トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔F90〕ガンダムF90

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムF90(1号機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号F90 / F90・01[1] / F90[2]
兵器区分装備換装多機能型試作モビルスーツ
汎用多目的型試作モビルスーツ
所属地球連邦軍(サナリィ)
パイロットベルフ・スクレット
デフ・スタリオン
ウェスバー(F戦記漫画版)
ナナ・タチバナ(クライマックスUC)
ミノル・スズキ(鋼鉄の七人)
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダムF90
参考文献1/100 ガンダムF90A/D/S装備 インストラクション
GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高14.8m[3]
本体重量7.5t[4]
全装重量17.8t[5]
ジェネレータ出力3160kw[6]
スラスタ推力27510kg x2,9870kg x2
スラスタ総推力74760kg[7]
スラスタ総推力74750kg[8]
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
アポジモーター数51
ハードポイント数11
ウェポンラック数1
推力重量比4.20
黒歴史コード07-2227132
製造サナリィ

頭部

 かつて一年戦争を戦った伝説のRX-78《ガンダム》に酷似した意匠を持つ。
 これは,一年戦争当時にそのホワイトベースに乗艦していた本機の開発関係者ジョブ・ジョンによる意向だとも言われる。

コックピットブロック

 基本的には従来のモビルスーツと同様に全天周囲モニターを採用しているが,機体サイズの小型化に伴い,よりコンパクトにまとめられている。
 なお,実験機ゆえ各種パネル類のレイアウトは仮配置であり,必要に応じて変更されている。

F90の装甲

 装甲材そのものは,従来のガンダリウム合金とセラミックスによる複合材であるが,これにも新技術が投入されている。
 F90の装甲は,ヤシマ技研が開発した金属中に発生させたミノフスキー立方格子にそって異種結晶化結合を成長させるマイクロハニカム構造で構成されており,従来の無格子欠陥金属以上の強度があり,1/3の装甲厚で従来の装甲と同等の強度を得ている。

F90のコスト

 F90は,あくまでも次世代機開発のための実験機である。
 すなわち,量産を前提としたモデルではなく,機体の各部は全てワンオフ,あるいはそれに近いものとなっている。
 一説には,F90本体のコストは,RGM-109《ヘビーガン》約30機分[9]とも言われており,極めて莫大なコストが掛かっていることがわかる。
 また,一部オプションは,F90本体と同額にもなるような高価格のものも存在[10]する。
 これらは,実際に量産される場合には,整理の上,コスト構造の見直しも行われると思われる。

ミッションパック

 F90には各所にハードポイント(オプション接合用ラッチ)が設置されており,これらには様々な装備を接合することができる。
 このハードポイントは,従来のモビルスーツに用意されていたいわゆるマウントラッチとは異なり,接合した様々な装備を自動的に認識し,これに適合した操作が可能なようになっている。すなわち,オプションを含めて当初からひとつのモビルスーツであったかのような一体化が可能なのである。

 F90の場合,これら各ハードポイントに接合するオプションを一つのセットとして見なし,これらをミッションパックと呼称する。
 ミッションパックは,それぞれの用途に応じたパッケージとなっており,A〜Zのアルファベットを冠した26種類(一説には27種類とも)がプランニングされ,実際にいくつかは建造,試験が行われている。
 また,ミッションパックの各部装備は,必要に応じて混在させることも可能で,各々の装備のデータがF90本体においてデータ統合され,最適な運用条件が提示される状況となっている。
 以下に示す表は,初期に建造されたA/D/S装備の各ハードポイントごとの装着パーツ一覧である。これらは,各部に装着されるが,いずれのデータもハードポイントを通して,F90本体へと接続データがもたらされている。
 なお,オールズモビル動乱に際して,1号機は火星で運用されているが,この際に実際に各兵装を混在させた装備が確認されている[11]

