トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔H-Baz-87A・E/Ver.004〕ハイパーバズーカ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ハイパーバズーカ

  • [武器]

 データ

製作データ
デザイナー藤田一己
初出作品機動戦士Zガンダム
参考文献PG ガンダムMk- インストラクション

 スペック

項目内容
制式番号H-Baz-87A・E/Ver.004
兵器区分バズーカ
所属エゥーゴ,地球連邦軍
運用MSRX-178 ガンダムMk-供ぢ
推奨ジェネレータ出力-
口径360mm
(380mm[1]
総弾数5発+1(推定)
出力-

 概要

 地球連邦軍が標準的に配備しているモビルスーツ用バズーカのひとつ。
 一年戦争以降に開発,普及したかたちのU.C.0087年モデルで,生産はアナハイム・エレクトロニクスによるものである。(一年戦争後,かつての連邦軍系兵装の開発元であったブラッシュ社がアナハイム・エレクトロニクス傘下になったことから,開発コードはアナハイム社系のものとなっている。)

 基本的な仕様は,一年戦争当時に運用されていたモデルと大差ないが,弾体のカートリッジ化など,運用の利便性が向上しているのが特徴となっている。
 本兵装のベースとなったモデルは,一年戦争末期から運用が始まっていたRGM-79C型によって既に運用されており,この「Ver.4」は,U.C.0087タイプの4番目のモデルである。(実際には,ロットごとに細かい改良が加わっていると思われ,そのたびにバージョンナンバーは更新されているものと思われる。)

 炸薬を用いて弾頭を撃ち出すため,宇宙空間でも使用可能であり,撃ち出す弾の種類も多い。特に,ビームライフルという直射型の兵器が一般的になりつつあったU.C.0087年代のモビルスーツにとって,拡散弾頭や近接反応弾頭などの面に攻撃可能な装備であるハイパーバズーカは,重宝するものとなった。

 引用


 備考

 ハイパーバズーカの型式に関しては各所でミスが頻発しており,この「H-Baz-87A・E/Ver.004」もそうしたミスに影響を受けているナンバーのひとつ。
 この記述が見られるのは,1/60PG ガンダムMk-兇離ぅ鵐好肇薀ションなどであるが,どう見ても表記上では開発順が後になる,「H-Baz-87A・E/Ver.009」が1/100MG ジムのインストラクションに記載されているといった問題がある。

 この手の型式では,ガンダムシリーズの場合2桁ナンバーが年号を意味することが多く,同様の型式で表現されるビーム・ライフルも年号らしき表記であるため,ここでは年号と解釈し,U.C.0086〜0087年稼働分と判断している。(従って,ジムのものはミスと解釈している。同様に,0083で用いられたジム改のハイパーバズーカは,同系統の別種と判断している。)
 また,この型式の表記揺れと思しき資料では,360mm口径と380mm口径の表記が混在しているため,360mm口径を一応の正規と判断している。

その他の表記

 本仕様については,表記型式以外に,次の様な表記揺れが確認されている。

  • H-Baz-87A・E/Ver.004
  • H-Baz-87-A・E/Ver.004

※中点「・」の全角半角も資料によっては異なる。

 関連項目

 編集者


[武器]
[武器・UC]


最終更新時間:2015年07月12日 17時58分05秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]MGジム等。