トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔ARZ-124〕フルドド兇諒儿硬

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔FF-X29A〕フルドド]]
!!!Gパーツ[フルドド供
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,ARZ-124{{fn 厳密に言えば,フルドド兇箸靴討侶深阿鰐生世気譴討い覆い,現在ではTR-6の型式であるRX-124またはARZ-124が付与されて表記されることが多い。このため,これを型式として位置づけている。}}
,兵器区分,サポートデバイス
,所属,レジオン
,パイロット,
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,藤岡建機
,初出作品,A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
,参考文献,電撃ホビーマガジン{{br}}電撃ホビーウェブ
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!!武装

!!概要
 Gパーツ[フルドド]の運用データを基に開発された強化パーツ・システム。
 [フルドド]同様,単体の支援メカとして運用することも可能である。
 機体は,ドラムフレームを中心にコクピットブロックやスラスターブロックなど,複数のパーツの組み合わせで支援メカ形態を構築している。
 基本的には,TR-6用のGパーツではあるが,TR-5で運用されたパーツも組み合わされている。

 実は,フルドド兇箸蓮ね諭垢淵罐縫奪箸僚弦臑里量松里任發△蝓ぁTR-6用Gパーツ」といいながらも,そのパーツ群の多くは,TR-6のパーツのパーツそのものであるという構成なのである。そのため,解釈によっては「TR-6のフルドド形態」という言い方も可能であるという。これは,フルドド兇鮃柔するパーツが,TR-6のコクピットブロックでもあるプリムローズ兇鬟瓮ぅ鵑帽柔されているためで,TR-6=プリムローズ兇箸いΣ鮗瓩眄り立つ為ということなのである。

 基本構成は以下の通り。
 ・TR-6胸部(プリムローズ供 
 ・TR-6股間部(サブ・アーム・ユニット) 
 ・TR-6ブースト・ポッド(ダブル・シールド仕様)
 ・TR-6背部(ドラム・フレーム)
 ・強化ブースター・ユニット(ジェネレーター内蔵型)
 ・クロー・ユニット
 ・TR-5 マルチ・アーム・ユニット×2
 ・開放バレル型ビーム・キャノン・ユニット×2
 ・シールド・ブーステッド・ライフル[ギガンティック・アーム]

 なお,本タイプはレジオンによって火星で再生産された機体である。
!!引用
!電撃HobbyMagazine 2008/01
 Gパーツ[フルドド]の後継機として開発された支援メカ。TRシリーズの強化パーツとしての用途の他,単体の支援メカとしても運用が可能である。
!!備考
!機体名・型式について
 AOZにおける各機体は,機体名や型式が変更されることが多く,「くろうさぎのみた夢」においては,現在進行形で変更が続いている。
 このため,同一機体を別名で登録してしまっている事例もあるが,確認がとれたものは順次統合し,後ほど索引において,その変更を反映する予定である。
!出自について
 フルドド兇僚藹个蓮ぅャプランTR-5[フライルー]の支援パーツ「ショルダー・ユニット」としての登場であったが,ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]公開時に[フライルー]用強化パーツ[フルドド供呂般松里付き,最終的には“複数のパーツを組合わせた支援メカ,Gパーツ[フルドド供蓮瓮ンダムTR-6[ウーンドウォート]フルドド形態”の一パーツ,つまりガンダムTR-6用パーツという設定に落ち着いた。
 ムック等で「フルドド響備」などと呼ばれているのは,厳密には“[フルドド供呂龍化ブースター・ユニットおよびクローアーム・ユニット”を装備したものということになる。
!!関連項目
*[[〔ORX-005〕ギャプランTR-5[フライルー]]]
!!編集者
*あさぎり
*ギムG
----
{{category MS/MA・R}}
{{category モビルスーツ・AOZ}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。