トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GN-XXX+GNR-000〕セファーラジエル(第2形態)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

セファーラジエル(第2形態)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GN-XXX+GNR-000
兵器区分太陽炉搭載型モビルスーツ
所属ソレスタルビーイング
パイロットグラーベ・ヴィオレント
製作データ
デザイナー柳瀬敬之[1]
海老川兼武
初出作品機動戦士ガンダムOOP
参考文献電撃HobbyMagazine 2008/12 ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.1m[2]
本体重量56.8t[3]
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質Eカーボン
動力GNドライヴ

 武装

GNビームライフル

 ガンダムとしては標準的なビームライフル

GNシールド

 腕に装着されるシールド。
 かなり小型だが,本機は,戦場での監視者という役割であり,前線で戦う機体ではないため,これで充分である。

GNビームサーベル

GNプロトビット

 後年開発されるGNビット,GNファングの原型となった装備。
 当時としては画期的な遠隔誘導兵器で,開発時には技術水準の問題から,かなり大型の端末となってしまっている。
 一方で,複数の端末をGN粒子をチャージしながら交代で利用することは当時から可能であり,その完成度については,当初から高いものであった。

 概要

 GN-XXX《ガンダムラジエル》は,ソレスタルビーイングが開発・運用した太陽炉搭載型モビルスーツである。その機体名は,「秘密と領域と至高の神秘の天使」から取られている。
 開発世代としては,第3世代として区分されるものの,後に紛争介入に用いられたGN-001《ガンダムエクシア》などの第3世代機とは,直接系譜の繋がることの無い謎の機体である。
 型式番号とされるGN-XXXも,型式番号そのものを伏せたとの意味合いから用いられているもので,ソレスタルビーイングの組織内においても,その存在と情報を知るものは限られる特殊な機体となっている。

 実際,この機体は,ヴェーダ主導によって開発されたもので,その用途は,戦場などヴェーダにとって直接データ収集が困難な場所に出向いて活動するために作られた「戦場の観察者」としてであった。また,それと同時に,マイスターであるグラーベは,マイスターのスカウトも兼ねており,そうした目的に合致した機体として設計が行われている。
 こうした任務故に,前線にたつことはほとんどなく,各戦況において,消費されるGN粒子も少ないため活動時間も比較的長くなっている。(とはいえ,オリジナル太陽炉を搭載した状況下では,それほど大きな違いはない。)

 活動時期は,第2世代ガンダムにおける「プルトーネの悲劇」の後で,紛争介入のための第3世代機の開発が佳境に入った西暦2302年頃である。この時期には,太陽炉4基は,新型機の開発に用いられていたものの,GN-000《オーガンダム》の太陽炉は,運用可能なまま余剰となっていたことから,これを利用して運用されている。

 本機,セファーラジエルは,ソレスタルビーイングの支援機として開発が進められていたGNR-000《GNセファー》とラジエルがドッキングした姿である。元々の名称からこの形態は,「天使の書」という意味を持っている。
 最大の特徴は,GNセファーを構成するユニットである「GNプロトビット」という,従来のモビルスーツの兵装の概念を覆す遠距離攻撃可能な攻撃端末を装備していることであった。
 また,GNセファーは,ユニット構造をとっているため,各パーツの運用には柔軟さがある。このため,複数のGNセファーをパーツとして装着することも可能であり,その合体時のパーツ数と形態によって,大まかに第1〜第5形態と命名されている。

 第2形態と呼ばれる形態では,GNセファー2機分のパーツをラジエルが装着した形態となる。
 GNセファー2機がドッキングした状態ではあるが,第1形態と同様にGNポッドは離脱した状態であり,GNセファー本体とも言うべきコアブロックは1ユニットのみ背部に接合している。
 GNプロトビットは,2基は第1形態と同様に背部に装着され,残る2基は,脚部(足首部)のジョイントに直接装着される。(このため,コアブロックは1ユニットのみでかまわないのである。)
 また,背部のGNプロトビットを取り外した状態でも第2形態と呼称する。

 引用

GUNDAM WAR 双極の閃光 OO(黒) U-0018

 ガンダムラジエルとGNセファー2機が合体した形態。ビサイド・ペインによる反乱の対して使用されており,搭乗者であるグラーベ・ヴィオレントは,この形態で1ガンダムを撃破している。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOOP]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年12月13日 19時34分07秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]設定画そのものは,柳瀬敬之による
  • [2]ラジエル本体
  • [3]ラジエル本体