トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔F90V〕ガンダムF90競凜Д好弌

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムF90競凜Д好弌

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号F90V
兵器区分装備換装型モビルスーツ新型火器試験仕様
所属サナリィ,(地球連邦軍)
パイロット不明
製作データ
デザイナー大河原邦男[1]
初出作品機動戦士ガンダムF90
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

ハードポイント装備
左肩放熱フィン
右肩放熱フィン
右腕無し
左腕ビームシールド
フロントスカート
サイドスカート
右足放熱フィン
左足放熱フィン
ウエポンラック-

 武装

60mmバルカン

VSBR

メガガトリングガン

ビーム・サーベル

ビーム・ライフル

 概要

 ガンダムF90のオプションアーマメントのひとつVタイプを装備した状態が,F90V《ガンダムF90ヴェスバー》である。Vタイプは,「VSBR(Variable Speed Beam Rifle)」の略称で,次世代のモビルスーツの主力兵器として開発が進められていた新型ビーム兵器の開発テストを行うための仕様であり,より実験機としての側面の強い装備となっている。
 この仕様はF91の為のプロトタイプともいえるものであり,実際,テストによって得られたデータは,そのままF91に生かされている。

 V装備オプションは,そのコードの由来となった,ヴェスバーと新型防御兵装となるビームシールド,各ハードポイントに設置する放熱フィン兼スタビライザーからなる。これは,本装備が抱える問題点からこの様な形態になったものである。

 元来,F90のミッションパックは,様々な装備を混在させて運用することが可能な設計となっている。(逆に言えば,F91の様な単一オプション装備から発展した機体は,あくまで量産向けの機体ということができるのだが…。)
 だが,V装備に関しては,基本的にV装備のみの単一装備が前提となっているのである。これは新型兵装の試験というV装備の目的そのものが,機体そのものにかける負荷が大きいためである。
 装備されている放熱フィンは,もともと「F90という機体」そのものからすれば,想定外の装備であり,それだけ本装備を稼動させるには厳しい条件があるということなのである。
 実際,本装備では通常のF90時とは異なった大出力新型ジェネレーターが搭載されており,このジェネレーターそのものが,まだまだ問題点を解消しきれておらず,特に限界作動時の放熱処理は,機体そのものの稼動を妨げるほどのものであった。(ちなみにこの新型ジェネレーターは,通常のF90のジェネレーターをバックパックごと換装するものであり,仮にF90がV装備をパージしても,機体に残る形となってしまう。そのため,本装備において放熱フィンは,どうしても欠かせないものなのである。)

 ビームシールドは,ヴェスバーとは異なり,他の装備でも運用は可能だが,ジェネレーター出力の問題は残り,他の運用装備では長時間展開する事ができない。
また,V装備であっても,機体のコンディションによっては,均一なシールドが展開できないという問題を抱えている。

 本オプションは,宇宙世紀0112年2月に大気圏突入装備であるP装備とともにロールアウト(一説には,同時にLタイプもロールアウトしたとされる)しており,比較的早い時期から試験が行われたミッションパックのひとつである。逆に言えば,F91のロールアウトが宇宙世紀0116年と4年後であることから,F91の設計期間を考えると理論面は比較的早くから完成されていたものと思われる。
 また,先に記した様々な問題から,ロールアウト後も長いスパンで改良が続けられたものと考えられるのである。

 引用

HobbyJapan 1993/03

F90V(新型火器試験仕様)
 すでにF91において標準装備されているVSBR(Variable Speed Beam Rifle / ヴェスバー)のテストベッドとして作られたミッションパックがV型である。
 当初F90宜羌,捻人兒邯海行われ,その後F91へと開発が進んだわけだが,その後改修された2号機でも使用されている。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・F90]


最終更新時間:2015年08月06日 15時23分42秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]厳密には画稿無し。