トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GAT-01D〕ロングダガー・フォルテストラ(ジャン・キャリー専用機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ロングダガー・フォルテストラ(ジャン・キャリー専用機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号GAT-01D
兵器区分量産型モビルスーツ
所属地球連合軍
パイロットジャン・キャリー
製作データ
デザイナー原案:緒方剛志
デザイン:町田能彦
初出作品ガンダム機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

※基本的に素体時のスペックは,ストライクダガーに準ずると思われる。

 武装

75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン x2

ビームライフル

ビームサーベル x2

リニアキャノン

ミサイルポッド

 概要

 GAT-01D《ロングダガー》は,GAT-01《ストライクダガー》にザフト軍が奪取,運用したGAT-X102《デュエル》のコンセプトを投入した機体である。
 元々ストライクダガーは,GAT-X105《ストライク》のコンセプトを量産化することが目的であったのだが,高い生産性と簡便な操作性を目的にスペックダウンを行い量産された機体である。(本来のプラン通りに開発された機体が,通称105ダガーと呼ばれるGAT-01A1《ダガー》である。)
 そのため,ストライクダガーの量産コンセプトとして採用されたのは,実質的にデュエルの物であり,ストライクダガー自体もデュエルダガーという名称を与えられるはずであったのだが,軍部の「敵軍に奪取された機体の名称を付ける」ことに対する抵抗があったことから,ストライクダガーという名称を与えられたという経緯があった。

 実のところ,本機もデュエルのコンセプトを採用した機体ではあるのだが,ストライクダガーと違い,「ザフトに奪取された後のデュエル」のコンセプトを採用した機体である点が大きな特徴となっている。そのため,本機にもデュエルダガーの名称を与えようとしたが,ストライクダガーと同じ理由でロングダガーに変更されたと言われている[1]

 先に挙げたように,本機のコンセプトは,ザフトに奪取された後のデュエルの物であり,実際にデュエルがザフトで運用された際にストライクと交戦した際のデータが活かされている。この際,本来の設計には存在していない「アサルトシュラウド」も情報化され,連合の技術で再現されている。
 元々,デュエルは,極めて初期に設計されたGAT-Xシリーズであり,GAT-X103《バスター》同様,フレーム構造も機体強度も発展の最中の機体である。そのため,特に防御力の面での力不足は早くから指摘されており,それらをザフト側のアイディアで補ったのが,このロングダガーということも言えるのである。

 また,本機は,当初からナチュラルに操作出来ることを前提とせず,コーディネイターと同等の能力を持つ一部のパイロットや,連合が密かに開発していた戦闘コーディネイター,さらには連合に協力するコーディネイターなどの運用を前提とした設計となっており,OS面などもザフトのMSと互角以上の戦いが可能な機体として仕上がっていた。
 しかも,そういった設計でありながらその生産性は高く,部品の半数以上がストライクダガーと共用であり,生産ライン中に本機を仕様変更の形で同時生産することも可能であったのである。
 この機体バランスの良さが,後にナチュラル用の本機とも言える,GAT-01D1《デュエルダガー》を生み出すのである。

 本形態こそが,デュエルにザフトが追加した「アサルトシュラウド」と同等の装備を連合が開発した装備形態である。この増加装備を「フォルテストラ」という。
 フォルテストラとは「強いドレス」という意味で,ザフトがデュエル用に開発したアサルトシュラウドの有用性を認めた連合が開発した装備であり,ある意味,アサルトシュラウドに対する一種のリスペクトでもある。
 フォルテストラを装備したロングダガーの防御力,推力,火力が大幅に増大する。
 当然ながら,重量は大幅に増加するが,近接戦闘時には強制排除が可能であり,身軽な素体状態で敵との交戦も可能となる。

 引用

電撃ホビーマガジン 2004/04付録 機動戦士ガンダムSEED MSV 最速読本

 フォルテストラとは「強いドレス」という意味で,ザフトがデュエル用に開発したアサルトシュラウドの有用性を認めた連合が開発した装備。これを装備することで,ロングダガーの防御力,推力,火力が大幅に増大する。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・ASTRAY]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年07月10日 20時57分01秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1] 推測に過ぎないが,本機のパイロットが戦闘コーディネーターや連合に協力するコーディネーターであるということも命名変更の理由にあると考えられる。すなわち,コーディネイターに奪取された「デュエル」の二の舞となり,奪取されることを懸念したのでは無いかとも考えられるのである。