トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔FA-78-2〕ヘビーガンダム2号機

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ヘビーガンダム2号機

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号FA-78-2
兵器区分汎用多目的型試作重モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット不明
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品MSV-R
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.4m
本体重量Unknown
全備重量52.2t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質ルナチタニウム合金

 武装

キャノン砲

ビームサーベル

フレーム・ランチャー(ヘビー・ランチャー)

 概要

 FA-78-2《ヘビーガンダム》は,一年戦争当時,地球連邦軍が開発を進めていたモビルスーツである。ヘビーガンダムは,RX-78《ガンダム》の強化型モビルスーツとしてプランニングされた機体であるが,その型式が示すように「FSWS計画」の一環として考案されたものであり,開発計画の根底には,FA-78-1《ガンダム・フルアーマータイプ》の存在がある。
 従って,フルアーマーそのものがその存在を疑われている状況と同じく,本機もまたその存在に関する情報は混沌としており,はっきりしたことが判っていない部分も多い。

 FA-78-1が,ガンダム本体に増加装甲を追加する事で,その装甲と武装を強化するというプランであったのに対して,第2試案として提示されたFA-78-2では,ガンダム本体を強化するという発想で開発が進められており,特にAパーツ(上半身)と脚部にその改修点は集中している。
 実は,この点がFA-78-1とFA-78-2の最大の相違点なのである。すなわち,前者はあくまでもRX-78本体に対して追加装備を行うことによる強化プランであるのに対して,後者はRX-78を強化した新しい機体である,という根本的な部分での違いである。

 元々ガンダムはスペック的にかなり余裕のある設計であったが,実際の運用によって様々な問題点が露呈してきていた。実機を最も運用したホワイトベース隊の機体では,その反応速度が問題となっており,新技術であるマグネット・コーティングが施されたが,その他の機体でも同様に様々な問題点が発生していたのである。
 特に装甲の問題点は,FSWS計画において重要な争点のひとつとなっており,本機もまたこの問題点に対するひとつの解答として提示されたものなのである。

 また,本機はもう一つの要素がプランニングに際して提示されていた。
 それは,ガンダムにおけるGパーツやガンペリーに相当する支援機も含めた形でのいわば運用プランまで含めた計画だったのである。(なお,この輸送機は「ガンキャリー」と命名され,FA-78-2のみならず,FA-78-1の運用に際しても使用可能な形で設計が進んでいたと言われている。)

 さて,FA-78-2は,FSWS計画におけるRX-78の強化機であったFA-78-1とは異なったプランであることは先述したが,この点はひとつの疑問点を生じさせる。すなわち,「何故FSWS計画プランでわざわざ新造のガンダムタイプが用意されたのであろうか?」という点である。
 この点については,未だ明確な資料は開示されていないが,いくつか推測は可能である。
 FSWS計画は,当初プランとして提示された時点で,既に残存するRX-78タイプ(すなわち,増加装甲を装着可能な機体)が少数しか存在しない状況であった。少なくとも,計画立案の時点では実機として運用されていたのは,2号機と3号機のみだったのである。
 また,後年明らかとなった様々な資料から,FA-78-1そのものにも複数のプランがあり,シミュレーション上のデータではあったが,3号機用プランそのものも存在していたことが確認されている。
 つまり,FA-78-1の活躍想像図として提示されている資料[1]は,少なくともRX-78の増産が前提であったということが言えるのである。

 この点から,軽装型のRX-78の増産に加え,増加装甲システムを生産するFA-78-1プランと,改良した本体の重装甲型モビルスーツとしての生産プランであるFA-78-2の2種のプランだったというのが,FSWS計画の真相だったのではないだろうか。(一方で,RX-78をベースに次世代機や局地戦機を開発するといったプランが,いわゆるセカンドロットプランであったものと考えられる。)

特徴

 本体各部は,ベースとなるRX-78以上の重装甲となり,胴体部はFA-78-1の装甲パターンをそのまま本体最終装甲となる形に変更している。同様に,脚部,腕部も大幅な装甲強化を受けており,そのための重量増加をスラスタの強化を行うことで対処している。そのため,基本的な外形こそRX-78に準ずるが,そのボディは一回り太く見え,非常に重厚感があるシルエットとなる。
 各部デバイスもRX-78,FA-78-1に準じているが,頭部カメラアイは,一般的なガンダム顔ではなく,ツインアイがゴーグルタイプのセンサーアイに変更されている。

