トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕ワッパ(Vガンダム登場機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。

ユーザーファイル入口

ワッパ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号型式不明
兵器区分パーソナル・ホバー・バイク
所属民間
パイロットウッソ・エヴィン
製作データ
デザイナー不明
初出作品機動戦士Vガンダム
参考文献GUNDAM FACT FILE ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

 無し

 概要

 ワッパとは,民生用や地球連邦軍によって運用されるパーソナル・ホバー・バイクである。元々は,地球侵攻作戦の実施に伴い,ジオン公国軍が開発・運用を行ったPVN.4/3《ワッパ》が,一年戦争後に放出され,民間に普及したものであり,後に,これを模した車輌が,民生機器開発メーカーから次々と発売されたことから,パーソナル・ホバー・バイクを「ワッパ」と呼称するように定着したものである。

 ワッパのファンは,内燃機関によって駆動するものではなく,車体に設置されたパワーパックから供給される電力による電動モーターで駆動しており,サイズに比して出力が極めて高いものとなっている。
 また,前後それぞれを個別にコントロールすることも可能で,熟練者になると,まさに手足のように運用することが可能となる。
 逆に,基本操作を含む操縦のほとんどが自動化されているため,未経験者でも数時間の訓練で乗りこなすことが可能となるほど,簡易な機器であるとも言え,実に完成度の高い機器であった。

 一年戦争後,地球連邦軍は接収した機体を非武装化の上で民間に放出しており,かなりの数のワッパが市場に出回ることとなった。この結果,優れた操縦性と運動性,整備性が高い評価を受け,やがてモータースポーツにも用いられるようにもなった。
 こうした流れに着目した各企業は同種の機体を開発し販売を開始。瞬く間にホバー・バイク市場が形成されていった。以後,「ワッパ」は決まった機種を意味するのではなく,ホバー・バイクの代名詞となったのである。

 本機は,U.C.0153年のザンスカール戦争当時に地球上で確認されたモデルで,原型であるPVN.4/3の形状を引き継いだかのような形状となっている。
 このため,軽快な運動性・機動性が特徴となっている。

 引用

GUNDAM FACT FILE(抜粋)

 パーソナル・ビークルの代名詞となったジオン公国軍のワッパにならい,利便性の向上を目的とした改良を施したバイク・タイプの1人乗りモデル。2基のローターによる機敏な運動性が特徴で,積載スペースを持たない(小さな荷物ならシートの後ろにくくり付けて運ぶことは可能)代わりに,ほかの車種に比べて速度に優れている。

 備考

 ワッパの民生車輌としての登場は,機動戦士Vガンダムが事実上初めてであったが,後にU.C.HARD GRAPHのインストラクションにおいて,民生車輌の普及について語られており,PVN.4/3に続いて様々な車輌が登場したこととなっている。
 ワッパとは,厳密には,エレカ同様,機種としての総称であり,単一の種類を指す物ではない。例えば,携帯用カセットプレーヤーを「Walkman」というようなものである。
 このため,劇中に登場した車輌にも「車輌としての愛称」は存在すると思われる。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・V]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年04月05日 20時17分44秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注