トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GMX-90R〕ジム群

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ジム群・改(ジム群)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GMX-90R
兵器区分次世代機開発用評価試験機
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナー不明
初出作品機動戦士ガンダム0099
参考文献-

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.0m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
センサ有効半径Unknown
装甲材質チタン合金/セラミック複合材


 武装

ビームサーベル x2

ビームライフル

60mm頭部バルカン砲 x2

グレネードラック x1


 概要

 連邦軍のキリマンジャロ開発局が開発を進めていたGMX-90を標準的な量産機としての仕様に落とし込んだ機体が,本機GMX-90Rである。登録上の機体名は,従前と変更されず「ジム群」ではあったが,区別のために「ジム群・改」あるいは(皮肉にも)「ジム検廚噺討个譴襪海箸發△辰拭
 元々GMX-90は,陸戦を主眼として開発された機体であるが,連邦軍の軍内開発の方針転換から,開発がキリマンジャロ開発局からアナハイム社に移管された結果,アナハイム社の開発思想も反映されるようになった。

 アナハイム社は,まず,陸戦という単一仕様(実際には違うのだが)による少数生産が原因であるコスト高を解消することを目的に,汎用機として運用領域を広げるための設計変更を行っている。これにより,空間戦対応の為の装備が新たに追加された結果,ベースとなったGMX-90よりもがっしりとした太めの機体となっているとのことである。(GMX-90そのものの資料が公開されていないため,アナハイム社の発表を信じるしかないのであるが。)

 GMX-90は,陸戦における基本性能は高かったことから評価試験が行われたのであるが,汎用機となったために,その配備領域がRGM-89と重なることとなってしまった。
 無論,開発したアナハイム社はその点を了承しており,本機の位置づけはGMX-90同様の評価試験機のままであった。本機の開発部局は,RGM-89とは別部局になっており,アナハイム社は,部局間の競争による開発を奨励していたため,本機の開発が停止されることはなく,独自の発展を続けていくこととなった。

 本機最大の特徴は,新規建造機でありながら,(本格量産時には)RGM-89なみにコストが抑えられているという点にある。これは,開発に際して紆余曲折したGMX-90のベースプランとは異なり,当初からRGM-89の設計に,GMX-90のノウハウを投入する方向性で開発されているためである。
 GMX-90との外観的な差違は,先に述べたとおり,太めの機体になっているという点であるが,細かい部分を見ると,従来のジム系の意匠を引き継いでいたと言われるGMX-90に対して,GMX-90RはRGM-89に近い意匠が多くの箇所で見られるという。
 しかしながら,RGM-89も見方を変えれば,RGM-86Rを新技術で再設計した結果,シンプルな機体として再生したとも言えるわけであり,やはり基本的な印象は従来機から大きく逸脱するものではない。(次世代機であるGMX-93は,その点大きく印象が異なるものとなっている。)

 本機の頭部は,GMX-90とは異なり,RGM-89ほぼそのままのパーツが利用されている。
 本体は,RX-178やMSA-003のボディパーツに形状が近いRGM-89タイプのものであるが,胸部インテークがRGM-89よりもかなり大型となっている。RGM-86DTなどで見られた強化インテークは廃止されたが,大型化されたインテークは,この機能までも内包したものとなっているとされる。なお,腰部スカートはRGM-86に近い形状のものが採用され,フロントスカートには姿勢制御用アポジモーターが,またリアスカートには予備のビームサーベルやハイパーバズーカ(H-Baz-87-A・E/Ver.009)のマウントラッチが用意されている。
 腕部形状は,一般的な規格品がそのまま利用されており,肩上部のオプションハードポイントの存在を無視すれば,RGM-89のものをそのまま流用可能である。また,RGM-89D/S(89D型への増加装甲タイプ)の大型ミサイルランチャーは,標準で装着可能となっている。前腕部は,RGM-89のものに形状は似ているが,グレネード・ランチャーなどのオプションを装着した状態でシールドを取り付け可能など,変更点も存在する。
 バックパックは,マウント部が拡張されており,当時運用されていたRGM-89の「BP-J89MU1S2-A2/S0001」,RGM-86Rの「BP-85MU4-A2/S178R」の装着も可能となっていた。これは,運用の柔軟性をとったためで,本来のバックパックは,「BP-85」系列の改良型でメインスラスタが6発化された「BP-85MU6-A2/S0024」である。
 脚部は,RGM-89をベースにしているとはいうもののほぼ新設計であり,一見するとジム/ジェガン系MSには不釣り合いなほど太めのパーツとなっている。これは,大容量のプロペラントタンクと大型スラスターを内蔵したためで,実際には見た目ほど装甲が厚いわけではない。
 武装は,評価機のため装備していないが,データ収集時にはRGM-89と同タイプの「RGM・M-Sh-VT/S-00416・Ap-M」シールドと「BR-M89A」ビームライフルのモックアップを用いることが多かった。

 本機で得られたデータは多岐に渡り,軍の次世代機として提案された機体へのフィードバックはかなりの部分に上っている。この点で言えば,量産機としてよりも「量産機のプロトタイプ」としての意義が本機に存在していたということになるだろう。


 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・Ro]


最終更新時間:2010年12月04日 07時02分43秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注