トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔LRX-088〕デスパーダ(初期検討案)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

デスパーダ(初期検討案)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号LRX-088
兵器区分超重攻撃型試作モビルスーツ
所属ティターンズ
パイロットアイン・レヴィ
製作データ
デザイナー片桐圭一郎
初出作品SDガンダムGジェネレーション モノアイガンダムズ
参考文献プロジェィト・セイレーネ機密ディスク ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.4m
本体重量55.3t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
開発ライプチヒ研究所
開発担当フォリ博士

システム・ファブニール

 武装

ミサイルランチャー

 両腕のウエポンパックバインダーに装備。

大型ミサイル

 両腕のウエポンパックバインダーに装備。

ビームサーベル

サイ・ロッド

 サイコミュ誘導式スタンロッド。

 概要

 LRX-088《デスパーダ》は, グリプス戦役時にティターンズが開発したモビルスーツである。当時,ティターンズが推進していた「プロジェクト・セイレーネ」の中核であるLRX-066《テラ・スオーノ》の護衛機として開発された機体で,LRX-077《シスクード》とは兄弟機にあたり,名称は,シスクードと対になる「右手の剣」を意味する。

 重攻撃用モビルスーツとして開発されており,テラ・スオーネへ近づく敵を遠距離から撃破することに主眼がおかれている。なお,こちらはシスクードとは違い,サイコミュを装備したニュータイプ専用機となっている。
 その特徴は豊富な武装にあり,両腕に兵装コンテナと一体化したシールドを備える。パック肩部分にはサイコミュ誘導式スタン・ロッドが装備されており,あらゆるレンジにおいて絶大な攻撃力を発揮することができる。

 また,システム・ファブニールとよばれる機能を搭載しており,これを起動すると搭乗者であるアイン・レヴィのニュータイプ能力を飛躍的に増幅する作用をもっている。
 システム・ファブニールは,本来,サイコミュを応用した双方向通信システムで,一方が受けた情報をもう一方が瞬時に受け取ることによって,護衛機であるデスパーダの管制を効率的に行おうという目的のために搭載されたものであったが,ティターンズにおいて機体開発に関与したアインは,これを利用し,外部からテラ・スオーノに関与することで,パイロットであるセラのニュータイプとしての感知能力を自身で利用することを可能としていた。
 また,ファブニールという名称もアインによって名づけられたもので,英雄ジークフリードが邪竜ファブニールの血を浴びて不死身となったものの,一部だけ身に浴びなかった為に倒されたという神話にちなんでおり,シグへの皮肉を込めた命名であった。

初期検討案

 デスパーダの初期検討案で,基本的なプランとしては,実際に建造された機体と大差ないものとなっている。
 しかしながら,各部のパーツについては,いくつか差替が行われている。

 引用


 備考

 デザインラインはガルバルディβに近い。(本体を含め)

 関連項目

 編集者


[MS/MA・L]
[モビルスーツ・Gジェネレーション]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年02月18日 04時45分35秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注