ARMAMENT
HARD POINTSUB TYPE
F90AF90DF90S
BACK PACKAIRBONE MANEUVRING UNIT
(CANNONx2 & GUNx2)
(MINOWSKI CRAFT)
SPARE SHIELDMEGABEAM CANNON(2)
SHOULDERGREHADE RACK(4shot x2)
ARMPROPERANT STRAGE(6tx2)ROCET BARRAGE PACK(5shot x2)ARMAMENT CLUSTER(2MISSILE/4GUN x2)
WAIST (Front)M.S CRACKER(2)SUPPLEMENT SIGHITING CLUSTER
WAIST (Side)SPAR AMMUMTIONPACK(BEAMBAZOOKA & LIFLE)SPARE AMMUMTIONPACK(2tor BEAMLIFLE)GENERATOR BANK for ARMAMENT CLUSTER
WAIST (Back)MEGABEAM BAZOOKAMULTlBARRELED MACHINEGUN PACKSUPPORT JACK ARM(arms)
LEGPROPERANT STRAGE(17tx2)BOOST MOTOR PACK(2)INTELLIGENT STAHD-OFF MISSILE(2)

 武装

60mmバルカン

ビーム・サーベル

ビーム・ライフル

ビーム・バズーカ

 概要

 ガンダムF90は,連邦軍の次世代モビルスーツ開発コンベンションに投入するために開発されたサナリィ製の試作モビルスーツ(実験機)である。開発チームの編成を行った技術担当重役であるジョブ・ジョンの一年戦争時の所属部隊に存在したRX-78型の戦果にあやかってガンダムF90と命名された。(ただし,公式の機体名称はあくまで「F90」であり,ガンダムF90という呼称は,愛称として用いられたものである[12]。)

 U.C.0090頃に大型化し,その維持に莫大な費用がかかるようになったモビルスーツを小型化し,運用コストを下げるのはU.C.0100頃の地球連邦軍においてかなり重要な懸案であった。(何しろ,試作機とはいえ,主力モビルスーツであったRX-93やRX-94型はその頭頂高が23mほどあり,一年戦争当時のモビルスーツと比較して20%余り大型化していたのである。この結果,当時まだ現役であったサラミス級では運用ができないという問題が生じていたのである。)
 グリプス戦役期以降のMSの急速な発展・強化は,その結果として,モビルスーツ本体の巨大化をもたらし,運用艦船,運用設備,その全てがモビルスーツにあわせ巨大化した結果,新型機が開発されるたびにそのコストは大きな問題となっていたためで,第2次ネオ・ジオン戦争以降,大規模な戦闘が起こっていなかったこともあり,この膨大な費用は連邦軍の屋台骨を揺るがしかねない問題となった。
 この問題を解決する為に,連邦軍が次世代モビルスーツを開発する上で,もっとも重要な条件としたのがモビルスーツの小型化と性能の維持であった。

 その命題を解決すべく開発されたサナリィの小型モビルスーツ第1号が本機である。
 連邦軍が運用していたRGM-109《ヘビーガン》は,あくまで「連邦軍の要求を満たすためにRGM-89《ジェガン》を無理矢理小型化」した機体でしかなかった。
 このため,すぐに次世代の主力モビルスーツの開発計画が発注されている。(ただし,コスト面からの問題もあり,RGM-109は結果的に長く使用されることとなる。)この主力小型モビルスーツ開発計画に対してサナリィが出した答えがF90なのである。

 F90は様々な用途のモビルスーツを開発するための実験機としての役割と,様々な実働データを得るためのプロトタイプとしての役割を持たされており,これまでの実験機や試作機と同列に考えることはできない。このため,従来の単に目的のデータが得られるかどうかの実験のためだけに建造された機体とは異なり,一通りの一般的運用が可能な形に設計されており,実際,F90は試作機(実験機)でありながらコンペティションにアナハイムから参加したMSA-0120とは比較にならない機体強度を誇ったのである。さらに,その時点で既に必要な実働データが豊富に存在したこともあり,連邦軍が次世代機のテストベッドとしてF90を採用することを決断する大きな要素となったのである。

 また,これだけの機体でありながら,MSA-0120と比較してF90はコスト面でも圧倒的有利にあった。それは,MSA-0120が「考えられるだけの最新の性能を持たせられた」のに対して,F90は「実用できる技術を搭載した」点にあるといえる。確かにMSA-0120は高性能であったが,連邦軍の量産兵器として採用するにはそのコストは馬鹿にできないほど大きかった。
 つまり,MSA-0120は,モビルスーツの巨大化によるコスト増大の減少を目的としたコンペティションには不似合いな機体であったということであり,仮に採用されたとしても量産化の暁にはその機能を大きくそぎ落とす必要が生じるのは明かであったのである。

