トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-011C〕ザク係經型(長時間作戦用バックパック装備)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザク係經型(長時間作戦用バックパック装備)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-011C
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属カラード
パイロット不明
製作データ
デザイナー福地仁
初出作品ダブルフェイク
参考文献MS'90s

 スペック

項目内容
全高21.0m
頭頂高Unknown
本体重量42.5t
全備重量69.2t
ジェネレータ出力12950kw[1]
ジェネレータ出力2950kw
スラスタ推力212800kg
センサ有効半径9850m
装甲材質ガンダリウム・コンポジット

※スペックは,通常のザク係經型のもの

 武装

メガ・マシンガンSPS

腰部ビーム・ガン(2.8MW) / ビーム・サーベル(0.85MW)

 ザク靴良現猜質。
 腰部フロントアーマーに装備されたもので,実質的にビーム・ライフルをしのぐ主兵装ということができる。
 バレルユニットを引き出すとビーム・サーベルとして運用可能で,強力なビーム刃を形成する。

ザク畦僖丱此璽(装填数4発)

 概要

 AMX-011《ザク掘佞蓮ぢ1次ネオ・ジオン戦争当時にネオ・ジオン軍が投入した汎用攻撃型モビルスーツである。
 ザク系モビルスーツのいわば究極の機体を目指したものとして開発が進められたが,時代が「単機で戦局を左右する強力なモビルスーツ」を求めていたため,(また,総合的な評価で敗れたため)同時期に開発されたAMX-014《ドーベン・ウルフ》に敗れ,量産されることはなかった。

 本機は,反連邦テロ組織カラードが運用したモビルスーツで,基本的にはザク靴粒銅錺プションパーツを装備した機体と考えられるが,一部パーツ類は機体そのものを改良したと思われる部分があり,後のドーガ系MSへの過渡的な機体になっているとも考えられる。
 なお,単なるテロ組織であるカラードがこの様な機体を所有していた理由についてはわかっていない。

 引用


 備考

 一部資料(MS大全集2003)では,AMX-011C表記が見られる物の,ほとんどの資料がAMX-110Cナンバーである。
 本Wikiでは,ザク靴離淵鵐丱螢鵐阿帽腓錣擦討い襪燭瓠AMX-011C表記としている。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・ダブルフェイク]


最終更新時間:2015年05月10日 17時51分53秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]初出時(MS 90's)