トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔ARX-014P〕シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号ARX-014P
兵器区分
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品UC-MSV
機動戦士ガンダムUC MSV楔
(PS3版機動戦士ガンダムUC)
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高22.2m
本体重量35.2t
全備重量71.7t
ジェネレータ出力5250kw
スラスタ推力79700kg
装甲材質ガンダリウム合金

 武装

60mmバルカン砲

 頭部に設置されている機関砲。
 地球連邦軍のモビルスーツに標準的に採用されている口径・タイプのもので,本機のものも同等の性能となる。

ビーム・ライフル

 主力火器のひとつだが,特に専用品という訳では無く,ジェガンと同等のものである。

ビーム・サーベル

 両腰部に装備されている斬撃用装備。
 原型機であるドーベン・ウルフと同等品で,ホルダーを始め,基本的には流用品である。

有線式ビーム・ハンド

 ドーベン・ウルフに装備されていた有線式準サイコミュ兵装をそのまま継承した装備。
 原型機とほぼ同等の装備品であるが,ビーム・サーベルを保持したまま運用がなされるなど,原型機では見られなかった運用パターンも見られるため,何らかの改良が施されている可能性も否定できない。

シールド

 原型機には見られなかった防御用兵装。
 ジェガンのシールドをベースに開発されるものと思われる。
 元々は,原型機同様に装備される予定はなかったものの,運用において携行武装の充実を図った結果,装備されることとなったもの。
 ジェガンのシールドに装備されていた2連装ミサイル・ランチャーに加え,ドーベン・ウルフが装備していたビーム・ランチャーを改装し装備している。

2連装ミサイル・ランチャー

 シールドに2基装備されている。基本的には,ジェガンが装備しているものと同等。

ビーム・ランチャー

 シールドに設置された火砲。
 ドーベン・ウルフのビーム・ランチャーを原型とし,これを改装の上,シールド上に設置したもの。

ビーム・キャノン

 背部バインダーの先端部に装備されている。

対艦ミサイル

 背部に追加装備可能な大型ミサイル(AMS-09R)。

ミサイルランチャー

 背部バインダーに設置されている。
 原型機と同等の装備。

インコム

 背部に装備されている準サイコミュ兵装。

グレネードランチャー

 脇下部に設置されている小型兵装。
 これも原型機より継承された装備。

有線式フィン・ファンネル

 概要

 ARX-014《シルヴァ・バレト》は,第1次ネオ・ジオン戦争当時にネオ・ジオン軍が開発・配備したAMX-014《ドーベン・ウルフ》を原型機とした地球連邦軍のモビルスーツである。
 型式の「ARX」は,アクシズ系モビルスーツを意味する「A」と連邦軍の開発試作機に与えられる「RX」を組み合わせたもので,014というナンバーも「14番目の試作機」というよりも,原型機のAMX-014とそろえたものである。
 ナンバーの登録方法そのものが,既に廃止されたに等しい旧来の登録コードを踏襲していることからも判るとおり,秘密裏に開発が進められた機密指定機であり,公式な記録には一切残っていない。

 シルヴァ・バレトは,第1次ネオ・ジオン戦争の終結後,ネオ・ジオンの本拠地であった小惑星基地アクシズに残されていたドーベン・ウルフを接収し,これをベースに一般兵でも運用可能なサイコミュ兵装(準サイコミュ兵装)を装備した機体の開発計画によって開発された機体である。
 元々,ドーベン・ウルフが連邦軍の研究者であったローレン・ナカモトによってアクシズへと持ち出されたORX-013《ガンダムMk-后佞鬟戞璽垢乏発された機体であり,これが再び連邦軍の手によって開発の俎上に載ったという曰く付きの経緯から,開発に従事した技術者の多くが,ローレン・ナカモトがかつて所属していたオーガスタ研究所のスタッフを中心に行われている。

 本機の開発においては,基本的な仕様はドーベン・ウルフに準じているが,高火力型の機体として各部に火器を装備したドーベン・ウルフの過剰とも言える装備の内,胴体部に設置されていたメガ粒子砲を撤去し,同時にビーム・ランチャーとの連動機構を廃止している。
 これにより,高い出力を機体の運用に回すことが可能となり,同時に行われた装甲部材の更新による軽量化,過剰装備の整理などと相まって高い機動性と従来以上の安定性を獲得することに成功している。
 また,一般用サイコミュ(準サイコミュ)の運用に際して,準サイコミュ兵装のテスト用に機能強化した「ガンダムタイプヘッド」の機体と,各種測定用センサーを強化し,システム解析に特化した「ジムタイプヘッド」の機体が開発されている。しかし,連邦軍の機体配備における慣例的なものからか,確認された運用例では前者は隊長機的な位置づけとされている。

 完成した機体は,一般用サイコミュ・システムの評価試験という目的を逸するほどの性能を獲得しており,即実戦に対応可能なほどであった。とはいえ,その数値を引き出すために当初想定されていた以上の改修を「個人的な執心」を持つ一部スタッフが施したとも言われており,このため不正な数値が上げられているとも見なされている。
 いずれにせよ,機体そのものの位置づけは機密指定機であり,テスト後にはアナハイム・エレクトロニクス社によって厳重に管理されることとなっていた。(実際,U.C.0092年に運用されたと言われる事件以降,機体そのものの確認はなされておらず,一部の資料において,U.C.0096年に実施されたと言われるRX-0の各種試験の仮想敵機として運用された事例が見られるまでは,秘匿された状況が続いていた。)

 本機ARX-014P《シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)》は,シルヴァ・バレトの背部に有線式フィン・ファンネルを装備した機体である。
 U.C.0092年にネオ・ジオン軍残党(第1次ネオ・ジオン戦争における残党)の討伐を目的としたミッションにおいて,運用試験をかねて投入された機体である。

 引用


 備考

設定について

 ガンダムUCにおける原作小説版には登場しない機体で,漫画「バンデシネ」において初登場した機体である。
 このため,本来の出自は「UC-MSV」ということになるが,OVA版「ガンダムUC」およびテレビ放映版「ガンダムUC Re:0096」において劇中に登場したため,本Wiki上では,双方の機体として登録している。(ファンネル装備型は除く。)
 なお,コミック版のデザインとアニメ版のデザインには細かい差異があり,アニメ版のデザインに準じた機体として,「ガエル・チャン専用機」との枠が設定されている。

機体名について

 発表当初は,英字表記の「SILVER BULLET」からか,「シルヴァ・バレット」の表記も確認されたが,現在では「シルヴァ・バレト」に統一されている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・ユニコーン]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2018年05月26日 19時34分57秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注