トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔ARZ-106HZ〕ハイザック(レジオン鹵獲仕様)軽装型

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ハイザック(レジオン鹵獲仕様)軽装型

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号ARZ-106HZ
兵器区分
所属レジオン
パイロット
製作データ
デザイナー藤岡建機
初出作品A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
参考文献電撃ホビーマガジン
電撃ホビーウェブ

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ザクマシンガン改

 概要

 RMS-106《ハイザック》は,U.C.0085年頃からグリプス戦役期における地球連邦軍の主力モビルスーツのひとつである。
 一年戦争において,ジオン公国軍との圧倒的な技術格差を目のあたりにした地球連邦軍は,戦後,公国軍の開発した各種機体や施設を接収し,その技術を貧欲に吸収していくこととなった。
 ハイザックは,こうした姿勢の中で生み出されたモビルスーツで,公国軍の主力機であったMS-06《ザク供佞鬟戞璽垢法いい錣罎誅∨系の各種技術を取り込みながら,次世代の機体を生み出していったものである。
 試作機たるRX-106を経て誕生したYRMS-106は,ティターンズのテスト部隊によって評価試験が行われた後,ティターンズへと本格配備が行われている。

 ハイザックが地球連邦軍の中でもとりわけ地球至上主義の意識の強い(ただし,これは上層部の話であり,一般の兵士においては単にエリート部隊としての意識しかなかったとされる)ティターンズにおいて,宇宙移民者の象徴ともなってしまったジオン公国軍の生み出したモビルスーツ「ザク」の後継機を採用することに違和感をもたれることも多かったが,ハイザックを採用した最大の理由は,その外観にあったとされている。
 それは,宇宙移民者の象徴たるザクによる公国軍残党の処置によってなされる「モビルスーツの外見による心理効果の実証」であった。地球連邦軍が「ザク」を用いるという光景は,公国軍残党に様々な影響を与えることとなった。(なお,同時に一年戦争における連邦軍の勝利の象徴であった「ガンダム」の外観を象徴する機体としての新造機の開発もティターンズは同時に行っていた。)

 このため,当時の公国軍残党や宇宙移民者の中でも反連邦主義の活動家などからは,ハイザックに対して,「ザクのできそこない」などという評価がなされていた。
 その一方で,連邦に下った(あるいは連邦に恭順した)ザクに対する心理的な同調を持った者も多く,彼らにとっては「ザクを取りかえず」という新たな活動目的にすらなったとも言われている。

 こうした情勢は,グリプス戦役後に火星圏を掌握したレジオンにとっても同様であった。
 連邦軍の開発した機体ではあるものの,ジオン系モビルスーツの象徴でもあった「ザク」をティターンズ残党がレジオンに持ち込んだことで,「地球連邦軍からザクを取り戻した」という新たなプロパガンダ的な要素をも持たせることに成功したのである。
 ティターンズのもたらした様々な技術は,レジオンの技術的根幹を支えることとなった。
 兵器体系の中心にTR-6[インレ]を据えたことで,各種TR系パーツとの互換性を考慮した改装が施されたハイザックは,レジオンのプロパガンダ的存在であるとともに,一般用主力機としての位置づけも得たのである。
 当初こそ,ティターンズから接収・鹵獲した機体を改装して運用していたが,後にアルカディアプラントでの生産が開始され,単に「レジオンのハイザック」といえば,このアルカディアプラントでの生産機を示すようになっていったのである。

 なお,TR系強化パーツとの運用が前提とは言え,基本的な機体外観は通常型のハイザックとは大きな違いは無い。
 こうした機体は,戦艦や基地に主に配備されており,市街地等の警備にはバックパックや脚部増加ユニットが異なる軽装型が用いられている。

 引用

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 公式サイト(抜粋)

 レジオンによって鹵獲・運用されているハイザック。機体色が赤に変更されている以外は,原型機と同じである。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・AOZ-Reboot]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2018年05月12日 09時53分19秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注