トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕ゲム・カモフ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ゲム・カモフ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号未登録
兵器区分欺瞞兵器
所属ジオン公国軍
パイロットジオン公国軍兵
製作データ
デザイナー柳瀬敬之
初出作品MS IGLOO 603
参考文献

 スペック

項目内容
全高17.9m
頭頂高17.9m
本体重量51t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力976kw
スラスタ推力47800kg

 武装

135mm対艦ライフル

120mmマシンガン

対艦成型炸薬弾

バズーカ

シュツルムファウスト

 概要

 一年戦争末期に開発が進められたジオン公国軍のモビルスーツ。
 ベースとなったのは,MS-06《ザク供佞任△蝓こ銅錺好撻奪や脚部,腰部などの形状から06Cタイプではないかと推察される[1]
 本機,《ゲム・カモフ》は,ミノフスキー粒子散布下における有視界戦闘において,連邦軍のRGM-79《ジム》と誤認させることを目的に開発された機体であり,一年戦争末期の公国軍の情勢が生み出した強引な機体ということができる。
 その性格上,敵に誤認されるだけではなく,味方に誤認されることも起こりうる機体であり,実際,評価試験時には敵艦を撃破したものの,試験内容が通達されていない味方艦によって本機は破壊されてしまっており,極めて問題の多い機体だと言わざるを得ない。

 引用

GUNDAM WAR 放たれた刃 ジオン公国 U-322

 公国製MSをジムの外見に偽装した機体。敵に友軍機と誤認させる事で,奇襲や後方での撹乱を行う事を目的に開発された機体だが,その外見故に味方から攻撃される危険性もはらんでいる。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・MS-IGLOO]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年07月03日 23時25分32秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]厳密に指定した資料は存在せず,あくまでも推測である。