トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AMS-119〕ギラ・ドーガ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ギラ・ドーガ

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号AMS-119
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍
パイロットネオ・ジオン兵
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品機動戦士ガンダム〜逆襲のシャア
参考文献1/144 ギラ・ドーガ インストラクション
GUNDAM WAR
GジェネレーションDS
GジェネレーションF
Gジェネレーションポータブル 他



 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高20.0m
本体重量23.0t
全備重量50.8t
ジェネレータ出力2160kW
スラスタ推力14000kg x2,13000kg x2
スラスタ総推力54000kg
アポジモーター数15基
センサ有効半径16400m
装甲材質チタン合金セラミック複合材
黒歴史コード04-7742285

頭部

 メインカメラはモノアイ型で,ガイドレールに沿って左右に可動する。頭部側面と前面には冷却用の放熱ダクトが設けられている。

 武装

ビームマシンガン

 通常のビーム口の他に,速射用の二連ビーム口を持つ。グレネードランチャーを装備できる。

ビームソード/アックス x 1

 2つのビーム口を持ち,ビームサーベル以外にも,ビームピック,ビームアックス(斧)としても使える。

グレネードランチャー x 4

 シールドの裏側に2連装2基が装備されている。基本装備はグレネイド弾だが,陸戦においてはスモーク弾(煙幕弾)を装備し,スモークディスチャージャーとして使用する。

シュツルムファウスト x 4

 先端の榴弾を発射する兵器。第2次世界大戦においてドイツ軍が使用していた歩兵用対戦車兵器を,モビルスーツクラスまで大型化したもの。

オプション・シールド

 マウント部は回転及び縦方向にスライドする。また,シールドの上部は外側に折れる。これは2連装グレネードランチャー2基を露出させるためだ。シールドの裏側にはスツルム・ファウストを4本装備できる。

 概要

 AMS-119《ギラ・ドーガ》は,U.C.0093年の第2次ネオ・ジオン戦争時のネオ・ジオン軍の主力量産型モビルスーツである。

 いわゆる「ザク系」に相当する機体であり,コンセプト,運用においても一年戦争当時のMS-06 ザク系やその後継であるMS-14 ゲルググ系に準じた汎用量産型モビルスーツのコンセプトに立ち返ったものである。
 なお,皮肉にも地球連邦軍のRGM-89《ジェガン》も同様のコンセプトに立ち返ったものであり,グリプス戦役や第1次ネオ・ジオン戦争におけるモビルスーツの加速度的進化は,必要の無い機能を削ぎ落とすための試行錯誤期間であったことが,結果として証明されてしまった形になってしまっている。(無論,当時のモビルスーツに意味が無いわけでは無く,モビルスーツそのものの運用コンセプトは,一部の特殊な事例を除けば,一年戦争当時に既に完成していたことが明らかになった,ということである。)

 一説には,本機の開発コンセプトは一年戦争当時,MS-16計画の一環として既に存在していたとも言われ,そうした説を唱える資料では,MS-16系のナンバーを与えている場合も多い。

開発経緯

 地球連邦軍におけるガンダム信仰と同様に,後継機たるMS-14《ゲルググ》が思った様に戦果を挙げられなかったことから,公国軍系軍人には,MS-06《ザク》に対する信仰のようなものがある。
 しかし,ザクやゲルググを開発したジオニック社は既になく,グリプス戦役期にはアナハイム・エレクトロニクス系とでも言うべきRMS-106《ハイザック》とRMS-108《マラサイ》というザク系に連なる機体が登場していた。
 これらの機体は,運用したのが皮肉にもジオン狩りを目的とするティターンズであったため,正当なザク系の機体という認識を持たれることは無かった。
 一方,第1次ネオ・ジオン戦争では,復興したネオ・ジオンによってザクの名を冠した機体AMX-011《ザク掘佞誕生するが,これもまた当時の情勢からいって,歪な進化を遂げてしまった機体であると言うしかない状況である。

 その様な状況下で,シャア・アズナブルを総帥とする新たなネオ・ジオンでは,アナハイム・エレクトロニクスのグラナダ支社に汎用量産型モビルスーツの開発を委託,提示したMS-16系プランをハイザックやマラサイと言った機体から得られたノウハウを反映して再設計した機体としてギラ・ドーガは完成したのである。

 この様な経緯から,機体は従来のザク系コンセプトに,グリプス戦役期に確立したムーバブル・フレームと各種兵装を導入したもので,一年戦争当時のジオン系モビルスーツの欠点が洗い出された,いわば「完成された第2世代モビルスーツ」ということができる。
 ムーバブル・フレーム搭載機であるため,かつてのジオン系MSの欠点であった生産性やメンテナンス性などの問題点が改善されており,ブロック化されたフレームの組み替えでバリエーション機の開発も容易となり,総帥用モビルスーツであるMSN-04《サザビー》の開発の基礎にもなった。

 また,多彩なオプションも用意されており,小規模な改修でかつてのザク系のような局地戦用機も生み出すことが可能となったのである。バックパックの換装だけで,陸戦に移行できる優れた汎用性を持っており,こうした機体が早くから旧ジオン系残党の地球脱出において投入されたという説も存在している。

 特に生産性は,第1次ネオ・ジオン戦争後わずかわずか2〜3年で連邦(とはいえ,実質的にはわずか一部隊分ではあるが…)に対することができるレベルで軍が完成することから考えても優れていることは否定できないだろう。
 これらの特徴は,経時的な近代化改修にも事実上適用でき,後のラプラス戦争時に投入されたAMS-129《ギラ・ズール》も,元を正せばギラ・ドーガのバージョンアップということができるのである。

 引用

GUNDAM WAR 放たれた刃 ネオジオン U-179

 ネオ・ジオンの主力MS。ジオン軍の傑作機ザク兇寮澤徑論をベースに高い生産性と拡張性を備えた機体。ビーム・ライフルやシュツルム・ファウスト等,多数の武装を扱う事ができる。

 備考

 ガンダムUC本編にも登場しており,原作ではジャンクでしかなかったが,アニメ版では実機が様々な装備で登場している。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・CCA]


最終更新時間:2016年01月06日 18時37分36秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注