トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GNZ-005〕ガラッゾ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガラッゾ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GNZ-005
兵器区分疑似太陽炉搭載型モビルスーツ
所属イノベイター(アロウズ)
パイロットブリング・スタビティ
製作データ
デザイナー柳瀬敬之
初出作品機動戦士ガンダムOO
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高24.8m(通常形態)
21.4m(接地形態)
本体重量60.9t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

頭部

 戦闘時にはマスクが上がりツインアイが隠れる。

 武装

GNビームサーベル

GNバルカン

GNカッター

GNフィールド

GNスパイク

 概要

 GNZ-005《ガデッサ》は,独立治安維持部隊アロウズに配備された新型モビルスーツである。
 イノベイター専用機として建造された機体で,パイロットであるブリング・スタビティとともに配備されている。

 アロウズの主力であるGNX-609T《ジンクス掘佞GNX-704T《アヘッド》とは異なる系譜の機体で,そのGNZ系コードと機体名から,GNZシリーズ,「ガ」シリーズなどといった名称で呼ばれる系譜に属する機体である。
 ベースとなったのは,ソレスタルビーイングが開発した第2〜第3世代ガンダムで,ヴェーダを掌握したリボンズ・アルマークによってヴェーダから引き出されたガンダム系モビルスーツのデータを利用して設計されている。
 搭載された疑似太陽炉も大幅な改良が加えられており,オリジナルの太陽炉に迫る性能を獲得しているものの,オリジナルの持つ「永久炉」としての機能は有していない。

 ガラッゾは,格闘戦用の機体として開発が進められた機体で,第2〜第3世代ガンダムの格闘戦能力を継承したかのような装備となっている。
 その一方で,GN-001《ガンダムエクシア》の様な極端に格闘戦に特化した機体として仕上がっているわけではなく,GNZ-003《ガデッサ》との連係を想定して建造された機体である。
 とはいえ,主兵装である右手指部の5本のビームサーベルは,収束させることでGNソードすら切り払うことが可能な強力な装備である。
 なお,脚部はつま先立ちのような形が,通常ポジションである。着陸時にのみ足首が展開する。

 引用

GUNDAM WAR 双極の閃光 OO(緑) U-0050

 射撃戦用MSであるガデッサとの連携を想定して開発された,近接戦闘用MS。紫を基調としたカラーリングの機体にはブリングが搭乗し,リヴァイヴのガデッサとともにプトレマイオス兇鮟鰻發靴拭

 備考

 ヒリング・ケア機はカラーリングが異なる。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOO]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年05月15日 21時34分08秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注