トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-009〕ドライセン(グレミー軍運用機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ドライセン(グレミー軍運用機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-009
兵器区分陸戦用汎用攻撃型重モビルスーツ
汎用量産型モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍(グレミー派)
パイロットグレミー派兵士
製作データ
デザイナー出渕裕
フィニッシュ:佐山善則
初出作品機動戦士ガンダムΖΖ
参考文献GUNDAM WARほか

 スペック

項目内容
全高23.4m
頭頂高22.0m
本体重量36.7t
全備重量66.8t
ジェネレータ出力2380kw
スラスタ推力21400kg x2,9800kg x4,8600kg x3
移動用ロケット推力21400kg x2,8600kg x3(背部),9800kg x4(スカート部)[1]
スラスター総推進力107800kg
質量比1.50
姿勢制御用バーニア16基
センサ有効半径13100m
装甲材質ガンダリウム合金

 武装

3連ガトリングビームキャノン(2.8MW)x2

ビームランチャー(1.7MW)x1

ビームトマホーク(0.92MW)x1

トライブレード x3


 概要

 ネオ・ジオン軍が地球侵攻作戦にあたり開発した陸戦用汎用攻撃型重モビルスーツ。
 旧ジオン公国軍のMS-09《ドム》,MS-10《ドワッジ》をそのルーツにもつ機体であり,その開発ベースとなった機体はMS-09R-2《リック・ドム供佞箸い説もある。そのため,地球侵攻作戦用として開発された機体ではあるが空間戦闘も可能であり,その基本性能は高い。
 基本的な開発コンセプトは,ドムと同様であるが,ドムがどちらかと言えばジャイアント・バズーカによる砲撃戦を想定しているのに対して,ドライセンは白兵戦や近距離戦を想定し,接近戦用の武装が充実している。(ただし,ドライセンの試案においてはビーム・バズーカの装備が検討されており,コンセプト的にはドムと同等であった。だが,地球侵攻作戦を前提とした設計変更が行われ,トライ・ブレード等の近接兵装の充実が行われたのである。)
 武装の面では,内蔵兵器の充実を図っている。これは,いわゆるドム系が大型手持ち武器に頼りすぎた面があり,取り回しの面で不利な面が指摘されたためである。また,当時の多くのモビルスーツのコンセプトが強力な火器を内蔵するというものであったためであり,この点はベースであるドムとは異なっている。

 ミンドラでの試験運用の結果,その良好な成績から量産が行われ,陸戦においては様々な戦果を記録している。しかし,サイド3割譲後,主戦場が宇宙へと移った結果,様々な宇宙用の高出力MSが登場し,本機は徐々に第一線から退くこととなった。

 本機は,ハマーン・カーンに反旗を翻したグレミー派兵士が運用した機体。
 グレミー軍と判るようにグレー系で塗装されている。

 引用

GUNDAM WAR 武神降臨 ネオジオン U-187

 ハマーン・カーンに対して叛旗を翻したグレミー軍の機体。機体色をグレー系に変更している。

 備考

 劇中キャプチャよりの情報。コア3沖海戦で確認できる。
 いわゆる隠れキャラ的な描写であるため,実際にグレミー軍の機体として明確化した意図で描かれたかは不明である。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・ZZ]


最終更新時間:2014年11月02日 22時35分26秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144インストラクションほか