トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔GAT-01A2R+AQM/E-X01〕エール105スローターダガー

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

スローターダガー / 105スローターダガー

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号GAT-01A2R+AQM/E-X01[1]
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属地球連合軍
オーブ連合首長国
パイロット連合兵
ファンゲルト・リア・リンセイ
製作データ
デザイナー大河原邦男?
初出作品機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δアストレイ
参考文献GUNDAM WAR
1/144HG 105スローターダガー インストラクション ほか



 スペック

項目内容
全高18.0m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
重量47.79[2]
68.09t[3]
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質ラミネート装甲

※スペックは本体データのみ。

 武装

40mm口径近接自動防衛機関砲「イーゲルシュテルン供

 頭部の左右両側面には,計2門の40ミリ口径イーゲルシュテルン橋畧楴動防御機関砲システムが装備されている。イーゲルシュテルン兇老塙埣匿瑤料大を目的に,口径を旧式の75ミリからネックダウンした新型である。
 FCSの自律制御による完全自動運用が可能で,パイロットの手をわずらわせることなく接近する脅威対象に対するオートマティック制圧射撃が可能である。

MX703G ビームライフル

 MX703G ビームライフルは,連合軍の兵器改変ガイドライン71Dに準拠して開発されたシステム型ビーム兵器である。
 このガイドラインは,実体弾兵器とビーム兵器とを共通のフレーム/プラットフォーム上にハイブリッド共存させることを目的としたものだ。MX703Gは,そのコンセプト実証モデルとして初めて開発された試製ビームライフルである。

ES01 ビームサーベル

 ES01 ビームサーベルは,連合軍のモビルスーツ用ビームサーベルとしてもっとも数多く生産された機種である。現行モデルは初代から数えて4世代目,ブロック35F。しかしその改良点はごくわずかで,型式番号も初代のものを受け継いでいる。105スローターダガーでは,このビームサーベルを本体の腰部に2基装備する。

12.5mm 対人機関銃

 両脚の甲部に搭載された12.5ミリ対人機関砲は,銃口の位置からもわかるとおり,軽装甲車両および歩兵を制圧するための装備である。戦場では携行ミサイルランチャーなどの対兵器を持った歩兵に遭遇する事例があるが,多くの場合,モビルスーツによる歩兵攻撃はオーバーキル(過剰殺戮)の批判を浴びた。
 12.5ミリ機銃は,こうした批判を回避するために採用された装備である。

対ビームシールド

エールストライカー

 詳細は,「〔AQM/E-X01〕エールストライカーパック」を参照。

 概要

 GAT-01A2R《105スローターダガー》は,地球連合軍の非正規部隊・第81独立機動群ファントムペインが,GAT-04《ウィンダム》とともに制式採用した主力モビルスーツである。 GAT-01A1《ダガー》のマイナーチェンジ機をベースに開発された機体で,地球連合軍の組織内にありながら,ロゴス直属で正規軍の指揮系統には属さないファントムペインが,独自の判断で兵器の選定が可能であり,105ダガーの基本性能の高さと,既に一定の機体数が存在していることから,メンテナンスほか,運用におけるハードルの低さが相まって,高い評価を得たものと思われる。
 機体名の「スローター」とは殺教・虐殺を意味するだけでなく,侵略し占領するといった場合にも用いられる用語であり,非合法な任務をこなすファントムペインの主力機に相応しい名称と言えるだろう。

 105ダガーとの最大の相違点は,エールストライカーを標準装備する点にある。
 これは,実績,汎用性,信頼性がきわめて高い戦闘的なシステム構成であることが既に証明されているため,エールストライカーを装備した状況を標準的な戦術の基本として位置づけることで,モビルスーツの駆動時間を含めた戦術を稿制するためのものである。
 エールストライカーそのものも改良されており,大気圏内では滑空のみであったものが,一定の飛行が可能となっている。

 さらに改良されたOSを搭載しており,扱いが容易になったことで,機体性能を余すところなく発揮することが可能となった。

エール105スローターダガー

 スローターダガー本体に,エールストライカーを装着した形態。
 スローターダガーでは,この形態が標準であり,ストライカーパックを装着しない状況での運用は基本的に想定されていない。

 引用

GUNDAMWAR 戦慄の兵威 SEED U-S160

 ロゴス直属の非正規部隊ファントムペインの制式主力MS。黒系統に塗装された機体には,独自のマイナーチェンジが施され,標準武装として改良されたエールストライカーを採用している。

 備考

 スローターダガーは,基本的にエールストライカーを標準装備とするため,単に「スローターダガー」と記述されていた場合,「エール105スローターダガー(エールスローターダガー)」と同義の場合が多い。

 なお,機体本体のデザインそのものは,GAT-01A1 ダガーと変わるところはない。
 これはプラモデルなどの商品流用が前提にあると考えられるが,ビームサーベルに象徴されるように,SEED世界では,バージョンアップによる型式変更や,ロット変更による型式そのままでのブロックナンバー変更など,「実際にあり得る様な」扱いとなっている点は,従前のMSとは異なった部分として尊重したい。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・G]
[モビルスーツ・STARGAZER]
[モビルスーツ・DELTA-ASTRAY]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年10月22日 22時33分23秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]実際には,GAT-01A2Rのみで表される場合も多い。
  • [2]GAT-X105のデータから算出(エールストライカー重量:20.3t)
  • [3]エールストライカー含む