トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GN-0000+GNR-010〕ダブルオーライザー

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ダブルオーガンダム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GN-0000+GNR-010
兵器区分太陽炉(ツインドライヴ)搭載型モビルスーツ
所属ソレスタルビーイング
パイロット刹那・F・セイエイ
沙慈・クロスロード
製作データ
デザイナー海老川兼武
初出作品機動戦士ガンダム00
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.3m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

ツインドライヴシステム

 ダブルオーガンダムの両肩に装備された2基の太陽炉は,それぞれOガンダムとエクシアのものである。
 ツインドライヴは,オリジナルの太陽炉2基のマッチングによって2倍ではなく2乗化した粒子量を得ることが可能となる。
 太陽炉は標準的なコーン型を発展させたもので,アストレアなど第二世代ガンダムに採用されていたスリースラスター型の機能も付加されている。

 太陽炉を設置した肩部装甲は柔軟に可動し,必要に応じた形態をとれる。
 通常時は両肩に覆い被さった形でセットされているが,高機動推進時は背部に移動し,また,防御時には前方に展開して強力なGNフィールドをはることも可能。

GNコンデンサー

 機体関節部に設置されたGNコンデンサーは,太陽炉から発生したGN粒子を蓄えておき,一度に大量消費することが出来る。
 ダブルオーの場合,ツインドライヴから発生する粒子量が桁違いの量になったため,特に新造された高性能のGNコンデンサーが採用されている。

クラビカルアンテナ

 GN粒子制御機能をもったアンテナ。
 通常ガンダムの肩に設置されているクラビカルアンテナだが,ダブルオーにおいてはツインドライヴの可動にともない機能干渉が想定された。
 そのためシステムを小型化し,頭部アンテナにクラビカルアンテナの機能を移している。胸のアンテナもこの機能をサポートする働きがある。

ドライヴアーム

 ツインドライヴを支えるアーム。
 機体の側面,背面,前面へと移動させる。
 ドライヴはそれぞれの一で機能を変えるようになっており,側面は標準位置,背面ではGN粒子を推力として放出。前面ではGN粒子を大量放出することでフィールド効果を得ることが可能となる。

バックパック

 エクシアなど第三世代ガンダムで太陽炉が設置されていた背の中央部には,バックパックが新設されている。ドライヴと同様にGN粒子による推力を発生させる。

センサーユニット

 オーライザー機首部の一見するとコクピットキャノピーの様な部分は,各種センサーの集合体である。
 通常モビルスーツに搭載されているセンサーより強力なシステムで,モビルスーツでの情報収集よりも優れた能力を持っている。
 これは,支援機として,戦場の情報をいち早く収集し,連携対象のガンダムに伝えるために搭載されているものである。システムを完全に運用するためには,サポートとしてハロの搭乗が必要であり,本機には沙慈とともに赤いハロが搭乗する。

サイドバインダー

 オーライザーの機体左右のパーツ。
 ダブルオーガンダムとの合体後は肩に配置される。
 シールドとしての機能を持つため,合体後のダブルオーガンダムは手持ちのシールドを必要としない。(通常時のシールドは,分割してサイドバインダーに装着することも可能。)また,合体後に展開される左右それぞれ二つのパーツは,大型クラビカルアンテナである。両肩のGNドライヴと直結することで,GN粒子の制御能力が飛躍的に高まる。

 武装

GNソード

 エクシアのメイン武装だったGNソードの発展型。
 先端部が回転し,銃として使用するソードモードと,実剣として使用するソードモードに切り替わる。
 また,ソードモード時にビームによる刃を発生させたビームサーベルモードも可能であり,状況に応じた運用が可能。
 それぞれのモード切替は瞬時に可能であり,GNソードの時のようなタイムラグは存在しない。

GNビームサーベル

 腰の後ろに装着されたビームによる剣。
 抜き放つとGN粒子による刃が現れる。
 実剣ではなく,ビームによるエネルギー剣であるため,高い威力を持つが,大気によって減衰したり,ビーム粒子の拡散によって威力が落ちることもある。
 出力を調整することでGNダガーモードとして運用することも可能。

GNシールド

 高い強度を持つEカーボン製の盾。これにGNフィールド効果を加え,完全防御の盾としている。
 2枚のシールドは,単体での使用(シングルシールド)も可能だが,接合して大きなシールド(ダブルシールド)としても使用できる。
 また,両肩に装着させることもできるのが特徴。
 シールドの先端は鋭利になっており,格闘用武装としても使用可能である。

GNバルカン

 エクシアの腕部に採用されているのと同等の火器。
 空中において,航空機との戦闘や,ミサイルの迎撃などに使用される。
 速射性は高いが火力は弱いため,太陽炉搭載型のモビルスーツとの戦闘では主に牽制などに使用され,撃墜までは望めない。そのため,積極的な攻撃に使用されることは少なく,実際の運用では,ダブルオーガンダムとの合体時に敵を牽制したり,飛来する攻撃に対する防御のための弾幕として使用されることが多い。
 ダブルオーと合体後は,射撃方向が機体下部へ固定されるためほとんど使用されない。

GNビームマシンガン

 GN粒子によるビーム砲で,オーライザーの主武装。通常のビームライフルより速射性が高められている。その分,火力はやや低いが,モビルスーツ戦においても十分な破壊力を有している。
 同種の火器は,キュリオスやアリオスに採用されている。GN粒子消費量が大きいため,太陽炉を持たないオーライザーでは,使用に制限がある。沙慈は積極的に戦闘行為には参加しないため,GNビームマシンガンの使用頻度は低く,消費量は大きな問題にはなっていない。
 ダブルオーと合体後も使用可能。

