トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔FA-78-1〕フルアーマーガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

フルアーマーガンダム / ガンダムフルアーマータイプ
ガンダム増加装甲試験型

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号FA-78-1
兵器区分汎用増加装甲装備型試作モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロットハインツ・ベア
製作データ
デザイナーベースデザイン:小田雅弘
フィニッシュ:大河原邦男
初出作品MSV
参考文献1/144ガンダムフルアーマータイプ インストラクションほか

 スペック

項目内容
全高19.5m
頭頂高18.5m
本体重量62.5t
全備重量93.1t
重量74.3t[1]
ジェネレータ出力1380kw
スラスタ推力60500kg
装甲材質ルナチタニウム合金
黒歴史コード04-7954392

サブスラスター

 重装甲化によって低下した機動力を補うために脚部には補助推進装置が装備されている。

増加装甲

  • 肩アーマー
  • 2連装ビーム・ライフル/シールド
  • ディフェンスプレート/予備砲身接続具
  • 胸アーマー
  • 腰アーマー
  • 脚部増加装甲
  • 足アーマー
  • 追加バックパック

 武装

 FSWS計画によって考案された本機は,RX-78に増加装甲,固定兵装,補助推進装置を設けることにより,RX-78 1機あたりの攻撃力を戦艦一隻分まで引き上げるというものであった。戦艦一隻分の攻撃力と同等まで引き上げること目的とされた本機の固定兵装は,背部に可動式の5連装360mmロケット砲と,それを管制する照準デバイス,スラスターシステムなどが一体化したランドセルを装着し,右腕に2連装ビーム・ライフル(ビーム・ガン)を有する。

60mm頭部バルカン

背部360mm ロケット砲

 大口径の実弾発射システム。

2連装ビームライフル x1

 当時のMSの傾向兵器では破格の火力を持つ。

ミサイルベイ(脚部)

 両膝アーマーのミサイル・ベイにはミサイルが2機ずつ装填されている。

ミサイルベイ(胸部)

 胸部装甲に内装されたミサイル・ベイには合わせて6機の弾頭が配されている。

シールド

 2連装ビーム・ライフルの予備砲身を装備[2]

 概要

 地球連邦軍の開発したモビルスーツ。厳密に言えば,モビルスーツ本体ではなく,増加装甲を含めたモビルスーツの運用パッケージのひとつである。

 V作戦において完成したRXモビルスーツは,RGM-79《ジム》の量産をもってひとつの成果を上げることができた。公国軍のモビルスーツに対して少なくとも対等の性能を持ったモビルスーツを配備することが可能となったため,戦力的なバランスを取り戻すことができたのである。
 その一方で,ひとつの兵器が完成すると「次」の段階が必要となる。公国軍は従来型のMS-06《ザク供佞鮴能的に上回る次世代のモビルスーツの開発を進めており,連邦軍といえども「次」を開発する必要があったのである。
 また,同時にモビルスーツの運用がスタートすると,様々な改善要求がなされることとなった。特に,RX-78は次世代のモビルスーツ開発のための雛形としての意味合いも持たされていたため,既に完成していた8機のRX-78の内,RGM-79開発の母体となっていた5機をベースとした改装プラン,RX-78-2として固まった標準としてのRX-78のプランを元に若干生産されたRX-79型をベースとした改良プランが同時に進行することとなったのである。
 本機,FA-78-1は,これらのプランとは別に提案されたもので,RX-78という機体そのものを改装するのではなく,増加兵装を装着することで1機あたりの攻撃能力を戦艦クラスへ引き上げることを目的としたものである[3]

 RX-78の強化プランとして提示されたFSWS計画(フルアーマーシステム&ウエポンシステムまたはフェデラルスーツ・ウェポンシステムとの2つの説がある)では,いくつかのプランが提示されており,その中で最も実現性の高いプランがFA-78-1として承認されている[4]
 このプランでは,RX-78の上へさらに装甲パーツを設けるという兵器史上極めて珍しい発想でプランニングされ,比較的装甲使用度の高い部分(すなわち胸,肩,腕,脚,腰)にRGC-80の脚部同様に簡易装着型のパーツとして設計が進められた。
 無論,装甲の重量増加による機動性の低下は懸念されたが,RX-78は元々出力に余裕があった上,背部・脚部に追加スラスターを装着することで,機動性の低下を最低限に押さえ込んでいる。武装も強力な2連装ビームライフルを主武装とし,肩と膝にはミサイルベイが設けられ,背部にはロケット砲も装備され,高い攻撃力を確保することに成功している。

