トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-011G〕ザクG型

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザクG型(エキステンション・ブースター装着型)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-011G
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍
パイロットネオ・ジオン兵
製作データ
デザイナー小田雅弘,模型作例(製作者:新井智之)
初出作品ModelGraphix 1987/03
参考文献ModelGraphix 1987/03

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ビームカノン

 概要

 AMX-011《ザク掘佞蓮ぅ献ン公国軍の開発したMS-06《ザク》の完全なる後継機として開発が進められた機体である。
 元々,地球連邦軍のザクとも呼ばれた《ハイザック》や《マラサイ》という機体に対して,アクシズ側はこれをザクの系譜と認めず,真なるザクの後継機として開発が進められたザク靴任△襪,時勢がこの機体を臨まず,結果的にAMX-014《ドーベン・ウルフ》に敗れている。
 このため,アクシズでの本格量産は見送られたものの,生産された機体は各部隊へと配備されていったのである,

 本機は,ザク靴料備形態のひとつで,後部スカートに,大型のエキステンション・ブースターを装着したタイプ。大容量のプロペラントと多数のスラスターを内蔵し,宇宙空間での活動時間を飛躍的に延長させている。

 引用

ModelGraphix 1987/03ザク径膕颪砲ける解説

 後部スカートに,大型のエキステンション・ブースターを装着したタイプ。
 大容量のプロペラントと多数のスラスターを内蔵し,宇宙空間での活動時間を飛躍的に延長させた。格闘戦に入る時に切り離し,後に回収して再利用する。安価な棒状のプロペラントタンクに比べ,そのコスト高から重要な作戦以外では使用されないケースが多い。

 備考

 モデルグラフィックス1987年3月号の特集に掲載された作例。
 この作例に関しては,小田氏による画稿とは異なったアレンジが行われているため,作例版という扱いで掲載している。スカートアーマーの形状はほぼ同一であるが,バックパックの形状およびディテールが異なっている。また,フロントスカートのビームガンの形状も異なっている。
 オリジナル版は,〔AMX-011G〕ザクG型(没)を参照のこと。(ただし,項目の内容的には同一である。)

 なお,この作例の解説文に関しては極めて誤植が目立つものとなっており,非情にやっかいである。(例えば,「ブースター」が「ズースター」など。)

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・MG誌]


最終更新時間:2015年08月01日 10時26分56秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注