トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GAT-X105E〕ストライクE(アナザートライアル・ソードストライカー装備)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ストライクE(アナザートライアル・ソードストライカー装備)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GAT-X105E
兵器区分ストライカーパックシステム搭載型モビルスーツ
所属地球連合軍(ファントムペイン)
パイロットエミリオ・ブロデリック
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δアストレイ
参考文献電撃HobbyMagazine
GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高17.72m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
重量64.8t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質VPS装甲

※スペックは,ストライクE標準時のもの。

 武装

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器×2

EQS1358 アンカーランチャー×6

M8F-SB1 ビームライフルショーティー×2

57mm高エネルギービームライフル

175mmグレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル

アナザートライアル・ソードストライカーパック

 詳細は,アナザートライアル・ソードストライカーを参照のこと。

 概要

 GAT-X105E《ストライクE》は,C.E.71年のいわゆるヤキン・ドゥーエ戦役の後にアクタイオン・インダストリーを中心に実施された「アクタイオン・プロジェクト」によって,再建造された第1期GAT-Xシリーズの改装機である。
 機体名の「E」は,進化型であるとの意味からストライクEnhanced(ストライクエンハンスド)と名づけられたもので,通常は単に「ストライクE」と呼称されることが多い。

 地球連合に於いては,ザフトに奪われた4機のGAT-Xシリーズ機を含め,第1期GAT-Xシリーズの再評価の必要性から,これらを再生産している。

 特に前大戦において,大きな戦果を挙げたGAT-X105《ストライク》は,様々な技術検証のみならず,次世代機開発のためのテストベースにも用いられている。その点で言えば,アークエンジェルにおいて運用されたストライクとは装備的にも,また,機体構造的にも異なった機体であると言えるのである。

 生産された初号機[1]は,ストライカーパックのひとつである統合兵装ストライカーパック(I.W.S.P.)を装備した状態で運用試験が行われ,ここで得られたデータを反映させた形で建造されたAQM/E-X09S「ノワールストライカー」を装備し,通常は《ストライクノワール》として運用されることとなった。
 しかし,その本体は改修されたストライクそのものであり,ノワールストライカー以外のストライカーパックの運用も可能なのである。すなわち,「ノワールストライカーを装備している」からこそのストライクノワールの呼称であり,通常「ノワールストライカー以外を装備することを前提としていない」ためにストライクノワールという呼称が常態化してしまっているのである。

 一方で,その成果が一定の評価を得たこともあり,次世代機開発における開発ベースとしても位置づけられており,複数機が追加生産され,実戦投入によるテストも行われている。
 これらの機体は,それぞれ新たなストライカーパックや,新技術の検証にも用いられていると言われる。

 本形態は,ストライクEに連合の新型ストライカーパック開発計画における試作プラン装備である「アナザートライアル・ソードストライカーパック」を装備した形態で,既存のストライカーパックの問題点を解消するために再設計されたものである。
 これは,一部ストライカーパックが,肩部ハードポイントへの装着時に干渉を起こすため,装備不能になる場合があったため,その解消を図ったもので,基本装備は旧来の装備を引き継いでいるものの,装着は背部ユニットに集約されており,装着可能な機体の制限はなくなっている。
 VPS装甲の機体色はライトブルーに変化している。

 引用


 備考

ストライクノワールとストライクEにおける設定の変化について

 元々,アクタイオン・プロジェクトの設定は,各機体の再生の後,得られたデータを元に改修し,新たな姿になった機体という設定であったが,各種派生作品の登場によって設定が変化している。
 ストライクノワールは,こうした設定変更の影響を直接受けた機体である。
 元来I.W.S.P.を装備したストライク(の改装機)を得られた実戦データからI.W.S.P.の欠点を修正する形で再設計した新型の専用ストライカーを装備した機体こそがストライクノワールという扱いであった。つまり,基本的にはノワールストライカーを取り外すことは想定しておらず,機体名も新型ストライカーを装備した際のVPS装甲の調整によって機体色が「黒(ノワール)」になったことからの命名であった。(従って,ストライクEもノワールストライカーも1機のみという扱いだった。)

 しかし,作品展開が広がると専用ストライカーであったはずのノワールストライカーを装備する機体が複数登場し,さらにベースとなるアクタイオン社による再生ストライクも複数が登場したことから,設定そのものが変更されることとなった。
 現在では,「ストライクE」に「ノワールストライカーを装備」した状態が「ストライクノワール」であり,VPS装甲であるストライクEは,黒色の機体色に変貌するという設定となっている。

機体名について

 ストライク系のストライカーパック装備時の機体名は,基本的に「ストライカー名+ストライク」という名称となるが,これらのアナザーストライカーの場合,そうした名称は確認されていない。
 なお,ストライカーパックの型式が明らかとなった場合,項目名を変更する。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・DELTA-ASTRAY]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年02月16日 22時06分52秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]備考のストライクEの設定変更の顛末は,スエン機を初号機として無難な扱いにしている。