トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕コア・ブースター(F90Y)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

コア・ブースター

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号型式不明(F90Y)
兵器区分小型戦闘機
所属サナリィ
パイロットウォルフ・ライル
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム0123〜シルエットフォーミュラ91
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ビームキャノン

 概要

 F90Y《クラスターガンダム》は,サナリィの開発したF90の3号機である。
 また,次世代のモビルスーツのための実験機としての意味合いも持たされた機体であり,俗に未知なるX/Y/Zと呼ばれるF90最後のオプションに名を連ねる機体である。
 俗説の域を出ないが,Xコードの機体は,F90と連携(合体?)可能なオプション機であると言われる。また,Zコードの機体は,F9系の次世代量産機とされるF0系のプロトタイプであったとも言われている。そしてこのYコードの機体は,既存のMS技術の集大成として小型MSへの技術投入を行われたものとされているのである。

 実際,F90Yにはかつてガンダムタイプモビルスーツに搭載されていたコア・ファイターが採用されており,機体のコアとして機能しているのである。
 また,F90Yは,F90のミッションパックの概念を応用し,バックパックをユニット化したことで,増加ブースターとしての機能を持たせることにも成功した。
 これが「コア・ブースター」である。

 この形態では,バックパックの強力なスラスターを利用できるため,推力の強化のみならず,航続距離を伸ばすことも可能であった。
 また,MS時のビームサーベルがビームキャノンとして利用できるため火力の面でも強化されることとなった。

 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・シルエットフォーミュラ]


最終更新時間:2015年09月06日 05時10分46秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注