トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕パーフェクトガンダムの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔PF-78-1〕パーフェクトガンダム]]
!!!パーフェクトガンダム(初期型)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,型式不明
,兵器区分,プラモシミュレーション用カスタマイズモビルスーツ
,兵器区分,プラモシミュレーション用カスタムモビルスーツ
,所属,-
,パイロット,京田四郎
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,ベースデザイン:板野一郎{{br}}背面デザイン:小澤勝美{{br}}アレンジ:やまと虹一
,初出作品,プラモ狂四郎
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!!武装
!二連ビームガン
!背部ロケット砲
!ビームサーベル
!機雷・爆雷
!!概要
 プラモ狂四郎こと京田四郎が,アメリカよりやってきたライバル,サッキー竹田と戦うために作り上げた究極のガンダムがこのパーフェクトガンダムである。
 サッキー竹田率いるサッキー5による,デモンストレーションとテストバトルにおいては,その実力のほとんどを隠した四郎は,バトルの後に,パーフェクトガンダムの設計プランを明かすなど,クレバーな立ち回りを見せた。
 これは,その時点でキットが完成していなかったことも理由の一つであるが,結果としてサッキー5によるスパイ活動などによる不利な状況に陥らなかったことからも,必要な手段だったともいえる状況となった。

 キットは,1/144スケールのガンダムをベースに大改造を行ったもので,数多くの装備を持つ重攻撃型の機体として仕上がっている。
 実際のシミュレーションバトルにおいてはチーム戦となったが,最終的にはサッキーのパーフェクトジオング(足つきジオング)と決着を付けることとなった。
 この際,各部を破損したものの背部ロケット砲に仕込んだ水鉄砲によって,サッキーのパーフェクトジオングに施された電飾をショートさせ,勝負に勝利している。

 その後,修復されたキットは,四郎を代表する機体となったが,ストリーム・ベースの小田雅弘による特訓において敗北を喫する。これをきっかけに新たな機体の必要性を痛感した四郎は,アーマーの脱着を想定したフルアーマーガンダム(パーフェクトガンダム供砲鮴什遏い修谿聞澆蓮い海離如璽燭鯣娠任靴新舛波売されたキットをベースに様々な改良が施された機体が製作されている。
!!引用
!ガシャポン戦士 実写シール210(141)
 「プラモ狂四郎」こと京田四郎がサッキー竹田と戦うために作ったオリジナル・ガンダム。右手の二連装ビーム砲,肩のキャノン砲など武装も充実している。
!!備考
 プラモ狂四郎劇中で最初に登場したバージョンのパーフェクトガンダム。
 いわば「オリジナルの」パーフェクトガンダムにあたるのがこの機体で,俗に「初期型」などとも言われるもの。
 形状的には,後に発売されたキットとは結構異なっており,脛,足首,サイドスカートの形状が異なるなど各部に違いがある。(キットは,設計に当たって小田氏によるデザインの整理が行われている。)

 コミックス4巻などの画稿を見ると判るが,細部に細かい違いが多く,後にMSVでキット化されたものとは別物である。(キットは,設計に当たって小田氏によるデザインの整理が行われている。)
 形状的には,後に発売されたキットとは,脛,足首,サイドスカートの形状が異なるなど各部に違いがある。

 劇中では,このバージョンの機体はアーマーの着脱は不可で,なおかつ,スクラッチであるために各部が各種マテリアルの混在した状態になっている。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・不明}}
{{category モビルスーツ・プラモ狂四郎}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。