トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMS-119S〕ギラ・ドーガ改

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ギラ・ドーガ改

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号AMS-119S
兵器区分汎用量産型MS(改修型)
所属ネオジオン軍
パイロットネオジオン兵
製作データ
デザイナー福地仁
初出作品CCA-MSV
参考文献1/144 ギラ・ドーガ プラモデルインストラクション
SDガンダムGジェネレーションシリーズ ギラ・ドーガ改 インスト
GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル
GジェネレーションF



 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質ガンダリウム合金
黒歴史コード04-5345744

 武装

ビームマシンガン x 1

ビームソード/アックス x 1

グレネードランチャー x 4

シュツルムファウスト x 4

ビームアサルトライフル x 1

ビームライフル x 1

 概要

 AMS-119ギラ・ドーガの改修型として計画された機体が,本機AMS-119Sギラ・ドーガ改である。
 AMX-120ギラ・ドーガサイコミュ試験機とほぼ同時期に開発が進められたギラ・ドーガをベースとしたバリエーション機のひとつで,本機は指揮官用高性能機として開発が行われたものである。
 機体を構成するムーバブル・フレームは一般機と同一でありながら,装甲の換装(一説には装甲強度が40%向上したとされている),アビオニクスの更新,各種探査装置の更新などの改良が施された総合性能向上型として計画された機体である。
 このため,機体の外観的には大きな差異が無いが,基本的なスペックが向上した機体という扱いであり,かつてのMS-06Fザク兇紡个垢MS-06Sザク凝な位置づけの機体である[1]

 残念ながら,ネオ・ジオン軍の総合的な開発能力の問題で,その開発リソースをNZ-000へと割り振った結果,試作機のみの開発に終わっている。

 引用

GUNDAM WAR 宿命の螺旋 ネオジオン U-116

 ネオ・ジオンの改造MS。ギラ・ドーガのフレームを流用して開発された性能向上機。装甲材をガンダリウム合金に変更。指揮官機として開発されており,全般的な強化が施されている。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・CCA-MSV]


最終更新時間:2016年01月05日 20時18分48秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]とはいうが,MS-06Fと06Sでは,大きく異なった構造の部分が存在しており,これが後に06Rを生んだわけである。この点で,AMS-119と119Sでは,基本フレームが同一であるため,建造面では06Sを建造するよりも容易かった可能性がある。