GNマイクロミサイル

 命中した後,GN粒子を吹き出し,標的の内部から破壊を行うことが可能なミサイル。艦船など大型の標的を破壊するのに適している。本機で使用されているミサイルは,ガンダムなどに採用されたものより小型化されており,オーライザーの限られた内部スペースに対し搭載量が多くなっている。また粒子圧縮技術の向上にともない,小型化による威力の低下はほとんどない。誘導型兵器であるため,戦いに不慣れな沙慈にとって,最も扱いやすい武装である。
 ダブルオーと合体後も使用可能。

GNソード

 ダブルオーガンダムの新たなる装備。
 実体剣と三連GNビームライフルを備え,ビームを集束することで強力なビームを発射することも可能。
 イノベイターとの最終決戦に際して追加された装備で,本装備を追加した状態を最終決戦仕様と呼ぶ場合もある。
 他のガンダムがGNHWを装着したのに対して,本装備の追加のみであったのは元々ダブルオーライザーのスペックが高く,従来の武装ではその性能を発揮し切れていなかったためで,GNソード兇任蓮ぅ肇薀鵐競爛薀ぅ供爾遼賃腓蔑鎧厠未鮟縞に活かし切れなかったため,新規設計された。
 「ダブルオーセブンソード」と呼ばれる装備の開発中に得られたデータを使用している。3連ビームライフルとなる「GNライフルモード」は,集束させて強力なビームが撃てる他,連射,拡散など射撃用途が広がっている。
 さらに「GNソードモード」の切断力アップに加え,「ライザーソードモード」では,GNソード兇二本必要だったライザーソードを,GNソード靴任楼賈椶濃藩儔椎修箸覆辰討い襦

 概要

 GN-0000《ダブルオーガンダム》は,国連軍との戦いに敗れ崩壊したソレスタルビーイングが,4年間の沈黙の間に開発した新たなガンダムの1機である。
 他の機体が,従来のガンダムの発展型であるのに対して,ダブルオーは,エクシアの発展型でありながらも,新たに開示されたツインドライヴシステムを搭載した単純な世代進化で括ることのできない機体となっているのが最大の特徴である。
 ツインドライヴシステムは,エクシアに秘匿されていたトランザムシステムの開示と共にソレスタルビーイングにもたらされたもので,イオリア・シュヘンベルグの想定したマイスターがガンダムによる紛争介入を行う状況になっていたことで,刹那らに託されたものである。
 簡単に言えば,2基の太陽炉を稼動させるものだが,単純に太陽炉を稼動させるのではなく,2基の太陽炉を同調させることで,生み出されるGN粒子量は2倍ではなく2乗化され,高い出力を発揮するものである。
 ただし,太陽炉にはそれぞれ「個性」とも言うべき個体差があり,完全に同調させることは困難で,システム稼動の条件は非常に厳しいものとなっている。
 ソレスタルビーイングでは,国連軍との決戦後に回収した太陽炉とフェレシュテによって運用されていたGN-000《オーガンダム》由来の太陽炉の4基を用いてマッチングテストを行っていたが,いずれの組み合わせもダブルオーをツインドライヴを起動するだけの同調率を得ることができなかった。
 ソレスタルビーイングに帰還した刹那が保持していたGN-001《ガンダムエクシア》の太陽炉とオーガンダムの太陽炉が最も高い同調率を示したものの,これでも安定稼働領域には達しなかったのである。

 だが,アロウズの襲撃に対して,ダブルオーを起動した刹那は,ダブルオーをトランザム状態にすることで,太陽炉そのものの稼働率を高め,一気に稼動安定領域に押し上げることで同調稼動を実現させたのである。
 これ以降,比較的安定的に稼動することはできるようになったものの,不安定になると同様の調整が必要になるということであり,この方法も,一歩間違えば太陽炉が暴走し,爆発する可能性がある危険なものであった。

 GN-0000+GNR-010《ダブルオーライザー》は,ツインドライヴの安定稼働を目指して試行錯誤したイアンらによって開発されたGNR-010《オーライザー》とダブルオーガンダムがドッキングした姿である。
 元々ダブルオーガンダムの支援機の開発は進められており,ダブルオーの発生させる豊富なGN粒子を活用したシステムを搭載する想定であった。ソレスタルビーイングのメカニックチームは,その点に着目し,オーライザーの制御システムを使うことで,ツインドライヴシステムの完全稼働に達することに成功したのである。

 オーライザーは,太陽炉を持たず機体内部に大型のGNコンデンサーを搭載している。このため,必要に応じてダブルオーとの合体,分離も可能となっており,運用形態のひとつとしてドッキング状態での戦闘継続も可能な設計となっていた。
 この機能を利用し,合体したまま運用することで,ツインドライヴの制御をオーライザー側のシステムに任せることで太陽炉の安定稼働を実現したのである。

 また,パイロットが非戦闘員であった沙慈・クロスロード(サポートとしてハロがオーライザーのコクピットには据え付けられている)となったことからも,当初想定の支援機ではなく,ダブルオーの安定稼働のための支援システムとして位置づけられることとなったのである。

 オーライザーと合体したダブルオーガンダムは理論値を超えた性能を示し,「ガンダムを超えた存在」として,その機体名からガンダムの名を外し「ダブルオーライザー」と呼ばれることとなった。
 ダブルオーライザーでのトランザム使用は,メカニックのイアンですら予想していなかった未知の現象を引き起こしており,ダブルオーは,それまでのモビルスーツの概念を大きく超越した存在となったのである。

 引用

GUNDAM WAR 双極の閃光 OO(紫) U-0028

 オーライザーと合体した形態。ツインドライブの安定稼働を実現しており,圧倒的な力を発揮する。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ガンダムOO]


最終更新時間:2015年11月18日 19時43分13秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注