トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GNX-604T〕アドヴァンスドジンクス(デボラ・ガリエナ機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

アドヴァンスドジンクス

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GNX-609T
兵器区分疑似太陽炉搭載型モビルスーツ
所属国連軍
パイロットデボラ・ガリエナ
製作データ
デザイナー海老川兼武
初出作品機動戦士ガンダムOOV
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.0m
本体重量74.2t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

頭部

 頭部には,指揮官用の総合アンテナを装備する。
 これは,索敵,通信能力の強化に加え,指揮下にある基地の制御も可能とするものであった。
 同システムから,強力な兵器である太陽炉搭載機に対する国連の用心深さが伺える。
 初期型同様,頭部にはGNバルカンも内蔵されている。

バーニア

 全身の推力も強化されている。
 GNバーニアの大型化にともない,粒子による機体制御能力も向上している。
 一方で,パイロットに対する負担が高く,機体制御も非常に難しくなっている。

 武装

アドヴァンスドGNビームライフル

 ジンクス専用のライフルをカスタマイズしたアドヴァンスド専用銃。ベース部はジンクスのライフルと同じパーツが使用されている。
 命中精度,速射性,攻撃力などのバランスをパイロット自身が戦闘中に即時調整可能な仕様となっていた。
 脚部のサーベルラックがないため,銃にビームサーベルがマウントされている。

GNビームサーベル

 ガンダムに標準装備されているビームサーベルと同等の能力を持つ。
 抜き放つとGN粒子による刃が現れる。
 実剣ではなく,純粋なビームによる剣。

プロトGNランス

 本機から採用された試作武装。
 格闘戦と射撃戦のどちらにも使える武装となっている。
 本機での運用データでその有用性が証明され,のちに制式採用されることになる。
 基部にはジンクスのライフルパーツが使用されている。

GNバルカン

 頭部に内蔵された小型砲。
 威力は低く,本来の目的は牽制などに限定されるが,ビームを断続的に発射可能であるため,弾幕として使用し,ミサイルを打ち落とすなど利用価値は高い。

GNディフェンスロッド

 初期型ジンクスでは,シールドの一部が展開する形であったGNディフェンスロッドは,大型のものに変更され肩に装着されている。
 肩のマウントは,パイロットの特性やミッションにあわせGNランチャーなどに換装することも可能である。

GNクロー

 ガンダムになく,本機にのみ搭載された装備。
 鋭く尖った指が,そのまま格闘戦用武器として使用できる。
 GN粒子によるフィールド効果を付加することで,高い破壊力を持たせることも可能。
 ただし,本来の目的は,パワー切れを考慮して搭載された,非GN粒子武装である。

 概要

 GNX-604T《アドヴァンスドジンクス》は,地球連邦軍が開発・運用した疑似太陽炉搭載型モビルスーツである。
 西暦2308年に行われた,国連軍とソレスタルビーイングとの最終決戦において,ソレスタルビーイングから流出した(とされる)技術によって開発されたGNX-603T《ジンクス》は,わずか30機が用意されたに過ぎなかったが,その後,同仕様の機体が量産配備されるに至った。これと同時に,ジンクスの改良もスタートしており,エースパイロット向けの特別仕様とも言うべきGNX-604T《アドヴァンスドジンクス》を経由して,後継機として開発された機体が,ジンクス兇任△襦ただし,当初から地球連邦の成立までの暫定的主力機であり,実際に連邦の成立に伴い制式作用された機体が,GNX-609T《ジンクス掘佞任△襦
 こうした経緯から,ジンクス兇蓮ぜ舂藁婿叉,箸呂いΔ發里痢ぜ尊櫃砲麓ヾ主力機のための先行量産機といった趣のある機体となってしまっている。

アドヴァンスドジンクス

 アドヴァンスドジンクスは,現場の要請によって開発が進められたカスタム機であり,正規の開発計画に則った機体では無い。実質的に「改修機」であり,その生産数は,ジンクス全体の3%にも満たないとされている。
 指揮管制能力を含め,総合的な性能向上が図られているが,実際にはパイロットに合わせた特性の強化であり,いわば人機一体を目指したシステムともいうことができるものである。
 このため,単機あるいは少数機によって実施されるミッションの成功率は極めて高く,疑似太陽炉搭載型モビルスーツのひとつの方向性を示した機体であると言えるだろう。
 また,本機の特性上,パイロットごとに異なった仕様であるといっても過言では無く,有名なパイロットの機体は,それぞれ異なった特性を持っていたともいわれる。

 デボラ機は,赤系統のカラーリングが施された機体である。

 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOOV]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年09月24日 20時12分15秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注