トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-004-2〕キュベレイMk-

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

キュベレイMk-供淵┘襯圈次Ε廛覽 

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-004-2 / AMX-005 / AMX-004B / AMS-004-2
兵器区分ニュータイプ対応試作型モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍→エゥーゴ
パイロットエルピー・プル
製作データ
デザイナー永野護
初出作品機動戦士ガンダムZZ
参考文献MS大全集2003
GUNDAM WAR
FRIDAY DYNAMITE オレたちのガンプラ伝説
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高18.9m
頭頂高18.4m
本体重量35.2t
全備重量57.2t
ジェネレータ出力1820kw
スラスタ推力30800kg x2
スラスタ総推力61600Kg
姿勢制御バーニア12基
センサ有効半径10900m
装甲材質ガンダリウム合金

 機体各部解説

頭部ユニット

 キュベレイの頭部は,既存のモビルスーツの頭部ユニットの機能に加え,サイコウェーブの送受信端末を内蔵されているため,従来のジオン公国系モビルスーツや後年アクシズ(ネオ・ジオン)によって開発されたモビルスーツ群とも異なる独特な形状を有する。
 また,頭部形状そのものがスタビライザーとして機能するように設計されており,これらが合わさることであのキュベレイ独特の飛行形態を構成する。

 頭部ユニットの持つ機能そのものは,従来のモビルスーツと大差なく,センサーカメラによる走査端末であるが,スリットスキャン端末を2基装備するデュアル端末構成であるため,ジオン系モビルスーツでありながら,一種独特の空気を醸し出している。

ショルダーバインダー

 キュベレイは機体機動のほとんど全てをショルダーバインダーによって行っている。
 両肩の前後計4枚のバインダーは,それぞれが独立したシールド並びにフレキシブルスラスターバインダーであり,裏面に設置されたスラスター(1枚当たり3基設置)によって事実上,ほぼ全ての機動を実現している。

マニピュレーター

 キュベレイのマニピュレーターは,既存の公国軍系モビルスーツとは一線を画した形状となっている。いわゆる擬人化による「手の模倣」とは異なった形状には,相応の意味があったとは考えられるが,その詳細については明らかとなっていない。
 一説によれば,キュベレイのマニピュレーターにはサイコウェーブ端末が設置されており,ファンネルを指さすことで,直接操作することが出来たとも言われている。無論,これが真実であったかについては不明であるが,思考操作が前提であるファンネルの操作において対象を指さすことで行為そのものの指向性を明確化することは可能であったと思われる。

ファンネルコンテナ

 キュベレイの主兵装であるファンネルを格納するコンテナ。
 背部スカートユニットそのものがコンテナとして機能しており,その裏面がファンネルの接続部になっている。キュベレイは,実用となるファンネルを装備した初の機体であるが,この時点で既にファンネルの改修,再チャージ,再射出のローテーションを実現していた。この点で言えば,後年登場した使い捨て型のファンネルよりも効率的であったともいうことができる。

 武装

 キュベレイは,その機体コンセプトが示すとおり,旧ジオン公国軍が開発,設計したニュータイプ専用モビルアーマー,MAN-08《エルメス》を発展させた装備を備えている。
 エルメスが装備する攻撃端末ビットは,いわゆる電子戦を無効化するミノフスキー粒子が散布された空間において有効な遠隔誘導兵器としてその威力を発揮したが,ファンネルは,その小型版とも言える兵器である。

ファンネル(1.3MW)

 キュベレイを象徴するといっても過言ではない兵装が,このファンネルである。
 MAN-08《エルメス》に搭載されていた,遠隔操作端末である「ビット」を発展させたもので,12基の端末が背部スカート部に用意されたファンネルコンテナに設置されている。
 実は,原型機より機能強化された部分のひとつで,ファンネルコンテナに収納可能なファンネルが2基増加した結果,搭載数が増加したものである。

ビーム・ガン/ビーム・サーベル

 両手首(袖部)に設置された兵装。
 ファンネルを主兵装としているキュベレイにとって事実上唯一の自衛用兵装が,このビーム・ガンとなる。手首ユニット基部(袖部)に設置されており,前腕を向けた方向へと射撃することができる。
 ユニットは独立稼働も可能で,引き抜くとビーム・サーベルとして使用可能である。
 なお,ビーム・サーベルは,原型機から改良が加えられており,三つ叉のビームを生成することが可能となっている。

 概要

 AMX-004-2《キュベレイMk-供佞蓮U.C.0088年の第1次ネオ・ジオン戦争時に,ネオ・ジオン軍が投入したニュータイプ専用モビルスーツである。
 本機は,ネオ・ジオン軍総帥ハマーン・カーンの専用機であるAMX-004《キュベレイ》の実質的な2号機であり,ニュータイプパイロット,エルピー・プルによって実戦運用されたが,後にプルのネオ・ジオン出奔に伴い,エゥーゴ側へともたらされている。

