トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔AGX-04〕ガーベラ・テトラ(シュツルム・ブースター装備)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガーベラ・テトラ(シュツルム・ブースター装備)

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号AGX-04
兵器区分試作型強襲用MS
所属ジオン軍残党(デラーズ・フリート)
パイロットシーマ・ガラハウ
製作データ
デザイナー明貴美加
初出作品機動戦士ガンダム0083〜StardustMemory
参考文献GUNDAM WAR
1/144 インストラクション
Gジェネレーションアドバンス
GジェネレーションDS
Gジェネレーションポータブル ほか



 スペック

項目内容
全高18.0m
頭頂高Unknown
本体重量48.5t
全備重量86.0t
自重48.5t[1]
総重量86.0t[2]
ジェネレータ出力1710kW
スラスタ総推力316000Kg
スラスタ推力56000kg x 2,50000kg x 3,13500kg x 4
180度姿勢変換0.9秒
装甲材質チタン合金/セラミック複合材
装甲材質ルナ・チタニウム[3]
登場話数13話

 武装

110mm機関砲 x 4

ビームサーベル x 2

X-04 ビームマシンガン x 1

 概要

 AGX-04《ガーベラ・テトラ》は,U.C.0083年に勃発したデラーズ動乱の際に,アナハイム・エレクトロニクスとシーマ艦隊との間で行われた裏取引で引き渡された強襲型モビルスーツである。シーマ艦隊では,艦隊指揮のシーマ・ガラハウ中佐が自ら運用することとなった。

 この機体は,元々はアナハイム・エレクトロニクスが,地球連邦軍より委託された「ガンダム開発計画」に於いてプランニングされた第4プラン「RX-78GP-04G《ガンダム試作4号機ガーベラ》」として開発が進められていた機体である。だが,試作4号機は諸々の理由(公開されている最大の理由は,「試作1号機の空間戦闘仕様と運用仕様が重なっていること」であるが,実際のところは不明である)から,その開発がキャンセルされ,宙に浮いた形となっていた。
 実際,開発そのものは比較的順調であったともいわれており,開発のキャンセル時点で少なくとも基本フレームは完成していた(既に外装を含め,ほぼ完成していたとの説もある)とされている。
 アナハイムでは,連邦の一部部隊とも裏取引を行っていたシーマ艦隊へのパイプとすることを目論見,一見するとジオン系の機体であるかのような外装に偽装し,シーマ艦隊へと引き渡した。(その後,シーマ艦隊内で,艦隊運用に適した小改造が施されている。)

 ガーベラ・テトラは,強襲型モビルスーツに区分されることからも分かるように,最大の特徴は,そのすさまじいまでの加速性能である。オプションであるシュツルム・ブースターを装着し,敵の懐へと一気に突入し,任務を完了,そして一気に離脱するという戦法も可能で,海兵隊(シーマ艦隊)に非常にコンセプト的にあった機体といえるだろう。
 この機体の有用性は,シーマ艦隊に運用されることで実証されたともいえ,その後,似たようなコンセプトの機体はいくつか登場している。

 なお,この機体の完成には,アナハイムのエンジニアが極めて強いこだわりを持っていた[4]とも言われ,アナハイム内部での派閥争いもシーマ艦隊との裏取引のひとつの原因とも言われている。(実際,動乱後,計画を主導した常務は自殺している。)

 本携帯は,ガーベラ・テトラのシュツルムブースツター装備形態である。
 これにより,爆発的な加速を得ることができ,強襲用MSとしての本領を発揮することができる。

 引用

GUNDAM WAR 相克の軌跡 ジオン公国 U-143

 裏取引によりシーマ艦隊へ譲渡されたMS。速射可能なビーム・マシンガンを主武装とする。また,機体各所のバーニアと、シュツルム・ブースターによって,高い機動性を実現している。

 備考

 通常形態は,別項目として分離。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・A]
[モビルスーツ・0083]


最終更新時間:2016年09月19日 19時28分15秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]EB MS大図鑑 デラーズ戦争編下
  • [2]EB MS大図鑑 デラーズ戦争編下
  • [3]公式サイト
  • [4]この辺はリベリオンの変更点を意識している。