トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GAT-FJ108〕スペキュラムライゴウガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

スペキュラムライゴウガンダム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GAT-FJ108
兵器区分ストライカーパック運用型モビルスーツ
所属地球連合軍→反乱軍
パイロットスー,ルカス・オドネル
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品SEED-MSV[1]
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS
参考文献公式サイト ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装


 概要

 地球連合内の重工業メーカーのひとつであるフジヤマ社の開発したモビルスーツがGAT-FJ108《ライゴウガンダム》である。
 この機体はアクタイオン・インダストリー社が実施した再開発プロジェクト同様に,第1次GAT-Xシリーズをベースに,新たなモビルスーツを開発しようというプロジェクトによって開発された機体である。
 ベース機となったのは,GAT-X105《ストライク》と言われており,本機にもストライカーパック用のプラグが存在している。
 また,開発されたストライカーパックもフジヤマ社による既存パックの改良型「アナザーストライカー」であり,既存機とは異なった装備となっていた。

 機体は,東アジア地域でのテスト運用のために連合基地に配備されたものの,ザフト側の傭兵によって強奪され,連合を裏切ったルカス・オドネルによって運用されることとなった。
 この結果,連合,ザフト,そしてゲリラとも異なる第4勢力として運用されたが,連合側に雇われていたサーペント・テール叢雲劾の駆るMBF-P03third《アストレイ・ブルーフレームサード》によって撃破されている。

 本装備は,ライゴウガンダム用に用意されたアナザートライアルストライカーである,「スペキュラムストライカー」を装備した形態である。
 スペキュラムストライカーは,従来のエールストライカーの改良型である。

 引用

公式

 ライゴウガンダムでは,これまでのパックを再設計したアナザーストライカーシリーズが採用されている。その1つ「スペキュラムストライカー」は,「翼鏡」の意味を持ち,飛行能力を強化する。翼部分には,ミサイルポッドなど各種武装を装備可能。大出力化したことで,武装重量に耐えられるようになった。

 備考

 ライゴウガンダムに関しては,現時点で確認できる資料では「ライゴウガンダム」と「ガンダム」の呼称が付与された状態のものばかりが確認できており,従来の「ガンダム」の名の付与しない名称が見受けられない。(そのため,それら資料があった場合はご報告願いたい。)
 本来ならば,正式名は「ライゴウ」であると考えられるが,上記のような理由から,登録名を「ライゴウガンダム」としている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ASTRAYS]


最終更新時間:2015年02月13日 22時30分49秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]開発系譜上に東アジアガンダム(フジヤマガンダム)として記載されていた。