 武装はFA-78-1に準ずるが,FA-78-1では撤廃されたビームサーベルが標準兵装で残っており,接近戦にも対応している。また,2連ビームライフルは腕部に一体化していたため扱いにくいだろうということで専用の大型フレームランチャーが用意された。このフレームランチャーは,腕部に一体化する形で運用を行うが,切り離しが容易であり近接戦闘に移る際に直ちに切り離しが可能であった。
 背部には,ロケットランチャーが装備されており,これも基本部分はFA-78-1からの流用である。

 本機は,FA-78-2の2号機とされる機体である。

 引用


 備考

設定について

 ヘビーガンダムの設定に関してはMS-Xという出自の問題もあり,明らかになっていない部分も多い。特に,前段階であるFA-78-1が机上プランであったという流れから,その後継プランが存在するのか,という基本的な問題点も存在しており,資料によって様々な解釈がなされている状態である。
 現時点で,最も無難な解釈としては,ガンダムエース 2010/05などに掲載の「火力を増強する(FSWSの)第2試案」という解釈であろう。これならば,FA-78-1が実現して無くても,FA-78-2の存在に問題はなくなるためである。

 なお,MSVコレクションファイル宇宙編(ホビージャパン)では,0079年11月に廃案と(同様にGジェネポータブルでも「破棄」)されているが,「テスト段階では高い成績を残したが実戦投入前に終戦」(データコレクション一年戦争外伝3),「極秘裏に進行した末に完成した機体」(ガンプラジェネレーション),「ア・バオア・クー配備」(MSV戦機等)といった記述(や描写)も見られる。他に「戦後ジオン共和国に配備」(ガンダムエース2010年5月号)といった記述もみられる。
 なお,MS-Xでは,パイロットがあてがわれ,配備されている機体として扱われる予定であり,終戦間際,あるいは戦後すぐに本機が運用されたということになる。(なお,MS-Xには,明らかになっていない部分が多くあるため,詳細が分かった時点で変更になる部分も多いと思われる。)
 これらから考慮するに,残存するRX-78タイプ用増加装甲というコンセプトのFA-78-1よりも,Aパーツや脚部の改装した新造機であるFA-78-2の方が終戦間際の混沌とした状況下では実現する可能性は高く,MSV-Rにて設定された2号機をはじめ,これからこれらを利用した作品が登場する可能性は高いと思われる。

 なお,没企画であるはずのMS-Xの登場機であるヘビーガンダムがこれだけ認知された最大の理由は,やはり,プラモ狂四郎に登場した,ということであろう。
 狂四郎では,オリジナルガンダムとしてパーフェクトガンダムが登場したが,同供文紊離侫襯◆璽沺次法て鵜掘淵譽奪疋Εーリア)と続いた後,サッキー竹田との決戦で使用した機体がヘビーガンダムだったのである。
 このため,当時のコミックボンボン読者(MS-Xの出自を知る読者)はともかく,単行本で読んでいる層や,その後に知った層などからすると,狂四郎オリジナルに近いイメージを持ってしまわれがちで,結果として広まってしまったともいうことができる。

バリエーションについて

 テレビマガジン1984年9月号では折り込みポスターに2機のヘビーガンダムが描かれている。1機は,現在我々がよく見る画稿に近い配色のものだが,ベースカラーがダークブラウンではなくダークグレー系で一部の塗装パターンが異なる。もう1機がホワイトを基調にした機体となっている。(ホワイト版は他にコミックボンボン1984年7月号にも掲載。)
 当初は,本Wikiではこれらを1号機,2号機といった解釈を行っていたが,MSV-Rで2号機が登場(カラーリングパターンは,実はこのポスターの機体とほぼ同じである)したことから,ホワイトをベースとした機体が,1号機(この場合,塗装替えが行われている)または3号機に相当する可能性がでてきた。この解釈だと,2号機は,一般的な形状でロールアウトした後,小改造をほどこされたことになる。
 なお,ホワイト版については,別項を起こす可能性もある。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・MSV-R]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月06日 20時39分01秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ボックスアートなど