 その一方で,F90は実用となるモビルスーツを開発することを目的とされており,(本体は高性能機である為多少のスペックダウンは必至としても)基本的にそのまま量産化しても実際に運用できる完成度を誇っていたのである。

 繰り返しになるが,本機がただの試作機や実験機ではないというのは,その運用を見れば明らかである。コンペティションに参加した際に,既に単体における実働データは一通りそろっており,さらに,オプションを装着した際の運用データも一部は既に収集済みであった。具体的に言えば,コンペティション直後にプランとして提出されたF70のデータは,既に量産可能なほどであり,これによって連邦軍は小型MSの次世代プランとしてサナリィ製のMSを採用するのを決定付けたといっても過言ではない。(ちなみにF70を開発する際のベースとなったのはSオプションである。また,同様にVオプションと本機の次世代型としての開発が進んだのがF91である。ただし,このF70プランも結果的にアナハイムが絡んだ為,これまでの連邦系MSと大差ない結果になっている。)

 なお,本機1号機は,後に改修された2号機との識別のために,F90機F90・01などと表記されることもある。

F90の機体構成

 F90の機体構成は,U.C.0090頃に起こったMSの先祖返り的なコンセプトをそのまま発展させたもので,基本的な構造は従前のムーバブル・フレーム搭載の第2世代MSから大きく変わることはない。むしろ,可変モビルスーツ時代に複雑化した構造を当初の第2世代機と同様な形に先祖返りさせたともいうことができる。
 また,基本的な装備も一年戦争時のMSの基本的な構造に近く,ライフルとシールドにバルカンとビームーベルを固定武装として装備するという,非常にオードソックスなものとなっている。
 これは,グリプス戦役期における第3世代以降の機体が,様々多機能化し,その結果大型化に向かったことに対するアンチテーゼであり,機体を小型化し,単位重量あたりのスラスタ推力などの向上によって,結果的に機動性などを向上させ,性能向上を目指すというコンセプトから来るのものである。

 だが,F90が優れていたのは,こういった「単体のMSとしての性能」だけではなく,元々のMSが持っていた万能性と汎用性,そして様々な局面に特化した性能という相反するコンセプトを,機体装備の換装で成し遂げていた点にある。しかも,その装備換装(ミッションパック装備)による運用形態は,本来その局面に向けて設計された局地戦用のMSに匹敵する,あるいは部分的に上回る性能を発揮可能なほど完成度が高いものとなっていたのである。
 実際,極めて初期にロールアウトしたミッションパックのうち,S(サポート)装備は,早くから量産化に向けた整理とブラッシュアップが進められ,F70として量産採用されている。(ただし,実際に量産されたのは,F71である。)

 これらミッションパックを装着する機体各所のハードポイントは11カ所にも及び,それらに各種ミッションパックを装着することで,全く異なった機体として運用するが可能である。本機,1号機にはA・R(タイプA.R.)と呼ばれる疑似人格コンピュータが搭載され,パイロットのコントロールを補助する。また,A・Rは,各ミッションパックのコントロールも行い,これによって各種ミッションパックが混在してもその運用は問題なく行えるようになるのである。

F90の生産数

 公式に建造されたとされるF90は3機が確認できる。
 一般的に「F90」として紹介される機体は,いわゆる1号機で,この機体が最も長期にわたって運用されたとも言われている。

 当初ロールアウトした機体は2機であり,この2機を用いて様々なデータ収集が行われている。また,後にロールアウトした3号機は,全く新しいミッションパックとシステムを導入したため,通常機とは異なる外観を持つこととなったが,基本的な機体構成には変化はなかった。
 なお,一部資料には,さらに別の機体が確認できるが,予備パーツから組み上げられた暫定的な機体だと思われる[13]

