トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕ビグ・ザウーラ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ビグ・ザウーラ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号不明
兵器区分モビル・クルーザー
所属ネオジオン軍
パイロット不明
製作データ
デザイナー福地仁
初出作品MS 90's
参考文献MJ 1989/03

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

大型メガ粒子砲 x3

 概要

 一年戦争後に少数となった旧ザビ家勢力が開発した兵器。
 一年戦争当時計画されていた,MA-08《ビグ・ザム》の量産のあかつきに想定されていた運用をそのままコンセプトとした機体で,量産されたビグ・ザムを接合し,軌道上まで輸送するムサイ級巡洋艦をそのまま可変モビルアーマーの概念を採り入れることで実現した超大型の機体である。
 このため,ビグ・ザウーラは,モビルアーマーを超えた「モビル・クルーザー」という概念で括られており,機体概念こそモビルアーマーであるが,「艦」というニュアンスで受け取られており,1号機(1番艦)は,「ソロモン」という名称が与えられている[1]

 この機体が開発された目的は,地球連邦という従来のジオン公国軍としての敵ではなく,ジオンの名を継いだ主流派(ネオ・ジオン)に対抗するためであった。このため,本機の仮想的は,NZ-333《α・アジール》,MSN-04-供團淵ぅ船鵐押璽襦奸MAN-07G《ゲー・ドライ》といったネオ・ジオンの強力な機体群なのである。

 開発は,従来から保有しているムサイ級巡洋艦を改装し,新規開発された機体本体と組み合わせることで行われている。このため,ムサイが元来搭載している強力なジェネレータを活用した超大型のメガ粒子砲を運用可能である。

 この機体は,いわば時代のあだ花であり,実際に建造されたかどうかは不明である。しかし,後のU.C.0130年代に可変機構は持たないものの同様の機動性の高い艦艇として「モビル・シップ"ジビア"」が確認されており,何らかの関連性があるものと考えられる。

 引用

MSV 90's MJ 89/03

 ムサイ型巡洋艦を改装したブースターの大型ジェネレーターにより,超大型メガ砲を三基装備可能とした。MAを越えるモビル・クルーザーの誕生だ。一番艦の名前は「ソロモン」です。

 備考

 ダブルフェイク連載時のMJにおけるオリジナルMA。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・ダブルフェイク]


最終更新時間:2014年10月14日 21時12分46秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ちなみに,艦艇として扱うと今度はビグ・ザウーラという名称こそ機体名であると考えられ,1番艦の名称であるという考え方になってしまい,実にどっちつかずの機体である。この点も当時の「突飛な発想」によるものだと考えられる。