トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GN-006〕ケルディムガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ケルディムガンダム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GN-006
兵器区分太陽炉搭載型モビルスーツ狙撃戦仕様
所属ソレスタルビーイング
パイロットロックオン・ストラトス
製作データ
デザイナー柳瀬敬之
初出作品機動戦士ガンダムOO
参考文献1/144 HGケルディムガンダム インストラクション ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.0m
本体重量58.9t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

フォロスクリーン

 バックパックに収納されている装備。
 トランザムでのシューティング時に頭部前面に展開される。
 いわば射撃用カメラアイの拡張版であり,ここに様々なデータが高速演算の末表示される。ガンダムのカメラアイを通じて,射撃に必要な情報が瞬時にマイスターに伝えられ,より高い精度での射撃が可能となる。

GNドライヴ

 GNドライヴは,腰部後方のブロックに装備されており,通常時はGNシールドビットに守られている。

 武装

GMスナイパーライフル

 遠距離精密射撃用のライフル。
 デュナメスのライフルの発展型で,基本性能がアップしただけではなく,中央部から銃身を折りたたむ事で,三連バルカンモードに変形する。
 これは,中距離や近距離での戦闘時の使用しやすさを求めた結果搭載された機能である。

GNビームピストル

 背部に二丁マウントされた装備。
 小型火器であるため威力は低いが,取り回しに優れ,連射も可能。
 また,銃身の一部にビームコーティングが施されており,敵のビームサーベルを受けることも可能。
 デュナメスと異なり,ビームサーベルを装備しないケルディムは,この装備で格闘戦を行う。

GNシールドビット

 全身に装備された六角形のパーツは,個々が本体から分離し,独自に遠隔操作が可能な防御装備となっている。
 これらは,シールドとして防御に用いられるだけではなく,ビームガンを内蔵しているため,攻撃にも用いることが可能となっている。
 ケルディム独自の装備で,その能力はまだ明らかになっていない部分がある。

 概要

 GN-006《ケルディムガンダム》は,ソレスタルビーイングが開発した第4世代型のガンダムである。この機体は,A.D.2307年の紛争介入に際して用いられた第3世代型ガンダム,GN-002《ガンダムデュナメス》の後継機にあたる機体で,やはり長距離射撃に特化した仕様となっている。
 先代のロックオン・ストラトスことニール・ディランディの実弟であるライル・ディランディがマイスターを務める。

 この機体の特徴は,デュナメスの特性をさらに強化して設計された点にある。
 前回の紛争介入においては,ソレスタルビーイング内部(厳密に言えば,そのサポート組織である監視者だが)からでた裏切り者によって,ガンダムの特性のひとつである太陽炉の情報が流出し,ガンダムに対抗しうるモビルスーツが誕生してしまった。
 デュナメスは,それら疑似太陽炉搭載型のモビルスーツであるGNW-002《ガンダムスローネツヴァイ》を入手したアリー・アル・サーシェスとの戦闘において,破壊されており,こうした戦闘で得られた様々な情報がケルディムには反映されているのである。

 まず,デュナメスにおいては射撃戦が主であり,格闘戦を行うことは想定されていなかった。無論,万が一のためにビーム・サーベルは用意されていたものの,格闘戦を行う状況に陥った時には,既にこうした武装の持ち替えを行っている余裕は無かったのである。(これは,GN-001《ガンダムエクシア》の装備にも似たような状況が発生している。)
 このため,ビーム・サーベルは廃止され,新規に開発されたGNビームピストル兇魍米戦に用いることとなった。
 すなわち,耐ビーム加工が施されたGNビームピストル兇播┐離咫璽燹Ε機璽戰襪鮗け流しつつ,隙があれば射撃するという戦術が採用されたのである。
 また,GNスナイパーライフル兇砲盂米戦を考慮した改良が加えられている。デュナメスでは外部アダプタに装着することは可能であったが,取り回しが良かったとは言い難く,特に格闘戦の場合にはGNスナイパーライフルそのものを手放さなければならない場合も多かった。この点を考慮し,GNスナイパーライフル兇砲論泙蠅燭燭澣’修採用されている。
 防御面では,デュナメスのGNシールド,GNフルシールドも高い防御性能を発揮したが,フルシールドの場合,いかんせん機体の運動性を著しく阻害するため,これを解決するためにGNシールドビットが採用されている。これは,GNファングの技術を応用した遠隔操作で機体の各部を防御する装備で,コントロールはハロが担当する。(このため,ケルディムは2基のハロがコクピットにセットされる。)

 また,ケルディムはその特性上,敵に正面を向けることが多いため,GNドライヴは,機体腰部後部に設置された。この部位には,通常GNシールドビットが装着されているため,防御面でも不安は取り除かれている。

 引用

GUNDAM WAR 栄光の戦史 OO U-0019

 デュナメスの太陽炉を引き継いだ第4世代ガンダム。砲撃・狙撃戦闘に更に特化した機体特性を獲得している。先代パイロットの実弟である,ライル・ディランディがマイスターを務める。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOO]


最終更新時間:2015年08月12日 18時43分08秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注