F90の運用

 F90の1号機は,U.C.0111年に2号機とともにロールアウト(ロールアウト年については異説もある)し,サナリィにおいて様々なデータ収集に用いられている。
 機体テストは,非常に長い期間にわたって行われ,U.C.0122時点でもいくつかのテスト項目が存在したようである。(おそらく,次世代に向けたミッションパックの開発が継続していたものと思われる。)

 しかし,U.C.0120年に蜂起したオールズモビルによって,同時にテストされていた2号機が奪取されてしまったため,1号機は2号機奪還の命を受けた第13独立機動艦隊の所属機としてデフ・スタリオン少尉によって運用されている。
 この際,オールズモビルによって改修された2号機と交戦し,頭部,左腕部などを損傷したもののこれを撃破,2号機と共に無事帰還している。
 その後,サナリィにおいて修復がなされ,再び運用試験にまわされている。

 U.C.0122年に勃発した第2次オールズモビル戦役では,ベルフ・スクレット少尉の手によって運用され,オールズモビル残党との戦闘に投入されている。この戦闘では,先の火星での戦闘時には完成していなかったミッションパックも投入されており,結果的に本機のデータ収集に大きな成果をあたえた。
 また,引き続いて勃発したコスモバビロニア建国戦争では,連邦軍の所属機としてナナ・タチバナによって運用されており,この際にはF91同様の高い攻撃力を備えたV装備として運用されている。

 その後は,サナリィ内部でモスボール状態にあったと推定されるが,U.C.0136年の木星帝国への長距離侵攻作戦でミノル・スズキによって運用され(この際はIタイプだった),戦闘中に大きく損傷し,ついにその役目を終えている。
 とはいえ,25年にわたる運用実績は,兵器としては十分過ぎるものであり,本機の設計がいかに優れていたかわかるだろう。

 引用

GUNDAM WAR 禁忌の胎動 連邦 U-256

 MS小型化計画の試作機としてサナリィが開発した機体。高出力・高機動の実現に加え,機体各所のハードポイントによる多彩なオプション装備を特徴とする。パイロットはデフ・スタリオン。

 備考

デザインについて

 F90は,本来テレビシリーズ用として企画されていた機動戦士ガンダムF91の没デザインがそのベースとなっている。元々,テレビシリーズとしての企画だったF91が,様々な理由から劇場公開作品に変更となり,それに合わせて公開時期が延期されたことから,つなぎのための企画として立ち上げられたものなのである。
 こうした理由から,デザインにかけられる時間が少なく,また,従来型デザインのモビルスーツから,F91の曲面中心の新しいタイプのデザインに対する橋渡しもあって,F91の没デザインが流用されたのである。
 また,そのデザインラインもF91の当初企画におけるMSのフォーマットに準じたものであり,これを公開されたF91の設定にすり寄らせる形でまとめられている。
 この基本デザインは,大河原邦男氏だが,1/100 ガンダムF90ADSのインスト内のイラストや設定は,藤田一巳氏の手になる物で,若干のディテール差違などが見られる。

F90の換装バリエーションについて

 F90の換装バリエーションに関しては,当初から26種存在するというコメント[14]が存在しており,A〜Zの26種というラインは確定的であった。(なお,1/100キットでは27種と記載されており,他のバリエーションの存在もにおわされている。)
 しかし,当初発表されたデザインは,A,D,SおよびH,Mであり,また,後に2号機と共に追加されたI,L,そして,画稿が発表されながらも撤回されたEを合わせ,8種しか公開されていない状態であった。
 また,B-CLUBでは,N型に関する記述が「Nタイプ(次期主力戦闘仕様)がF91に発展していった(B-CLUB 065)」という形で掲載され,EBスペシャルガンダム大鑑では,「F90タイプの量産機は兵装を試験するための試験機でもある。そしてその中にはニュータイプ実験機として開発されたものがある。」とこれをフォローするかのような記述も見られる。
 同様に「MSハンドブック シルエットフォーミュラ」の年表には,「UC0121/10/28 F90狭羌 げ修完了と同時にI・Jタイプのオプションも完成」という記述があり,Jタイプの記述を見ることができる。
 ところが,このJに関しても,当時は26種の概要が明らかではなかった為,誤植という解釈も多く,ガンダムエース 2004/09で26種の存在が明確化するまで,この流れは続いていた。なお,現在では当時のデータに最も忠実と思われる記述が,ガンプラファクトリーで確認することが出来る。(ガンプラファクトリーによると,デザインはすべて起こされたわけではない,ということになっている。)
 参考までに,以下にガンダムエースとガンプラファクトリーに記述されたミッションパックを一覧表にしておく。

