トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕フルバレット・ザクの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
//>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔型式不明〕フルバレット・ザク]]
>>ユーザーファイル入口
!!!フルバレット・ザク
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,型式不明
,兵器区分,-
,所属,ジオン軍
,兵器区分,
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,ジョニー・ライデン
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,長谷川裕一
,初出作品,MSV戦記 ジョニー・ライデン
,参考文献,ガンダムマガジン(コミックボンボン 2006/11増刊号)

!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,UN
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,UN
,スラスタ推力,UN
,スラスタ総推力,UN
,全高,Unknown
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
,装甲材質,超鋼スチール合金(推定)


!!武装
!ヒートホークシンボル 
頭部アンテナの代わりに設置された武装。 
ヒートホークのシステムが移植されていると考えられる。 
接近戦時の切り札的存在である。 
!胸部2連バルカン砲 
左胸に設置されたバルカン砲。 
ドラムカートリッジ式であり,システム的にはザクマシンガンのものを流用した物である可能性もある。 
!ヒートホークシンボル
 頭部アンテナの代わりに設置された武装。
 ヒートホークのシステムが移植されていると考えられる。
 接近戦時の切り札的存在である。
!胸部2連バルカン砲
 左胸に設置されたバルカン砲。
 ドラムカートリッジ式であり,システム的にはザクマシンガンのものを流用した物である可能性もある。
!ビッグガン 
腰部両側に設置された武装。 
MS-06K ザクキャノンの装備であるビッグキャノンと同じ仕様のものだが,多くの実弾を携行するため長砲身とし,弾丸収納スペースを確保している。 
!3連マシンガン 
左腕部に設置された武装。 
前後のドラムマガジン,肘部のマガジンとそれぞれの砲身にそれぞれ弾倉を用意しているのが特徴。 
弾薬を使い切ったら切り離す事が可能。 
!3連装ミサイルポッド 
右腕部に設置された武装。 
MS-06D ザクデザートタイプの武装であるラッツリバー3連装ミサイルポッドを改造し,設置している。 
これも主な改造は装弾数の増加である。 
!高速破砕砲 
ショルダーシールドに装備された2連マシンガン。 
弾薬はショルダーシールドに4つのマガジンとして装備されており,実質的にシールドとして機能していない。

 腰部両側に設置された武装。
 MS-06K ザクキャノンの装備であるビッグキャノンと同じ仕様のものだが,多くの実弾を携行するため長砲身とし,弾丸収納スペースを確保している。
!3連マシンガン
 左腕部に設置された武装。
 前後のドラムマガジン,肘部のマガジンとそれぞれの砲身にそれぞれ弾倉を用意しているのが特徴。
 弾薬を使い切ったら切り離す事が可能。
!3連装ミサイルポッド
 右腕部に設置された武装。 
 MS-06D ザクデザートタイプの武装であるラッツリバー3連装ミサイルポッドを改造し,設置している。
 これも主な改造は装弾数の増加である。
!高速破砕砲
 ショルダーシールドに装備された2連マシンガン。
 弾薬はショルダーシールドに4つのマガジンとして装備されており,実質的にシールドとして機能していない。
!!概要
ア・バオア・クー海戦時にジョニー・ライデンが搭乗したとされる機体。 
キマイラ隊への召還に際し,YMS-14(MS-14B / MS-14C)を受領するため返還されたMS-06R-2を全面改装した機体であるが,メカニックによれば,この姿こそ本来R-2が目指していた姿だという。 
 ア・バオア・クー海戦時にジョニー・ライデンが搭乗したとされる機体。 
 キマイラ隊への召還に際し,YMS-14(MS-14B / MS-14C)を受領するため返還されたMS-06R-2を全面改装した機体であるが,メカニックによれば,この姿こそ本来R-2が目指していた姿だという。 

