トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔EMS-10〕ヅダ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ヅダ(1号機/指揮官機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号EMS-10
兵器区分試作モビルスーツ(評価試験用試作機)
所属ジオン公国軍
パイロットジャン・リュック・デュバル
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品MS IGLOO
参考文献MS IGLOO
ガンダムエース 04/11 ほか

 スペック

項目内容
全高17.3m
頭頂高Unknown
本体重量61.0t(浅宇宙運用時)
全備重量Unknown
ジェネレータ出力1150kw(浅宇宙運用時)
スラスタ推力58700kg(浅宇宙運用時)

 武装

120mmザクマシンガン

ザクバズーカ

シュツルムファウスト

ヒートホーク

 概要

 EMS-10《ヅダ》は,宇宙世紀0079年10月に完成し,第603技術試験隊に評価試験に廻されたモビルスーツである。
 地球連邦軍のモビルスーツの開発成功によって,優位性の失われたジオン公国軍の主力モビルスーツザクの後継となるべくツィマット社が開発した機体で,4機(内1機は予備機)が,ヨーツンヘイムに配備された。

 新たに装備された土星エンジンによる強力な推進力を特徴とした高機動型モビルスーツとして評価されたEMS-10は,表面的なスペックは,軍の主力であったMS-06F《ザク供佞鯲燭阿發里任△蝓ど縮姪には制式採用されてもおかしくないような機体であった。
 また,武装もMS-06Fのものをすべて流用可能であり,他の専用武装も用意可能であるため,既存の生産設備からの移行も,新規の武装も運用できるというメリットもあった。

 しかしながら,ヨーツンヘイムへの評価試験のための配備は政治的なプロパガンダの意味合いもあり,軍としては,実質的に始めから制式配備を前提とはしていなかった。(これについては,試験評価を行ったオリヴァー・マイ技術中尉も後に指摘している。)
 というのも,このEMS-10は,かつてYMS-05と評価試験を行ったEMS-04と事実上何ら変わることのない機体だったためである。確かに安定面等は改善されていたようだが,「ヅダという機体そのもの内包する構造の根本的な欠陥」は解消されておらず,評価試験中に3号機が大破,パイロットが殉職してしまうのである。

 試験1号機に搭乗するジャン・リュック・デュバル少佐は,EMS-04時代からのテストパイロットであり,本機にかける思いは強く,マイ技術中尉に対して,「本機の問題ではなくパイロットの問題」とまで発言している。だが,この発言こそがヅダの根本的な問題を示しており,軍部もこの点を理解していたが故に,制式採用を見送ったのだった。(一般兵の運用できない機体は,欠陥機でしかないのである。)

 デュバル少佐自身の1号機も,連邦軍のモビルスーツ「ジム」との戦闘で,これを圧倒的性能で凌駕するも,最期は機体が分解して失われている。(少佐も戦死している。)
 なお,それまでの評価試験によって,リミッター内での運用に問題なしとの結論が出ており,残存する2号機と予備機は,ヨーツンヘイムにそのまま配属となり,ヨーツンヘイムの護衛機として運用,特にア・バオア・クー攻防戦ではヨーツンヘイムに対する連邦軍の攻撃を凌ぎきる力となった。

 引用

GUNDAM WAR 不敗の流派 ジオン公国 U-268

 ツィマット社の試作MS。ザクを凌駕する機動性を誇るが,限界を超えると機体分解する欠陥を持つ。地球軌道上の戦闘で,敵機を振り切ってその性能を実証したが,限界を超えて爆散した。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・E]
[モビルスーツ・MS-IGLOO]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年07月09日 08時59分12秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注