トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔FF-X29A〕フルドド(Gアーマー形態)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

Gパーツ[フルドド]Gアーマー形態

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号FF-X29A
兵器区分モビルスーツ用サポート機
所属ティターンズ
パイロット不明
製作データ
デザイナー藤岡建機
初出作品ADVANCE OF Ζ〜ティターンズの旗のもとに
参考文献

スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown



 画像

 各部解説

スラスター・ウイング・ユニット

 ウイングユニットの片方,スラスターのみで構成されているユニットである。
 通常,フルドド正面から右側に装着される。

クロー・ウイング・ユニット

 サブ・アーム・ユニット同様の装備保持のためのユニットが組み込まれたウイングユニット。
 通常は,フルドド正面から左側に装着される。
 MSにフルドドを装着した場合,クローブ分にブレード・ライフルを装着し,いわゆるキャノン砲装備機の様な運用も行う。

ロング・ブレード・ライフル

 機首下部にマウントされる長大なビーム兵器。
 実は,それ単体ではヒートブレードとしての機能しか持っていない。
 ヘイズルのライフルと接合して運用した場合,長射程のスナイパーライフルとして運用可能となる。(無論,この状態でもヒートブレードとしての運用は可能である。)
 フルドドの運用時には,通常のビームライフル的な運用を行い,ヘイズルとの接合時には,クローユニットに装着して,キャノン砲として運用することも可能である。

ノーズ複合センサー・ユニット

 モノアイを有する機首部分。
 マウントラッチを複数有しており,ヘイズル接合時には,腕部に装着し,複数のシールドを装備することも可能である。

胸部装甲ユニット

 コクピット内蔵の本体と言うべき部位で,ヘイズル・ラーの胸部前面を覆う追加装甲となる。
 両側にプレート状の装甲板(リフレクター板も装備可能)を持ち,肩部補助アクチュエーターユニット内のロールバーを介して固定される。

コクピット・ブロック

 フルトドに乗員が搭乗する際に使用されるコクピットを有したユニット。各ユニットの接続基部を装備するフルトドの心臓部である。ヘイズル・ラー(フルアーマー)時にはサブアーム・ユニットをフルトド側から操作することも可能。
 なお,当時普及しつつあったイジェクション・ポッド機能が本機に装備されていたかどうかは定かではない。

増加ブースター・ユニット

 フルドドは,ヘイズル・ラー時同様に後部にギャプランと同型の増加ブースターを装着する事が可能である。

 武装

ロング・ブレード・ライフル

 2機のフルドドの装備を連装で装着することとなる。

ビーム・ライフル兼ビーム・サーベル

 クロー・ウイング・ユニットに内蔵された装備。
 2機分搭載される。

ビーム砲

 ノーズ複合センサー・ユニットに内蔵された装備。
 2機分搭載される。

 概要

 FF-X29A《Gパーツ[フルドド]》(その運用上,単に「フルドド」と呼称されることがほとんどである)は,ティターンズの試験運用部隊T3部隊に配備されたモビルスーツ用強化パーツ(支援機)である。

 フルドドは,かつて一年戦争当時,RX-78《ガンダム》のパワーアップ用パーツとして用意されたG-P.A.R.T.S.《Gファイター》の系譜に位置する機体で,Gファイターの前後(AパーツおよびBパーツ)をガンダムの強化パーツとして運用可能であったように,フルドドもRX-121《ガンダムTR-1[ヘイズル]》の強化パーツとして運用可能な機体として開発された。
 元来,フルドドの開発コンセプトとしては,高い機動力と火力を有する新型のモビルスーツに対して,既に配備されているモビルスーツを対抗可能なレベルまで性能の底上げを行うための強化パーツとしての位置づけであり,これがGファイター(Gパーツ)としてのコンセプトと同じであった,ということなのである。(なお,グリプス戦役期には,アナハイム・エレクトロニクスによって,同様のコンセプトで,FXA-05D《Gディフェンサー》が開発されているが,これも既存機であるRX-178《ガンダムMk-供佞寮能底上げがコンセプトであり,両軍とも似たようなコンセプトに行き着くのは,この時代のモビルスーツの進化が,それだけ急速であったということも意味している。)

 フルドドは,Gファイターのコンセプトを継承した機体であるため,コクピットを有した支援機としても運用可能である。しかしながら,Gファイターのように,戦場での換装を前提としたものではなく,あくまでも母艦や基地施設での換装を前提とした機体である。(モビルスーツに装着した場合,基本的には「フルアーマーパーツ」同様の強化装備でしかなく,損壊した部分をパージするという運用法しか選択できない。)
 実は,フルドド本体にもその前提は当てはまり,フルドドという機体そのものが,コクピットブロックに,ノーズ・センサー・ユニット,ウイング・ユニット,ロング・ブレード・ライフルといったパーツを接合することで構成された機体なのである。
 このため,各パーツは接合用のジョイントに柔軟に接合することが可能で,フルドドそのものを複数機組み合わせることも可能である。

Gアーマー形態

 フルドドは,単機での運用のみならず,2機を接続することでさらに機能を強化することもできる。接続・拡張が容易なのは,フルドドを構成する各々のパーツが極度にユニット化され,接続部にムーバブル・フレーム技術を応用したエネルギー・サプライ・システムを利用しているためである。
 本機「モビルアーマー形態」は,2機のフルドドを接合したもので,モビルアーマーに近い機体特性を発揮するため,このように名付けられた。

 機体は,1号機(上側)にスラスター・ウイング・ユニット2基を,2号機(下側)にクロー・ウイング・ユニット2基を装備し,主にクロー・ウイング・ユニットを使用して戦闘を行う。
 1号機,2号機それぞれにパイロットが搭乗しているが,分離を考慮しない場合,1名でも運用が可能である。(なお,この形態で運用する場合,1号機,2号機それぞれの形態での分離・合体は可能で,フルドドを用いた形態の中では特殊な事例に相当する。)

 このモビルアーマー形態に,ORX-005ギャプラン専用ブースターを装着した形態をGアーマー形態と呼称する。
 そのまま1号機(Gトップ),2号機(Gベース)に分離・合体が可能であり,分離した場合ガンダムTR-1[ヘイズル]と合わせて3機小隊として運用される。
 なおコックピット・ブロックの向きに合わせてギャプラン専用ブースターは上下逆に装着されるため,ギャプランのブースター装着形態とは見た目の印象が異なって見えることとなる。

 引用


 備考

形態の違いについて(ギムG氏メモ)

 藤岡建機氏の設定メモでは「フルドドGアーマー:モビルアーマー形態」という書かれ方をしており、ギャプラン専用ブースターを装着した形態が正式なモビルアーマー形態かのように判別できるが、カラー設定画稿(これも正式にモビルアーマー形態と呼称されてはいないが)がギャプラン専用ブースターを装備していないこと、ギャプラン専用ブースターを装備した形態からさらにGトップ形態、Gベース形態に分離することなどから、ここではギャプラン専用ブースターの有無でGアーマー形態とモビルアーマー形態とを区別した。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・AOZ]


最終更新時間:2015年12月20日 14時56分01秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注