トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GN-0000RE+GNR-010〕ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GN-0000RE+GNR-010
兵器区分太陽炉(ツインドライヴ)搭載型モビルスーツ
所属ソレスタルビーイング
パイロット刹那・F・セイエイ
製作データ
デザイナー海老川兼武
初出作品機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.3m
本体重量54.9t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

GNソード

 GNソード兇任蓮ぅ肇薀鵐競爛薀ぅ供爾遼賃腓蔑鎧厠未鮟縞に活かし切れなかったため,新規設計された武装。
 「ダブルオーセブンソード」と呼ばれる装備の開発中に得られたデータを使用している。3連ビームライフルとなる「GNライフルモード」は,集束させて強力なビームが撃てる他,連射,拡散など射撃用途が広がっている。
 さらに「GNソードモード」の切断力アップに加え,「ライザーソードモード」では,GNソード兇二本必要だったライザーソードを,GNソード靴任楼賈椶濃藩儔椎修箸覆辰討い襦

GNビームサーベル

 腰の後ろに装着されたビームによる剣。
 抜き放つとGN粒子による刃が現れる。
 実剣ではなく,ビームによるエネルギー剣であるため,高い威力を持つが,大気によって減衰したり,ビーム粒子の拡散によって威力が落ちることもある。
 出力を調整することでGNダガーモードとして運用することも可能。

GNシールド

 高い強度を持つEカーボン製の盾。これにGNフィールド効果を加え,完全防御の盾としている。
 2枚のシールドは,単体での使用(シングルシールド)も可能だが,接合して大きなシールド(ダブルシールド)としても使用できる。
 また,両肩に装着させることもできるのが特徴。
 シールドの先端は鋭利になっており,格闘用武装としても使用可能である。

GNバルカン

 エクシアの腕部に採用されているのと同等の火器。
 空中において,航空機との戦闘や,ミサイルの迎撃などに使用される。
 速射性は高いが火力は弱いため,太陽炉搭載型のモビルスーツとの戦闘では主に牽制などに使用され,撃墜までは望めない。そのため,積極的な攻撃に使用されることは少なく,実際の運用では,ダブルオーガンダムとの合体時に敵を牽制したり,飛来する攻撃に対する防御のための弾幕として使用されることが多い。
 ダブルオーと合体後は,射撃方向が機体下部へ固定されるためほとんど使用されない。

GNビームマシンガン

 GN粒子によるビーム砲で,オーライザーの主武装。通常のビームライフルより速射性が高められている。その分,火力はやや低いが,モビルスーツ戦においても十分な破壊力を有している。
 同種の火器は,キュリオスやアリオスに採用されている。GN粒子消費量が大きいため,太陽炉を持たないオーライザーでは,使用に制限がある。沙慈は積極的に戦闘行為には参加しないため,GNビームマシンガンの使用頻度は低く,消費量は大きな問題にはなっていない。
 ダブルオーと合体後も使用可能。

GNマイクロミサイル

 命中した後,GN粒子を吹き出し,標的の内部から破壊を行うことが可能なミサイル。艦船など大型の標的を破壊するのに適している。本機で使用されているミサイルは,ガンダムなどに採用されたものより小型化されており,オーライザーの限られた内部スペースに対し搭載量が多くなっている。また粒子圧縮技術の向上にともない,小型化による威力の低下はほとんどない。誘導型兵器であるため,戦いに不慣れな沙慈にとって,最も扱いやすい武装である。
 ダブルオーと合体後も使用可能。

 概要

 GN-0000《ダブルオーガンダム》は,国連軍との戦いに敗れ崩壊したソレスタルビーイングが,4年間の沈黙の間に開発した新たなガンダムの1機である。
 他の機体が,従来のガンダムの発展型であるのに対して,ダブルオーは,エクシアの発展型でありながらも,新たに開示されたツインドライヴシステムを搭載した単純な世代進化で括ることのできない機体となっているのが最大の特徴である。
 ツインドライヴシステムは,エクシアに秘匿されていたトランザムシステムの開示と共にソレスタルビーイングにもたらされたもので,イオリア・シュヘンベルグの想定したマイスターがガンダムによる紛争介入を行う状況になっていたことで,刹那らに託されたものである。

 GN-0000RE+GNR-010《ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)》は,イノベイドとの最終決戦の後,太陽炉を失い損傷した機体を修復したもので,両肩の太陽炉搭載位置に大型のGN粒子コンデンサーを搭載している。
 このGN粒子コンデンサーは,従来のGN粒子コンデンサーを改良したもので,機体稼動を行うだけであれば,特に大きな問題を生じるほどのものではなかった。
 しかし,元々大容量のGN粒子を運用することを前提としたダブルオーであるため,以前の性能を発揮することは不可能で,わずかな時間のトランザムでGN粒子を使い切るほどであった。

 引用

GUNDAM WAR 双極の閃光 OO(紫) U-0028

 オーライザーと合体した形態。ツインドライブの安定稼働を実現しており,圧倒的な力を発揮する。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOO]


最終更新時間:2015年11月18日 19時44分25秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注