トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕ドートレス・ネオ(テスト機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。

ユーザーファイル入口

ドートレス・ネオ(テスト機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号型式不明(NRX-018?)
兵器区分新連邦軍親衛隊用モビルスーツ
所属地球連邦軍(新)
パイロット不明
製作データ
デザイナー石垣純哉(?)
初出作品機動新世紀ガンダムX
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.2m
本体重量8.0t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
黒歴史コード05-0154771

 武装

ワイヤード・ビームライフル

ビームライフル

 概要

 NRX-018-2《ドートレス・ネオ》は,再建された地球連邦軍が開発した汎用量産型モビルスーツである。しかしながら,その型式が示すように,配備段階では試作機としての扱いであり,本格的な量産に向けての最終テストの段階であった。
 このため,建造された機体のほとんどが,フロスト親衛隊へと配備されている。

 ドートレス・ネオは,その名が示すとおり,DT-6800《ドートレス》の直系の後継機として開発が進められた機体である。
 ドートレスは,極めて高い汎用性を示したものの時代の趨勢により,より強力な機体が求められる状況となっていた。特に戦後流出した数多くのモビルスーツの性能を上回る必要では高く,戦後独立国家やバルチャー,ひいては,宇宙革命軍のモビルスーツを上回る性能を有することは,最低限の仕様であった。
 本機は,そうした情勢に基づき,開発が進められた機体である。

 当初の開発プランによる試作段階では,ドートレス同様,内蔵火器を持たないプレーンな機体であったが,先行機の配備にあたり,ビームカッターとして使用可能な,ワイヤード・ビームライフルを両腕に内蔵することとなった。
 これらの機体が,フロスト親衛隊によって実戦運用されることで,高い戦術レベルでの実戦データを蓄積し,本格量産に至るはずであった。
 しかし,こうした段階に至る前に,宇宙革命軍との戦端が開かれ,第8次宇宙戦争が開戦してしまったのである。

 引用

公式サイト(抜粋)

 ラボでのテスト段階では,前世代のドートレス同様に内蔵武装はなかったが,実戦配備されるに当たり,ワイヤード・ビームライフルというビームカッターのような使い方も可能な武器を装備した。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・X]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年09月16日 22時06分58秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注