トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔LM314V23〕V2バスターガンダムの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔LM314V21〕V2ガンダム]]
!!!V2バスターガンダム
*[MS]
//{{layout cols,width:100%
//----------
{{layout cols,width:40%
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,LM314V23
,兵器区分,汎用分離可変型モビルスーツ
,所属,リガ・ミリティア
,パイロット,ウッソ・エヴィン
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,カトキハジメ
,初出作品,機動戦士Vガンダム
,参考文献,GUNDAM WAR{{br}}新MSVハンドブック2{{br}}GUNDAM FACT FILE{{br}}Gジェネレーションポータブル ほか
}}
//----------
{{layout cols,width:40%
!!画像

!BOX ART
(img:080.jpg)
*[[掲載画像に関する注意書き]]
}}
//----------
//}}
{{ilayout clear}}
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,15.5m
,本体重量,13.8t
,全備重量,19.9t
,ジェネレータ出力,7510kw
,スラスタ推力,4770kg x7
,ミノフスキードライブ推力,16700kg x2
,アポジモーター数,46
,装甲材質,ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
,黒歴史コード,07-4024658
!!武装
!バルカン
 頭部ユニットに設置されている機関砲。
 コア・ファイターにおいては,唯一の武装となる。
!ビーム・サーベル
 近接戦闘用装備。
 両腕のビーム・シールドユニット内に各2本収納されており,引き出すことで使用可能となる。
!ビーム・シールド
 両腕肘部に設置されている装備。
!ビーム・ライフル
 Vガンダムで使用されたものの発展型。
 ユニット化されており,ビーム発振器(ビーム・ピストル)に各追加パーツを装着することでビーム・ライフルとして使用可能となる。
 V2バスターでは,マルチプルランチャーを大型かつ連装式のグレネードランチャーに換装している。
 ビームライフルのエネルギー充填は,ライフル後部のエネルギーパックを交換する事で迅速に行うことができる。
!ビームピストル
 ライフル中枢のビーム発振器部分を取り外し,小型のビームピストルとして使用可能。
 ただし,威力・命中度は極端に低下する。
!グレネードランチャー
 炸裂弾,徹甲弾,信号弾,などの実体弾を連装装備。
 数種類の弾頭が携帯可能で,用途に応じ,選択する。
!メガビームキャノン
 背部に設置された大型のビームキャノン。
 極めて高出力のビームを発射することができるが,連射は不可能である。
!スプレービームポッド
 微細なビームを連続的に射出可能な小型ビーム砲。
!マイクロミサイルポッド
!!概要
 LM314V21《V2ガンダム》は,リガ・ミリティアが開発した汎用化変型モビルスーツで,その名が示すとおり,LM312V04《Vガンダム》の後継機として開発された機体である。Vガンダム同様の分離可変システムを搭載しており,パーツごとの生産を主眼として開発が進められていた機体である。

 V2ガンダムは,Vガンダムで採用されたコンセプトをそのまま活用したものであり,本来は中心となるコアファイターを換装(あるいは,完全なオプションパーツとして装着)することで,全く新しいモビルスーツとして誕生するプランであったとも言われている。
 しかし,開発途上で搭載されるミノフスキー・ドライブの高出力に機体が耐えきれないことが分かり,新たに機体そのものから新規設計を行うこととなったのである。とはいえ,基本的なコンセプトはヴィクトリータイプを継承しており,開発の難しいコアファイター以外のパーツはかなりの数生産されていたようである。

 このコンセプトは,オプションパーツに関しても同様であり,いわゆる《Vダッシュガンダム》のような換装バリエーションが想定されていた。
!バスターパーツ
 バスターパーツは,重攻撃用装備として位置づけられたもので,高い出力を持つV2ガンダムの能力を活かした戦術を想定したものである。

 バスターパーツは,そのほとんどが攻撃用兵装で構成されており,特に換装部位はミノフスキー・ドライブ基部に集中している。これは,高いジェネレータ出力から発生するエネルギーをそのまま武装に供給するためで,結果的に分離後のコア・ファイターの攻撃力強化にも至っている。
 ミノフスキー・ドライブ基部に設置されたメガビームキャノンとスプレービームポッドは,いずれも従来の似た装備と比較して高出力であり,連射は不可能ながら強力なビームによって敵機をまとめて撃破することも可能なほどである。一方,スプレービームポッドは,速射性の高いビームを広範囲にばらまくことができる。(ただし,元々高出力のV2ガンダムの装備であり,一般的なビーム兵器と遜色ない威力を持っている。)
 これらの装備は,コア・ファイターに設置されている関係上,何らかの要素からハンガー,あるいはブーツを交換しても継続して利用することが可能であり,V2バスターの銃口撃モビルスーツという位置づけは変わることは無い。
 他にも各所に小型ミサイルを装着可能であり,「バスター」の名に恥じることのない高い打撃力を保有している。

 なお,同じくV2ガンダム用に開発された「アサルトパーツ」と装着位置が重ならないように配慮されており,これによる複数の装備の選択も可能となっている。(実際,ザンスカール戦争当時,そうした複合的な装備による運用が確認されている。)
!!引用
!GUNDAM WAR 月下の戦塵 地球連邦軍 U-140
 V2ガンダムが中・長距離攻撃用オプション,バスターユニットを装備した状態。長大な射程と攻撃力を誇るが,接近戦では機動力の低下から,ユニットを分離する事も多かった。
!!備考

!!関連項目
*[[〔LM314V21〕V2ガンダム]]
!!編集者
*あさぎり
*ギムG
----
{{category MS/MA・L}}
{{category モビルスーツ・V}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。