トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GAT-01D1〕デュエルダガー(フォルテストラ装備)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

デュエルダガー(フォルテストラ装備)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GAT-01D1
兵器区分地球連合軍量産型モビルスーツ
所属地球連合軍
パイロットエドワード・ハレルソン
製作データ
デザイナー原案:緒方剛志
デザイン:町田能彦
初出作品SEED-MSV
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

フォルテストラ

 フォルテストラとは「強いドレス」という意味で、ザフトがデュエル用に開発したアサルトシュラウドの有用性を認めた連合が開発した装備である。これを装備することでロングダガーの防御力,推力,火力が大幅に増大する。
 当然ながら,重量は大幅に増加するが,近接戦闘時には強制排除が可能であり,身軽な素体状態で敵との交戦も可能となる。

 武装

75mm対空自動バルカン砲システム「イーゲルシュテルン」

57mmビームライフル

ES-01ビームサーベル

対ビームシールド

115mmリニアキャノン

8連装ミサイルポッド

 概要

 GAT-01D1《デュエルダガー》は,地球連合軍が開発した量産型モビルスーツである。
 この機体を簡単に表せば,GAT-01《ストライクダガー》にザフトによって運用されたデュエルのコンセプトを投入した機体である。
 すなわち,素体となるモビルスーツに増加装甲としてのアサルトシュラウド(連合製の装備はフォルテストラ)を装備することを前提としたプランとして開発された機体である。(故に,本来の姿はフォルテストラを装備した状態であると言えるだろう。)

 元々ストライクダガーは,GAT-X105《ストライク》のコンセプトを量産化することが目的であったのだが,高い生産性と簡便な操作性を目的にスペックダウンを行い量産された機体である。(本来のプラン通りに開発された機体が,通称105ダガーと呼ばれるGAT-01A1《ダガー》である。)
 そのため,ストライクダガーの量産コンセプトとして採用されたのは,実質的にGAT-X102《デュエル》の物であり,ストライクダガー自体もデュエルダガーという名称を与えられるはずであった。
 しかし,軍部の「敵軍に奪取された機体の名称を付ける」ことへの抵抗から,ストライクダガーという名称を与えられたという経緯があった。

 同様に,デュエルのコンセプトを導入し,戦闘コーディネイター用に開発された,GAT-01D《ロングダガー》も同様の理由によって名称をロングダガーへと変更した経緯がある。
 しかし,このロングダガーは,ハイスペック機として生産されただけあって,非常に大きな戦果を挙げており,この機体をナチュラル向けに仕様変更が行われることとなった。この「ナチュラル向けロングダガー」こそが,本機デュエルダガーであり,OS以外の基本的な仕様はロングダガーと同じ物である。

 逆に言えば,基本的なスペックはそれほど違いは無いが,ナチュラル向けOSによる制限が各種加わっており,全体的な性能は低下している。
 しかし,その機体能力を充分に発揮できるパイロットが搭乗した場合,本機はロングダガーに匹敵する性能を発揮するのである。

 引用

GUNDAM WAR 覇王の紋章 SEED U-S126

 デュエルダガーに追加装甲フォルテストラを装備した状態。同装甲は,ザフトがデュエルに装着したアサルトシュラウドのデータを元に開発した装備で,火力・推進力を大幅に向上させる。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ASTRAY]


最終更新時間:2015年11月21日 16時22分22秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注