トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕ライノサラス

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ライノサラス(A型)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号型式不明
兵器区分拠点防衛用大型モビルアーマー
所属ジオン公国軍
パイロット公国軍兵
製作データ
デザイナー菊地秀行
初出作品機動戦士ガンダム外伝〜コロニーの落ちた地で
参考文献GUNDAM WAR
GジェネレーションF ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
黒歴史コード05-5177474

 武装

腕部マシンガン

ミサイルポッド

両腕機関銃

主砲

 概要

 《ライノサラス》は,一年戦争末期にオーストラリア方面で確認されたジオン公国軍の陸戦用モビルアーマーである。

 戦後明らかにされた資料でもその存在を記録した資料は少なく,謎の多い機体であるが,これは,アジア方面で開発されていた攻撃型のモビルアーマーで,ラサ基地で独自に開発されていた《アプサラス》と同様に,オーストラリア方面軍が独自に開発を進めていた機体であるためかと思われる。
 機体の各部に見られるMS-06《ザク》のパーツなどもこうした事情を伺わせるものであり,本機を急造品と断ずる資料のほとんどは,こうした事情を鑑みて断定していると思われる。

 しかしながら,搭載された武装は過剰とも思えるものである上,機体に設置されたホバーは高出力のものであり,高い機動性が確保されており,兵器としての能力は必要十分なものとなっている。
 本機は, HLV発射施設を持つジオン公国軍のヒューエイデン基地に配備されており,これを攻略する任務を命じられた連邦軍のホワイトディンゴ隊と激戦を繰り広げている。
 なお,この際に確認された機体は2種あり,本機(単にライノサラスと呼ぶ場合や,俗にA型と呼ぶ場合)は,200ミリ主砲を搭載し,マシンガン,ミサイルポッドなどで武装している。

 引用

GUNDAM WAR 相克の軌跡 ジオン公国 U-147

 開発経緯の不明な陸戦用MA。ザク兇両緘梢箸鯲用しているなど,急造の仕様と推測される。多数の武装を持つ機体で,連邦軍のバストライナーの砲塔部を搭載しているとの報告例もある。

 備考

 データコレクションでは,型式番号をRX-78XXと豪快に誤植している(^^;

 関連項目


 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・コロ落ち]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年11月25日 21時36分16秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注