トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GF13-001NH〕クーロンガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

クーロンガンダム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GF12-035NH / GF13-001NH
兵器区分ネオ・ホンコン第12回 / 第13回ガンダムファイト代表機
所属ネオ・ホンコン
パイロットマスター・アジア(東方不敗)
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動武闘伝Gガンダム
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高16.7m
本体重量7.2t
全備重量Unknown
最大加重重量16.4t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材・レアメタルハイブリッド
黒歴史コード07-1434656

 武装

クーロンクロス(ビームクロス)

マシンキャノン x2


 必殺技

超級覇王電影弾

 頭部から下を激しく回転させ敵を倒す技。一体を攻撃するよりも敵に囲まれた場合,もしくは一気にたくさんのモビルファイターを相手にしたときにその威力が最大限に発揮される。ドモンとマスターとの師弟の息が合い,数十倍もの力を発揮する。

クーロン・フィンガー


十二王方牌大車輪


石破天驚拳


 概要

 第12回ガンダムファイトにネオホンコンが投入したモビルファイター。
 3大会連続で優勝していたネオイングランドのブリテンガンダムによるビーム・ライフル(射撃兵器)を主体とした風潮に一石を投じた機体であり,下馬評ではそれほど高い評価を受けていなかった。(それだけビーム兵器主流だったのである。)
 しかし,実際に大会がスタートするとその能力を遺憾なく発揮し,数多くの敵を撃破していき,第12回大会優勝を飾ったのである。

 本機最大の特徴は,ファイターである東方不敗(マスターアジア)の身体能力を余すところ無く再現した機体の追従性であり,いわばガンダムファイトの原点に立ち返った機体であるといえる。
 東方不敗の独自流派である「流派東方不敗」は,格闘技において「一対一」あるいは「一対多」の戦いどちらにも対応できる流派であり,その技は彼が若いときから修練を重ねてきたたまものである。また,彼は元々はシャッフル同盟の「キング・オブ・ハート」であることから分かるように,かつて,ネオジャパンのファイターであったシュウジ・クロスその人である。それだけに機体を活かした武闘術には秀でたものを持っていたのである。

 クーロンガンダムは,先に述べたように東方不敗の能力を余すところ無く発揮するように設計された機体である。従って,かつて東方不敗が使用した機体であるヤマトガンダムの設計パターンに準じた機体であろう事は想像に難くない。(必殺技もヤマトガンダムに準じた物があることからも,このあたりは間違いないだろう。ただし,当時の機体ならばまだしも,発展したネオジャパンの機体であるシャイニングガンダムなどに採用されているシステムがいかほど再現されているかは不明である。)

 本機は,第12回大会優勝後さしたる改修も受けずに第13回大会においてもネオホンコンの象徴として大会に参加している。これは,本機の完成度の高さを示した物であるとも言えるが,第13回大会の最中,東方不敗は,本機からGF13-001NH供團泪好拭璽ンダム》へと乗機を変更している。
 通常,決勝ラウンドでの乗機の変更は認められているが,クーロンガンダムがいずこにあるかという情報もなく,どのような過程で機体が変更されたかは明らかではない。一説によると,第13回大会の裏事情として有名なデビルガンダム事件に関わっているとも言われ,マスターガンダム自体が,クーロンガンダムが姿を変えた物とも言われている。

 引用

GUNDAM WAR -EXTENSION BOOSTER- G U-G24

 第12回ガンダムファイト大会で優勝を飾ったネオホンコン代表MF。第13回大会でも代表として参加したが,既にマスターガンダムに変異しており,新宿での戦闘中に真の姿を表している。

 備考

 マスターガンダムについては,クーロンガンダムの「変異した姿」という考え方と,その逆にマスターガンダムがクーロンガンダムに「擬態していた」という考え方があるが,どちらが正しいかは不明である。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルファイター]


最終更新時間:2014年11月30日 12時44分44秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注