トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMX-004〕キュベレイ(EVOLVE版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

キュベレイ(EVOLVE版) / キュベレイMk-

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号AMX-004 / AMX-004-3
兵器区分ニュータイプ対応試作型モビルスーツ
所属ジオン公国
パイロット不明(同乗者イニシャル「M」)
製作データ
デザイナー永野護
アレンジ:不明
初出作品GUNDAM EVOLVE../10
参考文献GUNDAM EVOLVE/Ωライナーノーツ ほか

 スペック

項目内容
全高18.9m
頭頂高18.4m
本体重量35.2t
全備重量57.2t
ジェネレータ出力1820kw
スラスタ推力30800kg x2
スラスタ総推力61600Kg
姿勢制御バーニア12基
センサ有効半径10900m
装甲材質ガンダリウム合金

※機体スペックは,AMX-004-3のもの(劇中機スペックは不明)

 武装

 キュベレイは,その機体コンセプトが示すとおり,旧ジオン公国軍が開発,設計したニュータイプ専用モビルアーマー,MAN-08《エルメス》を発展させた装備を備えている。
 エルメスが装備する攻撃端末ビットは,いわゆる電子戦を無効化するミノフスキー粒子が散布された空間において有効な遠隔誘導兵器としてその威力を発揮したが,ファンネルは,その小型版とも言える兵器である。

ファンネル(1.3MW)

 キュベレイを象徴するといっても過言ではない兵装が,このファンネルである。
 MAN-08《エルメス》に搭載されていた,遠隔操作端末である「ビット」を発展させたもので,12基の端末が背部スカート部に用意されたファンネルコンテナに設置されている。
 実は,原型機より機能強化された部分のひとつで,ファンネルコンテナに収納可能なファンネルが2基増加した結果,搭載数が増加したものである。

ビーム・ガン/ビーム・サーベル

 両手首(袖部)に設置された兵装。
 ファンネルを主兵装としているキュベレイにとって事実上唯一の自衛用兵装が,このビーム・ガンとなる。手首ユニット基部(袖部)に設置されており,前腕を向けた方向へと射撃することができる。
 ユニットは独立稼働も可能で,引き抜くとビーム・サーベルとして使用可能である。
 なお,ビーム・サーベルは,原型機から改良が加えられており,三つ叉のビームを生成することが可能となっている。

 概要

 AMX-004《キュベレイ》は,U.C.0087年のグリプス戦役時にアクシズ軍の首班ハマーン・カーンによって投入されたニュータイプ用モビルスーツである。グリプス戦役から第1次ネオ・ジオン戦争の期間,極めて強力なモビルスーツとしてその高い性能を誇っていた機体のひとつである。
 本機は,U.C.0090年に確認された機体で,木星圏へと向かうヘリウム輸送船「ジュピトリス供廚愼云茲垢訖擁(氏名のイニシャルのみ「M」であると,確認されている)と共に保護を求め,合流していたことが後年確認されている。

 確認できる資料には,本機の型式,スペック,搭乗者等の詳細な記録は存在せず,あくまでも「キュベレイ」としての記録しか残っていないのだが,第1次ネオ・ジオン戦争当時の量産された機体(AMX-004G《量産型キュベレイ》)とは異なる形状であり,微妙に異なるもののAMX-004-2《キュベレイMk-供佞剖瓩さ‖里任△襪海箸ら,おそらくは,量産検討のために少数建造された「キュベレイMk-競織ぅ廖廚1機ではないかと推察される。(なお,これも極めて一部の資料[1]に記載されるものであるが,本機の型式をAMX-004-3とするものがある。)

 引用

GUNDAM EVOLVE MATERIAL

 ジュピトリス兇悗遼缶燭魑瓩瓩織轡礇肇襪謀觝椶気譴討い慎‖痢K寨茲魯錺鵐フに近い形で生産されたネオ・ジオン軍のニュータイプ用MSだが,後に機能を省略して量産化もされている。

 備考

 劇中のカラーパターンは,エルピー・プルのキュベレイMk-兇剖瓩い發里箸覆辰討い襪,正確な機体名,型式は一才触れられていない。また,公式サイトでは,「AMX-004 キュベレイ」となっており,あくまでも「キュベレイタイプ」としか判断できない。
 一方,GUNDAM EVOLVE../Ωライナーノーツでは,「AMX-004-3 キュベレイMk-供廚鳩深鞍峭罎記載されているのだが,AMX-004-3は,グレミー派の機体として運用されていることから,劇中の描写(グレミー派によって全機が運用されたはずの「AMX-014 ドーベン・ウルフ」とザクがキュベレイを追撃していた)とは,少々矛盾を感じるところである。
 この点を考慮し,本機をハマーン派(あるいはシャアの手による者)の機体ではないかと推測すると,本機はAMX-004-2として少数生産された機体の1機をさらに改装(=EVOLVE仕様に改装)した機体ではないか,というネタを考えている。(つまり,プルツーのAMX-004-3とは異なった方向に発展したハマーン派側3番目の仕様と考慮してみたものである。)
 なお,(非公式なネタではあるが)SDガンダムGジェネレーションアドバンスなどいくつかの媒体で,黒いキュベレイをキュベレイMk-兇箸靴覆らもエルピー・プル機とその他の機体として区別している点から,キュベレイMk-兇複数建造されていた可能性についてネタにしている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・EVOLVE]


最終更新時間:2015年04月19日 23時36分51秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]GUNDAM EVOLVE../Ωライナーノーツ