トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔GNX-609T〕ジンクス掘淵▲蹈Ε沙斗諭砲諒儿硬

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔GNX-609T〕ジンクス]]
!!!ジンクス
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,GNX-609T
,兵器区分,疑似太陽炉搭載型モビルスーツ
,所属,地球連邦軍
,パイロット,アロウズ兵{{br}}ルイス・ハレヴィ
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,海老川兼武
,初出作品,機動戦士ガンダムOO(セカンドシーズン)
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,19.0m
,本体重量,69.8t
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!!武装
!GNランス
 ジンクス靴離瓮ぅ麌霑。
 ライフルとしての機能に加え,先端部をGNフィールドで包むことで格闘戦武器としても使用できる。
 内部に大型GNコンデンサーを内蔵しており,安定したパワーを維持できる。その半面,全体が大型化しており,使用には高いスキルを必要とする。
!GNバルカン
 頭部に内蔵された小型砲。
 威力は低く,本来の目的は牽制などに限定されるが,ビームを断続的に発射可能であるため,弾幕として使用し,ミサイルを打ち落とすなど利用価値は高い。
!GNビームライフル
 ジンクスのメイン武装。それまでガンダムだけが装備していたビーム兵器であり,その破壊力は絶大なものがある。
 パワー切れの存在する疑似太陽炉機の武装であることを考慮し,大型のGNコンデンサーを搭載。ここに溜められるパワーは,出撃前にフルチャージ状態にされる。
!GNビームサーベル×2
 ガンダムに標準装備されているビームサーベルと同等の能力を持つ。
 抜き放つとGN粒子による刃が現れる。
 実剣ではなく,純粋なビームによる剣。
!GNクロー
 ガンダムになく,本機にのみ搭載された装備。
 鋭く尖った指が,そのまま格闘戦用武器として使用できる。
 GN粒子によるフィールド効果を付加することで,高い破壊力を持たせることも可能。
 ただし,本来の目的は,パワー切れを考慮して搭載された,非GN粒子武装である。
!GNシールド
 ディフェンスロッドを兼ねる。
!NGNバズーカ
 非GN粒子兵器を意味する武装。
 大型実体弾火器で,様々な弾種を撃ち分けることが可能。
 また,弾倉をGN粒子コンデンサに換装することで,ビームバズーカとしての運用も可能である。
!!概要
 GNX-609T《ジンクス掘佞蓮っ狼縅∨軍が開発・運用した疑似太陽炉搭載型モビルスーツである。
 西暦2308年に行われた,国連軍とソレスタルビーイングとの最終決戦において,ソレスタルビーイングから流出した(とされる)技術によって開発されたGNX-603T《ジンクス》は,わずか30機が用意されたに過ぎなかったが,その後,同仕様の機体が量産配備されるに至った。これと同時に,ジンクスの改良もスタートしており,エースパイロット向けの特別仕様とも言うべきGNX-604T《アドヴァンスドジンクス》を経由して,後継機として開発された機体が,ジンクス兇任△襦ただし,当初から地球連邦の成立までの暫定的主力機であり,実際に連邦の成立に伴い制式作用された機体が,GNX-609T《ジンクス掘佞任△襦
 こうした経緯から,主力量産機とはいうものの,実際には次期主力機のための先行量産機といった趣のある機体となってしまっている。

 機体は,ジンクスの各部を整理したもので,基本的な構造やスペックに大きな違いは無い。これは,疑似太陽炉の出力面とGN粒子の発生可能な総量に限界があるためで,疑似太陽炉そのものの本格的な改良が始まるのは,地球連邦が成立してからである。
 最大の特徴としては,GN粒子のコントロールを行うクラビリカルアンテナの機能向上によって,各部が小型化したことですっきりとした外観になっている点であろう。
 ジンクス靴寮式採用によって,旧来の各勢力が開発したモビルスーツは一気に旧式化(これは,本格量産がスタートしたばかりのAEU-09《イナクト》ですら,避けられない状況であった)してしまい,一部の機体を除き,一線から退くこととなった。
 ほとんどの機体が,拠点防衛など限られた任務に限定され,主力機の立場は疑似太陽炉搭載機に占められることとなったのである。

 A.D.2012年段階では配備数はまだ十分とは言えない状況ではあったが,旧来のモビルスーツでは太刀打ちできない疑似太陽炉搭載型モビルスーツは,単機で多数の旧型機に対抗することが可能であり,技量のあるパイロットから優先して配備されている状況であった。
!地球連邦軍治安維持軍仕様とアロウズ仕様
 前述の通り,ジンクス靴稜枷は技量の高いパイロットを優先して行われている。このため,連邦軍の特務部隊アロウズにおいても積極的に配備されている状況である。(なお,アロウズは専用機として,GNX-704T《アヘッド》の配備を積極的に推進しており,A.D.2012年現在,ジンクス靴箸涼屬換えを行っていた。)
 アロウズと連邦軍のジンクス靴傍‖旅渋ぞ紊梁腓な違いはなく,カラーリングの違いのみといっても間違いではない。

 しかし,機体調整によるスペックの違いは実際に存在している。
 連邦軍配備機は,使用する地域・領域特性に合わせたチューニングが行われており,機体の瞬間的出力を落としてまで,GN粒子消費量を抑制し稼動時間を延長する調整がよく見られる。
 一方,アロウズ配備機は,パイロットに応じたカスタムチューンが施される場合が多く,稼動時間を犠牲にしても瞬間的な出力や,武装に回すGN粒子量を優先するという調整が取られる場合が多い。
 これらは,あくまでも部隊特性によるチューニングの違いであり,ジンクス靴箸いΦ‖里修里發里蓮て韻犬發里任△襦
!!引用
!GUNDAM WAR 宇宙を駆逐する光  OO(緑) U-0042
 アロウズに配属されたルイスの乗機。初陣で情緒不安定になり満足な戦果を挙げられなかった。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・G}}
{{category モビルスーツ・ガンダムOO}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。