TypeGUNDAM A 025Factory意味[15]
AAssaultA-Assault猛攻,強襲,突撃,暴行
BBombardB-Bombard爆撃
CColdnessC-Coldness寒冷地仕様
DDestroyD-Destory破壊,破滅,撲滅,駆逐
EElectronicE-Electronic電子戦
FFightF-Fight格闘戦
GGuardsG-Guards護衛
HHoverH-Hover陸戦
IInterceptorI-Interceptor迎撃,要撃
JJacketJ-Jacket増加装甲
KKeepK-Keep守備隊用
LLong rangeL-Long range長射程
MMarineM-Marine海の,海兵隊員
N<top secret>N-N(記載なし)
OOfficerO-Officer指揮官用
PPlungeP-Plunge突入
QQuickQ-Quick高機動,敏捷
RReconnoiterR-Reconnoiter偵察,調査
SSupportS-Support援護,支援,指示,援護,養護
TTracerT-Tracer追撃
UUp-liftU-Up-Lift大気圏離脱
VVSBRV-VSBRヴェスバー試験型
WWar birdW-War Bird飛行試験型
XXtra<armerment part>X-Xtra(未知の)番号外=アーマメントパーツ(Gアーマー)
YYoung ster<F90-No.3>Y-Young star(第二の未知)F90-3号機
ZZero<F0-No.1>Z-zero(第三の未知)F0-1号機
 なお,X/Y/Zは,いずれも「未知の機体」と定義されている。
 また,N装備に関しては,いずれも不明とされており,ネット等で流布されている「ニュータイプ仕様」,「核仕様(Nuclear)」は,厳密に言えば誤りということになる。(あくまでも推察される,というレベルでしかない。

登場作品補足

 F90の1号機は,クロスボーン・ガンダム鋼鉄の7人において,旧型の機体として登場しており,この際にI装備が施されている。
 なお,シルエットフォーミュラでは,名称のみの登場である。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・F90]
[モビルスーツ・シルエットフォーミュラ]


最終更新時間:2015年03月14日 22時16分49秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1号機2号機の差別化のために用いられるもので,厳密に言えば型式番号ではない。
  • [2]改装後の2号機との差別化のために用いられるもの。
  • [3]SFCゲーム取扱説明書
  • [4]SFCゲーム取扱説明書
  • [5]SFCゲーム取扱説明書
  • [6]SFCゲーム取扱説明書
  • [7]SFCゲーム取扱説明書
  • [8]機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑
  • [9]B-CLUB72号
  • [10]B-CLUB70号に掲載されたIオプションの価格
  • [11]これについてはGUNDAM WARでカード化されるなど,一つの形態として提示されている例があるため,項目化する予定である。
  • [12] アナハイム・エレクトロニクスの重役は,軍事情報誌MSジャーナルの記者に対して,「この機体をあまりガンダムと呼んで欲しくない」旨の発言をしており,一年戦争後の「ガンダムタイプ」を建造したアナハイム社の意地の様な発言であり,F90があくまで正式名として「F90」となっているのは,アナハイム社に対する配慮もあるものと思われる。
  • [13]この機体は,ガンダムマガジンに掲載されたフォーミュラ戦記のコミカライズで見られ,劇中で撃破されてしまっている。推測ではあるが,本来の3号機がこの機体であり,MSジャーナル等で見られた3号機公開に向けて運用されていたが,この事件で失われたため,急遽F91を公開し,後にクラスターガンダム(F90Y)が,3号機として公式に発表されたのではないだろうかと思われる。
  • [14]『「F90その他のタイプに関しても徐々に明らかにしていこうと思っています(F90はなんとAからZまでの26のパターンが存在するのです)。」B-CLUB 069 岸山博文氏(ホビー事業部開発部)』など。
  • [15]ガンプラファクトリーより