トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔FF-6〕TINコッド(TRIAL PRODUCT TYPE)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔FF-6〕TINコッド]]
!!!TINコッド(TRIAL PRODUCT TYPE/試作タイプ)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,FF-6
,兵器区分,高々度邀撃機
,所属,地球連邦軍
,パイロット,連邦兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,MSV
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,-
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
,推進器,デュアルターボ式ジェットエンジン
,黒歴史コード,01-9448532
!!武装
!25mm マシンガン x4
!対空ミサイル
!!概要
 FF-6《TINコッド》は,地球連邦軍が開発・配備した小型戦闘機である。
 連邦軍の主力機として開発されたFF-3《セイバーフィッシュ》は,諸問題から空軍と宇宙軍の歩調が合わず,同一機を運用しながらも高コストかつ運用の制限も多いと,実に使いづらい機体となってしまっていた。
 空軍としては,高価格なセイバーフィッシュの担う領域のいくつかを,単機能かつ低コストな代替機に担わせることを考え,複数の局地防空用戦闘機の開発を進めている。(逆に言えば,そうした状況に陥るほど,セイバーフィッシュの運用には問題が発生していたということになる。)

 本機,TINコッドは,邀撃任務を主眼において開発された機体で,特に空戦能力の特化を想定した機体である。
 光ファイバーケーブルを使用した操舵機構,フライ・バイ・ライト(FBL)方式は完全に進化の頂点に達しており,高性能のCCV機能と相まって高い空戦能力を獲得したTINコッドは,ローコスト機として開発されたにもかかわらず,空軍の主力たり得たのである。
 一方で,本機の問題点とされたのがその機体サイズの小ささに起因する燃料搭載量と武器搭載量の少なさであった。とはいえ,本機の主任務からすれば,複数機によるローテーションが実現できる限り,大きな問題ではなく,逆に小型故に被弾率も低い点など,メリットによって相殺されたのである。
 残念ながら,モビルスーツに対抗するには力不足は否めなかったが,防空戦闘機としての能力は高く評価されており,後年,後継たる《TINコッド供佞配備されるなど,地球の空の防衛に大きな役割を果たした機体である。

 なお,本機を開発したハービック社は,この機体で得られたデータを基に,RXモビルスーツのコア・ユニットである,FF-X7《コア・ファイター》の開発にも参加している。
!!引用

!!備考
 TINコッドの初期稿を転用したもの。
 MSVコレクションファイルにて定義された。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・F}}
{{category モビルスーツ・MSV}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。