば抜けたものであったと言われており,その能力があったが故にエルメスのパイロットとして抜擢されたとも言われているのである。(なお,他にエルメスを乗機としたと言われるパイロットも数名存在するが,いずれも高いニュータイプ能力をもった人物であったことは確かである。)

 エルメスは実用機とはいいながらも,機体に搭載されたサイコミュシステムは,小型化が進まず,本機は小型宇宙艦艇ほどの巨体となってしまっている。この点は,エルメス本体の構造的問題というよりも,サイコミュそのものの問題であり,一年戦争当時の技術力では解決のできない問題であった。とはいえ,エルメス本体はビットを使用して攻撃する為,敵にその姿をさらすことは殆ど考えられず,武装としては自衛用のメガ粒子砲2門を装備することで充分と考えられていた。
 実際,完成した2号機[3]は,シャア大佐が率いるニュータイプ実戦部隊「独立第300戦隊」に配属され,ララァ少尉によって,コンペイ島宙域(旧ソロモン宙域)で実戦テストが行われているが,多数の連邦軍艦艇を撃沈していながらその姿を現さなかった為,連邦軍兵士に「ソロモンの亡霊」と恐れられることとなったほどであり,本機の設計に特に大きな問題は無かったことを証明したのである。
 なお,本機の損失は,直後のRX-78ガンダムとの戦闘の際に,突出してしまったシャア大佐のゲルググをかばい,ガンダムとゲルググの間に機体を割りこませた結果であり,機体設計上の問題点ではなかったということはいえるだろう。(蛇足ながら,この戦闘に関わる事実は,連邦軍に大きな影響を与えており,一年戦争終結後しばらくの間この戦闘は公式には発表されていなかった。)

 引用


 備考

 ガンダム・ジ・オリジンに登場した機体。デザインはかなり「ゴツい」ものとなっており,細部が異なっている。

区分について

 これまでオリジン版に関しては,基本的にアニメ版・漫画版問わずにカテゴライズしていたが,MSDの展開とともに同一の機体でありながら従来の開発系譜と異なったモビルスーツが登場することとなった。また,旧来のMSVと同一の機体でありながらも,細部が異なる機体がほとんどであるため,2018年6月をもって,区分の再編を行っている。
 カテゴリについては,漫画版を「オリジン」,アニメ版を「オリジン/A」,MSD版を「MSD」として区分を行い,アニメ版とMSD版は展開上,双方のカテゴリに所属する場合もある,という形にした。

解説について

 基本的に,原型機のものを用いている。最終的には,オリジン劇中の解説,あるいはMSD版に差し替えを行うが,この注釈が残っている場合には,既存の作品に登場した機体の解説が残っている。
 なお,オリジンにおける開発系譜はこれまでのMSV等とは異なっているため,本文中の解説がそのまま適合しない場合もあることには注意が必要である。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・M]
[モビルスーツ・オリジン]


最終更新時間:2018年06月19日 04時35分04秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ブラウ・ブロでは,このシステムが不完全な場合を想定して,複数のパイロットでの運用を可能としていた。
  • [2]一説には12基ともされる。
  • [3]センチュリーでの記述である。