トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-015〕ゲーマルク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ゲーマルク

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-015
HMX-015[1]
兵器区分強化人間専用攻撃型重モビルスーツ
ニュータイプ専用量産型重モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍(ハマーン派)
パイロットキャラ・スーン
製作データ
デザイナー明貴美加
初出作品機動戦士ガンダムZZ
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高25.5m
頭頂高22.0m
本体重量46.3t
全備重量78.3t
重量78.7t[2]
ジェネレータ出力8320kw
スラスタ推力31900kg x2,14300kg x2
移動ロケット推力31900 kg x2(背部スラスタ)
14300kg x2(ロングテールスラスター)
スラスタ総推進力92400kg
姿勢制御バーニア28基
センサ有効半径11700m
装甲材質ガンダリウム・コンポジット
黒歴史コード08-3741157

頭部アンテナ

 サイコミュ兵装のコントロール用アンテナ。
 肩上部にウエポンマウント(おそらく2本のライン部)が存在する。

 武装

肩部 2連装ビームランチャー(2.3 MW) x2

胸部 ハイメガ粒子砲(30.5 MW) x1

胸部 2連メガ粒子砲(4.5 MW) x2

腰部 メガ粒子砲(6.2 MW) x1

指部(親指) ビームライフル(2.3MW) x2

指部 3連装メガ粒子砲(4.0MW) x2

手甲部 グレネードランチャー x2

脚部 メガ・ビームカノン(3.8MW) x2

ビームサーベル(0.85MW) x2

マザーファンネル x2 [メガ粒子砲(5.5MW) x1,チルドファンネル x14]

チルドファンネル(1.8MW) x28

 概要

 AMX-015《ゲーマルク》は,ネオ・ジオン軍が開発した強化人間専用攻撃型重モビルスーツである。この機体は,いわゆる「ニュータイプ専用機」とは異なり,MRXシリーズなどと同様に強化人間の使用を前提とした機体になっている。
 そのため,パイロットに負担を与える機器が多いのも特徴である。また,外部からパイロットをコントロールすることも可能で,その意味では純然たる強化人間を兵器として活用するためのシステムとしては完成していると言えよう。
 この点で言えば,ハマーン・カーン派とされるネオ・ジオン軍でMRX-010《サイコガンダムMk-供佞離如璽燭鯣展させた機体と考えて間違いではなく,グレミー・トト派が運用したNZ-000《クィン・マンサ》とは対照的な機体ということも可能である。

 蛇足ながら,ハマーン側がNT用兵器を強化人間を中心に運用していたのに対してグレミー軍はNTのクローンを中心に運用していた。これは,軍の思想による物か軍の状況がさせたのか微妙なところである。グレミーはギレン・ザビのクローンという説もあり,この点で,エルピー・プルなどクローン兵を登用しようとした彼の考えはある意味理解できるだろう。

 本機最大の特徴は,ファンネルの採用によって射程が縮まったサイコミュ兵器のその攻撃射程をのばし,アウトレンジ兵器として変貌させたという点があげられる。
 本機のファンネルは,マザーファンネルと呼ばれるいわば巨大なコンデンサを射出し,その限界距離でチルドファンネルと呼ばれる攻撃用ファンネルを発射するといった2段構えの攻撃ができることである。マザーファンネルは,本体からのサイコウェーブの受信機としても機能するため,これまでのファンネルよりもより立体的な攻撃が可能になるのである。

 なお,本機は強化されたキャラ・スーンが搭乗し,AMX-117R,AMX-117Rとともに対AMX-004G戦に投入されたが結果的に破壊されている。(この際,AMX-117R,Lは先に述べたパイロットの外部コントロールのため投入されていた可能性が高い。両機は本来ロイヤルガードとしてハマーン・カーンのAMX-004に随伴してなければならない機体だからである。)

 引用

GUNDAM WAR 戦場の女神2 ネオジオン U-183

 強化処置が施されたキャラ・スーンが搭乗するネオ・ジオンの重MS。マザーファンネルを中継としてチルドファンネルを展開する事で,従来よりも広範囲のオールレンジ攻撃を可能とする。

 備考

型式番号について

 この機体,なぜか「HMX-015」という間違った型式番号で掲載されることが多く,これを正規のナンバーとして登録している場合も多い。
 例えば,NT100%コレクション,講談社プラチナコミックス版機動戦士ガンダムZZ,ガシャポン戦士実写シール(190/124)などで,この記述が見られるが,発端については現時点では明確化していない。(なお,おそらくだが,手書きでAとしたつもりが,上が離れてしまったため,Hと受け取られたという状況からのミスだとは思うが…。)

 しかしながら,間違った型式番号でもその頻度が増せば,資料となってしまう(例:FHA-78-3等)ため,将来的にHMX-015で登録する可能性も否定しない。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・ZZ]
[モビルスーツ・ジオンの幻陽]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年07月07日 20時08分42秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]100%コレクション,再販版KPC ガンダムZZ 2巻,他。備考参照。
  • [2]ガシャポン戦士実写シール(190/124)