 こうしてプランニングされたFA-78-1であるが,一年戦争直後の情報公開では,いくつかの写真が公開されたのみで,プランそのものは実働寸前で終わったとされている。
 特に,公開された写真が複数のFA-78-1が写っているなど,当時の状況からして実際に撮影されたものであるか怪しいものが多かったため,FA-78-1そのものも存在せず,写真は全てCGによるダミーであるという説が根強かった。(何しろ,当時公開された資料では「唯一のRX-78」はア・バオア・クー攻防戦で失われており,その時点でフルアーマーパーツは装着されていないことが確認されていたのである。)
 しかし,その後の資料開示によって,FA-78-1タイプの存在については確定の方向性へと変化してきている。

 一例を挙げれば,ソロモン攻略戦直後に起きたサイド6沖遭遇戦へ実戦投入されたとする説がある。他に,ジャブロー攻防戦において青い装甲のFA-78-1が進入してきた公国軍機と交戦したという記録も存在する。また,戦後にジオン軍残党掃討戦用に同機が実戦配備されたらしいという説も存在する。
 同様に,一年戦争当時,本機を乗機としたとされるパイロットの資料も数多く確認されており,ハインツ・ベアは,最も多く取り上げられるパイロットである。

 いずれにせよ,少なくとも「戦後」までに本機(実機)が実働したという状況については,否定することが困難になってきているということはできるだろう。

 引用

ガンダム占い0079〜0080

 存在そのものが戦時中の最高機密であり,一年戦争終結1年後まで公表されなかったMSがフルアーマー・ガンダムである。ただ,固定武装や補助推進装置を設けた増加装甲をRX-78に付加するプランを基に製作されたといわれているが,実機は確認されていない。戦艦クラスの攻撃力を有するとして写真が公開されたが,実際にはその写真は連邦軍が広報目的に製作したものとする専門家が多数を占めている。

 備考

登場の経緯

 元々は,プラモ狂四郎に登場したパーフェクトガンダムをMSVとして展開するためにリデザインされた物である。
 MSVは,既存のザクバリエーションなどに関しては,模型分野で人気がでた人たちには受けが良かったのだが,低年齢層などに対する訴求力が弱く,これに対する方法論として,主人公メカであった「ガンダム」をパワーアップしたMSを投入するという手法が取られることとなったのである。
 このため,デザインそのものは見てもらうと判るようにパーフェクトガンダムの各パーツをそれらしい形にリファインしたものである。
 リファインは,小田雅弘氏によって行われ,これを大河原邦男氏がクリーンナップしたものが,現在知られているデザインとなのである。

 さらにこのフルアーマーガンダムが,プラモデル展開に合わせ,プラモ狂四郎に逆上陸する形で劇中に登場することとなる。連載時には,「ガンダム増加装甲システム装着型」という形でしか機体に関する情報が決定してなかったこともあり,劇中では「ストロング・ガンダム」と略され,後に単行本化された際に,改めてフルアーマーガンダムと記載された。
 フルアーマーガンダムは,そのストーリーの展開上,パーフェクトガンダムの欠点について克服した機体として登場しており,後にパーフェクトガンダム供覆△襪い蓮ぅ僉璽侫ДトガンダムMk-供砲箸盡鴇里気譴襪茲Δ砲覆辰拭

装備について

 MSVの発表当時から,武装としてミサイルベイの存在は明記されていたが,この詳細が設定されたのは,MSV-Rにおいてである。

その他

 設定上は,増加装甲のパージは可能である為,ギレンの野望では,パージ後の機体もデータ化されている。
 これに関しては,基本的にRX-78と同型である為,項目は省略する。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・MSV]
[モビルスーツ・MSV戦記]


最終更新時間:2018年06月17日 15時37分41秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士付属実写シール
  • [2]GFF版/リニューアル版BB戦士で採り入れられたギミック。
  • [3]この点に注意が必要である。他のプランはほとんどがRX-78そのものを改装することを前提としている。つまり,改良することを前提としたものである。(ヘビーガンダム等は,改装前提のプランである。)一方,フルアーマーガンダムに関しては,既存のRX-78の攻撃力を引き上げるプランであり,本体の改装を必要としないのである。このため,この兵装がアムロ機用でないことを考慮すると,RX-78-2仕様の機体が,多数生産されていた,又は,生産される予定であったことを伺わせていることが分かる。
  • [4]ちなみにFSWSにおいてプランニングされた機体の総称を「ガンダムフルアーマータイプ」とし,FA-78-1を「フルアーマーガンダム」と呼称するという考え方がマスターグレードで提示されているが,フルアーマーガンダムという呼称そのものが元々は俗称である。