トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔F90〕ガンダムF90(2号機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムF90(2号機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号F90 / F90・02[1] / F90[2]
兵器区分装備換装多機能型試作モビルスーツ
所属地球連邦軍(サナリィ)
パイロットシド・アンバー
(ボッシュ[3]
(ナナ・タチバナ[4]
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダムF90[5]
参考文献1/100 ガンダムF90A/D/S装備 インストラクション
GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高14.8m[6]
本体重量7.5t[7]
全装重量17.8t[8]
ジェネレータ出力3160kw[9]
スラスタ推力27510kg x2,9870kg x2
スラスタ総推力74760kg[10]
スラスタ総推力74750kg[11]
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
アポジモーター数51
ハードポイント数11
ウェポンラック数1
推力重量比4.20
黒歴史コード07-4291041
製造サナリィ

※スペックは1号機のもの

 武装

60mmバルカン

ビーム・サーベル

ビーム・ライフル

ビーム・バズーカ

 概要

 ガンダムF90は,連邦軍の次世代モビルスーツ開発コンベンションに投入するために開発されたサナリィ製の試作モビルスーツ(実験機)である。開発チームの編成を行った技術担当重役であるジョブ・ジョンの一年戦争時の所属部隊に存在したRX-78型の戦果にあやかってガンダムF90と命名された。(ただし,公式の機体名称はあくまで「F90」であり,ガンダムF90という呼称は,愛称として用いられたものである[12]。)

 F90の2号機は,U.C.0111年に1号機とともにロールアウト(ロールアウト年については異説もある)し,サナリィにおいて様々なデータ収集に用いられている。
 機体形状は,1号機と変わらないが,搭載コンピュータがC・A(タイプC.A.掘砲吠儿垢気譴討り,機動性重視の調整が施されている。(ちなみに,1号機は安定性重視。)
 特徴的なのは,機体のカラーリングがいわゆるティターンズカラーに近いことで,サナリィ側の思惑としては単に2機の識別をしやすくする為であったのだろうが,皮肉にもかつてティターンズカラーで塗装されていたガンダム〜RX-178《ガンダムMk-供嫺瑛諭に楜,魯ールズモビル動乱において,オールズモビルに奪取されてしまうことになる。

 その後,オールズモビルによって独自の改修が施され,皮肉にも1号機と対峙することとなった。この戦闘で大破し,改修された後,再び運用試験にまわされることとなった。

 引用

GUNDAM WAR 覇王の紋章 連邦 U-272

 第13実験船団に配備された試作MS。操縦補助システムとして擬似人格コンピュータ「C・A」を実験的に搭載している。オールズモビルの襲撃時,機体の不調から強奪の憂き目にあっている。

 備考

デザインについて

 F90の2号機については,初出そのものは「機動戦士ガンダムF90」であるが,その画稿の詳細が明らかとなったのは,Bクラブ71号である。
 漫画版では特に1号機と大差ないように見受けられたが,実際にはいわゆるティターンズカラーに近い濃紺であった。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・F90]


最終更新時間:2015年03月14日 22時18分06秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1号機2号機の差別化のために用いられるもので,厳密に言えば型式番号ではない。
  • [2]改装後の2号機との差別化のために用いられるもの。
  • [3]改装後(OMS-90R)
  • [4]改装後(F90供
  • [5]画稿初出は,B-CLUB 071
  • [6]SFCゲーム取扱説明書
  • [7]SFCゲーム取扱説明書
  • [8]SFCゲーム取扱説明書
  • [9]SFCゲーム取扱説明書
  • [10]SFCゲーム取扱説明書
  • [11]機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑
  • [12] アナハイム・エレクトロニクスの重役は,軍事情報誌MSジャーナルの記者に対して,「この機体をあまりガンダムと呼んで欲しくない」旨の発言をしており,一年戦争後の「ガンダムタイプ」を建造したアナハイム社の意地の様な発言であり,F90があくまで正式名として「F90」となっているのは,アナハイム社に対する配慮もあるものと思われる。