トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-014〕ドーベン・ウルフ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ドーベン・ウルフ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-014
兵器区分汎用量産型重モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍(グレミー派)
パイロットネオ・ジオン兵
製作データ
デザイナー明貴美加
初出作品機動戦士ガンダムΖΖ
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高25.9.m
頭頂高22.0m
本体重量36.8t
全備重量74.5t
質量比1.66
ジェネレータ出力5250kw
スラスタ推力32800kg x2,21700kg x1
移動用ロケット推力32800kg x2,21700kg x1[1]
スラスター総推進力87300kg
姿勢制御用バーニア17基
センサ有効半径12000m
装甲材質ガンダリウムコンポジット
黒歴史コード08-8306578

 武装

ビームキャノン(4.2MW) x2

AMS-01H 12連ミサイルランチャー x2

 ミサイルランチャーに24発搭載されており,対MS用でガザDが装備しているものと同タイプである。

AMX-09R 対艦ミサイル x2

 ミサイルランチャーに2発搭載されており,対艦用で射程距離が大きい。

インコム(2.0MW) x2

 サイコミュ制御による有線ビーム兵器。
 ワイヤーの中間にマイクロ・レーザーによるインコムを出し威嚇射撃が可能。

30mmバルカン(装弾数300発) x2

胸部メガ粒子砲(5.3MW) x2

グレネードランチャー x2

 グレネード弾やスモーク弾など各種弾体を発射可能。
 どちらかといえば,逃走用のもの。

腕部有線ビーム砲(2.3MW) x2

ビームサーベル(0.56MW) x2

 両腰に装備されている格闘兵器。
 腰ブロックを貫通しており,装着したまま,後方用ビーム砲として使用可能。

ビームライフル(12.4MW)/メガランチャー(40.2MW) x1

 通常はビーム・ライフルとして使用するが,本体の胸部メガ粒子砲口に接続し,大出力メガ砲になる。この場合,ランチャーはメガ粒子の加速装置になり,メガ砲の威力を高めることが出来る。

 概要

 AMX-014《ドーベン・ウルフ》は,ネオ・ジオン軍が開発した攻撃型量産重モビルスーツである。その特徴的な外観から判るように,純然たるネオ・ジオン系技術のみで誕生した機体ではなく,地球連邦軍系のモビルスーツの技術が導入されている機体である。
 最大の特徴は,ニュータイプ以外のいわゆるオールドタイプのパイロットでも稼動可能なサイコミュ兵装を搭載していることで,本機で本格的に実用化されたこれら装備は,以後のモビルスーツ用装備に大きな影響を与えることとなった。

 ドーベン・ウルフは,U.C.0087年のグリプス戦役末期にティターンズが投入したMRX-010《サイコガンダムMk-供佞魏鷦したネオ・ジオン軍が,用いられている様々な技術を解析し,ニュータイプパイロットが存在しない場合に機体動作させるための各種技術(これらは,MRX-009《サイコガンダム》でも一部導入されていたものである)など,一年戦争後に地球連邦軍が開発した様々なサイコミュ技術を従来より保持していたジオン公国系技術と再び融合させたものである。
 とはいえ,後に明らかとなったのだがドーベン・ウルフの機体設計は,連邦軍が開発を進めていたORX-012《ガンダムMk-検佞ORX-013《ガンダムMk-后佞竜‖寮澤廚基本となっており,実際,原型となる機体のデータが,連邦の技術者によってネオ・ジオンに持ち込まれているのである。
 このため,いわば「ガンダムをネオ・ジオンの技術で再現した機体」と言えるこの機体は,ネオ・ジオン軍のモビルスーツの中でも異質な機体であるとも言えるだろう。

 なお,ドーベン・ウルフは,第1次ネオ・ジオン戦争末期に,ハマーン・カーンに対して反旗を翻したグレミー・トト陣営が結果的に運用することとなった。
 用意された機体は,ラカン・ダカラン率いるスペース・ウルフ隊の機体となり,ハマーン側の強化人間部隊と一戦交えることとなった。

 引用

EB グリプス戦争編

 MRX-010を参考にして開発された機体。一般人に対応のサイコミュを装備した重MSで多彩な隠し武器を持つ。量産型の腕部は有線。

 備考

 ドーベン・ウルフのデザインは,元々はガンダムとして描かれていたということは,現在では当然のように知られているが,放送当時の解説文としては,「サイコガンダムMk-兇隆憤徇婿叉 廚箸いΕ縫絅▲鵐垢里發里多かった。これは,サイコガンダムMk-兇鬟優・ジオンが回収していたためである。
 没となったデザインは,モデルグラフィックス等で公開され,その後,G-垢寮瀋蠅固まって行くにつれ,現在の様なガンダムMk-昂呂竜‖里任△襪箸いηЪ韻任泙箸瓩蕕譴襪茲Δ砲覆辰討い辰拭(これには,センチネル等での「ローレン・ナカモト」によるデータ流出の設定が影響している。)

配備数と生産数について

 ジ・アニメ1986年11月号では,「6機が実戦配備(内,1機はラカン機)された」となっており,これは当初配備されたスペース・ウルフ隊のことだと考えられる。
 生産数については,正確には明示されていないが,実際には二桁に至る機体数が実戦に投入されていると考えられる。(後の作品などで機体数が増加してしまったため。)

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・ZZ]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年11月27日 07時11分54秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144 プラモデルインストラクション