元々R-2は,ザクにビーム兵器を搭載するプランで進められた次世代MSの開発ベースとして開発された機体であり,そのプランはMS-06R-3に引き継がれている。 
しかし,R-3の開発は難航し,ひいてはその実際の生産機であるMS-11も当初計画通りの開発は行えなかったのである。その結果,急遽行われたコンペティションによってMS-06R-2とMS-R09が(MS-11改めMS-14の実戦配備までの場つなぎとして)主力量産MSの座を争う事となった。 
このコンペティションでは,MS-R09が勝利し,量産に移った事は歴史の事実として有名であるが,軍上層部は,あくまでこれを場つなぎという考え方を捨てていなかったのである。 
MS-06R-2は,その性能に関してはMS-R09を上回る物であったが,コスト面などを含めたトータル成績でR09に敗れている。しかし,このR-2が目指す物は,そのままの姿での量産ではなく,R-3のプランが実現しなかったときの保険としての新型MS開発プランであったのである。 
 元々R-2は,ザクにビーム兵器を搭載するプランで進められた次世代MSの開発ベースとして開発された機体であり,そのプランはMS-06R-3に引き継がれている。 
 しかし,R-3の開発は難航し,ひいてはその実際の生産機であるMS-11も当初計画通りの開発は行えなかったのである。その結果,急遽行われたコンペティションによってMS-06R-2とMS-R09が(MS-11改めMS-14の実戦配備までの場つなぎとして)主力量産MSの座を争う事となった。 
 このコンペティションでは,MS-R09が勝利し,量産に移った事は歴史の事実として有名であるが,軍上層部は,あくまでこれを場つなぎという考え方を捨てていなかったのである。 
 MS-06R-2は,その性能に関してはMS-R09を上回る物であったが,コスト面などを含めたトータル成績でR09に敗れている。しかし,このR-2が目指す物は,そのままの姿での量産ではなく,R-3のプランが実現しなかったときの保険としての新型MS開発プランであったのである。 

MS-06R-3は,後にMS-14 ゲルググとして結実するが,これは対連邦製MSを前提にビーム兵器の搭載が前提として開発されたものである。すなわち,R型の正統進化としての完成体ともいえるのである。しかし,R-3は,「ザク」という機体の持つキャパシティの限界から,実質的に新規設計の機体として誕生した事と,ビーム兵器の小型化が難航した事から,量産が軌道に乗ったのは実に終戦間際だったのである。 
R-2は,このR-3の計画の遅れからビーム兵器の搭載が不可能であった場合,ビーム兵器に匹敵する破壊力を実弾兵装で実現するためにプランニングされたプランのためのプロトタイプとして開発された機体といわれ,その膨大な推力は,多量の弾薬を搭載しても機動性を落とさないための措置だったとされているのである。 
しかしながら,MS-14の配備が間に合ったため,改装は行われたものの,実際には機体は使用されることなく倉庫で眠っているはずであった。 
 MS-06R-3は,後にMS-14 ゲルググとして結実するが,これは対連邦製MSを前提にビーム兵器の搭載が前提として開発されたものである。すなわち,R型の正統進化としての完成体ともいえるのである。しかし,R-3は,「ザク」という機体の持つキャパシティの限界から,実質的に新規設計の機体として誕生した事と,ビーム兵器の小型化が難航した事から,量産が軌道に乗ったのは実に終戦間際だったのである。 
 R-2は,このR-3の計画の遅れからビーム兵器の搭載が不可能であった場合,ビーム兵器に匹敵する破壊力を実弾兵装で実現するためにプランニングされたプランのためのプロトタイプとして開発された機体といわれ,その膨大な推力は,多量の弾薬を搭載しても機動性を落とさないための措置だったとされているのである。 
 しかしながら,MS-14の配備が間に合ったため,改装は行われたものの,実際には機体は使用されることなく倉庫で眠っているはずであった。 

だが,ア・バオア・クー海戦において「使える機体はすべて搬入せよ」という命令の下,ドロスに搬入されていたこの機体をFA-78-1 フルアーマーガンダムとの戦闘において乗機のゲルググを失ったジョニー・ライデンが使用し,FA-78-1との戦いに用いている。 
 だが,ア・バオア・クー海戦において「使える機体はすべて搬入せよ」という命令の下,ドロスに搬入されていたこの機体をFA-78-1 フルアーマーガンダムとの戦闘において乗機のゲルググを失ったジョニー・ライデンが使用し,FA-78-1との戦いに用いている。 

なお,この「フルバレット」という名称は,メカニックより「フルアーマーガンダム」という名称を聞いたジョニー・ライデンが名付けたものである。

 なお,この「フルバレット」という名称は,メカニックより「フルアーマーガンダム」という名称を聞いたジョニー・ライデンが名付けたものである。
!!引用

!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・不明}}
{{category モビルスーツ・MSV戦記}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。