キュベレイの開発コンセプト

 一般的にキュベレイはその開発コードである「L-MES2」から「MAN-08《エルメス》のモビルスーツ版」と評される。同様な評価を行う資料は多いが,厳密に言えばキュベレイは,「エルメスのコンセプトをモビルスーツに持ち込んだ機体」といった方が妥当である。
 もちろん「エルメスの発展型」という評価が誤りなのではなく,これも「キュベレイ開発におけるコンセプトのひとつ」である,ということなのだ。

 ネオ・ジオン軍は,元々が小惑星基地アクシズに駐屯する部隊をベースとした組織であるため,その国力や兵力は旧ジオン公国軍にも及ぶものではなかった。しかしながら,開発技術力は極めて高いものがあったことから,一年戦争末期における公国軍の開発コンセプトの「一騎当千型」の機体にかかる比重は極めて大きなものとなっていた。
 加えて,大規模生産を可能とする工業力に乏しいこともあり,さらに,元々高いパイロット特性を持つ人材やニュータイプパイロットがアクシズに在籍していたため,彼らの能力を活かすための機体を開発する方向性へ至ったのは,ある意味,自然な流れであったとも言えるだろう。(こうしたことから,アクシズでは騎士専用モビルスーツというカテゴライズもあり,従来のモビルスーツのカスタムアップ機も多く存在する[1]。)

 キュベレイは,まさにこうした状況が生み出した機体であるということができる。
 逆に言えば,ハマーン・カーンという高いニュータイプ能力を持つ専任パイロットが存在したことで,キュベレイという機体が成立しているのである。
 この点で言えば,キュベレイという機体は,「ニュータイプのためのモビルスーツ」であり,「エルメスの発展型」であり,「指揮官用カスタム機」でもある,ということができる。すなわち,根源的にいえばキュベレイの開発コンセプトは「ハマーン・カーンの専用機としてのモビルスーツ」ということができるのである。

 もともと一年戦争当時に開発されたニュータイプ専用機(MAN-08《エルメス》,MAN-03《ブラウ・ブロ》,MSN-02《ジオング》など)は,ニュータイプと呼ばれる極めて機動兵器に対する適応特性の高いパイロット用に設計された機体は,その高い戦闘能力は他を圧倒するものであったが,戦局を左右するほどの影響を与えるものではなかった[2]
 しかし,グリプス戦役や第1次ネオ・ジオン戦争は,従来の戦争のような物量戦による大規模戦闘ではなく,強力な機体同士による小規模な局地戦の繰り返しという状況に陥っており,一年戦争末期の公国軍の機体開発コンセプトが生きてくる状況であったため,こうした機体の持つポテンシャルは非常に大きなものがあった。
 また一方で,こうした機体は自国民へ向けたプロパガンダや,敵勢力一般兵士に与える心理的影響は大きく,こうした側面からの戦略的効果は絶大であったともいうことができるのである。

キュベレイMk-兇粒発経緯

 キュベレイMk-兇蓮ぅ魯沺璽鵝Εーン専用機として開発されたキュベレイの2号機として製造された機体である。機体そのものの設計については,ほぼ原型機と同型であるが,細かい部分で改良が行われており,機能強化が行われた部分も存在している。(なお,一説によると量産化のためのテストベッドとしての意味合いも持たされており,このため,ハマーン機で行われた部材選別による高性能化とは逆に,キュベレイの予備部品や標準化された部材を使用したことによる実質的なデチューンも施されていたとも言われている。)
 とはいえ,元々完成度の高い機体であったことと,操作可能なパイロットが限られている,という状況であったため,本機に加えられた最大の変更点は,サイコミュのチューニング,といっても間違いではない。

 本機のパイロットであるエルピー・プルは,一年戦争直前の生まれと思われるほど幼い少女でありながら,極めて高いニュータイプ特性を有することから,モビルスーツパイロットとして抜擢され,専用にチューニングされた本機が与えられたのである。
 このため,本機のサイコミュはプルの感応波に特化したものであり,彼女以外本機を操作することは不可能といっても間違いではない。
 この点は,兵器としてみれば大きな問題点であるが,戦力として考えた場合,極めて効率が良いということも言えるため,キュベレイという機体のアンビバレンツな側面を示しているといえるだろう。

