トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GN-008GNHW/3G〕セラヴィーガンダムGNHW/3G

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

セラヴィーガンダムGNHW/B

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GN-008GNHW/3G
兵器区分太陽炉搭載型モビルスーツ
所属ソレスタルビーイング
パイロットティエリア・アーデ
製作データ
デザイナー柳瀬敬之
設定画彩色:島田フミカネ
初出作品機動戦士ガンダムOOV
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.2m
本体重量67.2t(セラフィムを含む)
合計重量121.2t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

太陽炉

 本体であるセラフィムの方に内蔵されている。
 二機が分離した後,セラヴィーは太陽炉を失うが,大出力粒子ビームのために機体各部に大型GNコンデンサーを持つため,一定時間の単独活動が出来る。

隠し腕

 肩と腕のGNキャノンは,変形して腕となる。
 それぞれビームサーベルも内蔵しており,瞬時に攻撃可能。変則的なこの攻撃は,実戦経験の多いエースパイロットに対しても有効である。

フェイスバーストモード

 フルパワー時に背部が展開し,ガンダムの顔が出現する。これをフェイスバーストモードと呼ぶ。
 この顔は0ガンダムを模してメカニックのイアンが作ったものだ。背中の大型アンテナはクラビカルアンテナであり,フェイスバースト時に,粒子コントロール能力も高まりGNフィールドの防御性能がアップする。

コクピット

 セラフィムが分離する時,セラヴィーからセラフィムへ操縦系統が移動する。
 セラヴィーの胸部にあるコクピットからマイスターを乗せたシートだけが腰部に移動し180度回転,そのままセラフィムの腰部にあるコクピットに入る。

 武装

GNバズーカ

 ヴァーチェのGNバズーカを改良した武装。二つを合体させた「ダブルバズーカ」になる。
 ダブルバズーカは,中央を大きく展開させた「バーストモード」も存在する。
 バーストモード時に四つのGNキャノンも同時発射するセラヴィー最大の攻撃は「ハイパーバースト」と呼ばれる。

GNキャノン

 両肩と両足のヒザに装備された大型ビーム砲。
 四つ同時に発射する「クアッドキャノン」はモビルスーツのレベルを超えた破壊力を持つ。
 肩のGNキャノンにGNバズーカ兇鬚修譴召豼着する「バスターキャノン」,片方のGNキャノンにダブルバズーカを装着する「ダブルバズーカキャノン」「ダブルバズーカ バーストキャノン」もある。

GNビームサーベル

 通常は腕の中に収納されている。
 実剣ではなく純粋なビームによる剣であり,高い威力を持つ。
 ただし,長距離砲を多数装備したセラヴィーは,格闘戦をすることを想定しておらず,あくまでも予備的に装備しているにすぎない。

GNビームマシンガン

GNシールド

GNフィールド

 概要

 GN-008《セラヴィーガンダム》は,新生ソレスタルビーイングが紛争介入に投入したモビルスーツで,西暦2307年に行われた第1次紛争介入時に投入された第3世代型ガンダム,GN-005《ガンダムヴァーチェ》の後継機にあたる機体である。
 2308年の国連軍との決戦において,損傷したGN-004《ガンダムナドレ》から回収された太陽炉を搭載した太陽炉搭載型モビルスーツで,いち早くソレスタルビーイングへと復帰したティエリアとイアンによって開発が進められ,最も早く実戦可能な状態にまで仕上がった。

 開発コンセプトは,ヴァーチェ同様に高火力型のモビルスーツとして仕上がっており,火力だけで言えば,既にヴァーチェを上回るものとなっている。
 また,ヴァーチェがナドレをその存在を秘匿するために内蔵する形で収納していたのに対して,セラヴィーでは本体として存在するGN-009《セラフィムガンダム》とドッキングする形となっており,分離した両機の連係攻撃も可能となっている。このため,一度外装をパージすると元の状態に復帰させるにはプトレマイオスでの整備が必要であったヴァーチェと異なり,極めてフレキシブルな運用が可能となった。
 また,高出力を必要とする多量の火器による攻撃のみならず,フルパワーでの稼働時にはフェイスバーストモードと呼ばれる高出力モードへと移行することが可能で,これにより防御力,攻撃力双方とも秀でた機体となった。
 なお,前回の紛争介入時にソレスタルビーイングの機体の封印が解かれたトランザム・システムの稼働も可能であり,その重量級の外観にかかわらず,高い機動性も確保されている。

 本装備は,イノベイドとの最終決戦において各ガンダムごとに用意された武装強化仕様である。機体名および型式に付与されているGNHWとは,GNヘビーウエポンの略で,重装型であることを意味している。
 GNHW/3Gは,セラヴィー用GNHWの一種で,セラヴィーにドッキングしているセラフィムと,無人セラフィムといえるGN-00902《セム》2機を使い,トライアルシステムを広域に対して展開することを想定した仕様である。
 これにより,ヴェーダとリンクする太陽炉搭載機を無力化することが可能である。

 セラフィム分離後のセラヴィーと,セム2機は量子通信によってセラフィムからコントロールされるが,その遠隔操作対応距離は理論上無限である。一方で,展開できるトライアルシステムの領域には限界がある。それでも実に数百キロのエリアをカバーすることが可能であり,事実上戦場のすべてを覆い尽くすことができるものであった。

 本装備は,対イノベイター戦での切り札として開発を急がれていたが,セム2機の製造が困難だった上に,マイスターであるティエリアがヴェーダとのリンクを取り戻していない状態であったことから,実戦投入を断念,最終決戦ではセカンドプランであったGNHW/Bで出撃することとなった。

 引用

公式サイト(抜粋)

 セラヴィー用GNヘビーウエポンの一種。セラフィム一機と,無人セラフィム「GN-00902セム」二機を使い,トライアルシステムを広域に対して展開し,ヴェーダとリンクする太陽炉搭載機を無力化する。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOOV]


最終更新時間:2015年11月01日 11時20分42秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注