キュベレイMk-兇留人

 キュベレイMk-兇蓮ぅ哀譽漾次Ε肇箸僕覆気譴織縫紂璽織ぅ廛僖ぅ蹈奪函屮┘襯圈次Ε廛襦廚僕燭┐蕕譟ぢ丱┘ァ璽粥蔽狼縅∨軍)に投入されている。
 しかし,パイロットであるプルが精神的に不安定であり,エゥーゴ側のパイロット,ジュドー・アーシタに対する思慕の念がすり込まれた(これはニュータイプ同士の感応によるものがきっかけだったと考えられる)ことから,戦場で互いに認識し合うこととなった。
 特に,ネオ・ジオン軍のダカール制圧戦に際して行われた再突入直前の戦闘において,プルにかけられた暗示が解けてしまった上,戦闘のさなかに失速し,そのまま大気圏突入せざるを得なくなったため,これを救うためにジュドーは搭乗するMSZ-006《Ζガンダム》のウェイブライダー上面にキュベレイMk-兇鮠茲擦疹態で再突入を強行した。
 無事に再突入の後,プルはアーガマへと身を寄せ,キュベレイMk-兇蓮ぅ◆璽マ内に搬入されている。この事件は,エゥーゴ(アナハイム)のサイコミュ技術の発展に結果的にではあるが寄与することになった。

 なお,再突入の際に邪魔となったウイングバインダーを自ら破壊しており,アーガマ搬入時にはウイングバインダーは完全に失われた状態であった。
 その後は,プルがジュドーと行動をともにしたことから,キュベレイ自体は,アーガマに保管されることとなった。(ガンダムチームがアーガマと別行動をとったため,プルは主にメガライダーに搭乗していた。)

 ガンダムチームがダカールでアーガマと合流した後は,ダブリンへのコロニー落とし防止に参加するものの,この際にプルツーのMRX-010《サイコガンダムMk-供佞箸寮鐺で大破爆散,パイロットのプルも戦死している。(なお,この際は,ウイングバインダーが失われた状態であったため,ドダイ改を用いて,戦闘に参加している。)

 引用

GUNDAM WAR 相克の軌跡 ネオジオン U-98 / -EXTENSION BOOSTER- ネオジオン U-98

 ネオ・ジオンのNT専用試作MS。キュベレイの2号機で,機体色が黒系に統一された他,搭乗者である強化人間エルピー・プルの波長に同調するよう,サイコミュの調整が行われている。

 備考

型式番号について

 キュベレイに関しては,媒体によって様々な型式番号が確認される。放映当時の基本設定としては,AMX-004とMMS-03の2種が正式なものであるが,本来は前者がアクシズ側の型式番号,後者が地球連邦側の型式番号という扱いであった。
 しかしながら,劇中で設定されたジュピトリス系モビルスーツの「PMX」の存在もあり,「AMX」を連邦軍ナンバーと解釈する資料が多く登場するようになった。
 一方,続く第1次ネオ・ジオン戦争では,ネオ・ジオン系として「AMX」ナンバーが利用されているが,第2次ネオ・ジオン戦争では,「AMS」ナンバーと,「MSN」ナンバーに変化している。特に第1次ネオ・ジオン戦争当時の「AMX」ナンバーはアクシズ(ネオ・ジオン)側のナンバリングとして考慮すると少々腑に落ちない部分もあるため,「AMX」ナンバーは,連邦軍系にも説得力はあるのである。
 結果的に,アクシズ側で用いていた型式はどのようなナンバーなのか,という点で疑問点は残るのだが,これは「AMS」であるとの解釈を行いたい。(これについては,暴論を展開したこともあるので,そちらを参照のこと。)

 なお,キュベレイMk-兇砲いても同様で,複数のナンバーが確認できる。

No.型式媒体
1AMX-005ニュータイプ100%コレクション
ガンダムZZメモリアルボックスTYPE1付属ブックレット
再販版KPC ガンダムZZ 2巻 など
2AMX-004BSDガンダムガシャポン戦士
Bクラブ24号 保存版モビルスーツ大発展史VOL.5 など
3AMS-004-2旭屋フィルムブック
 これらは,原型機との関連性などを考慮した場合,あながち間違いとも言いがたく,特にAMS-004-2は,キュベレイのAMS-004,後の再興ネオ・ジオンのAMS-119などと関連づけると,極めて考察に向いたナンバーとも言えるだろう。(なお,AMX-005は,初期に用意されていたナンバーである。)

量産型キュベレイMk-供

 項目としては分割していないが,Gジェネレーションアドバンスでは,キュベレイマーク兇肇ュベレイマーク競廛襯帖宍,般棲里剖菠されている。
 これをEVOLVE版キュベレイと見なしてもおもしろいかも知れない。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・ZZ]


最終更新時間:2015年04月19日 23時35分37秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]要するにアクシズにおけるモビルスーツとは,手工業時代のオーダーメイド品に近いものであったということになる。
  • [2]要するに,いくら戦闘能力の高い機体であっても,数で押さえ込まれれば撃破数(=戦果)は加算されていっても,単機で劣勢を覆すほどの戦果は望めないということになるのである。もちろん,戦略によってはこうした機体が宝の持ち腐れになることは多々あり得たのである。(例えば,戦艦大和がいい例かと。)